文字サイズ
大学概要
大学概要

学長メッセージ

学長 加賀屋 豊
東北文化学園大学 学長 加賀谷 豊
略歴
秋田県秋田市出身。
1980年に東北大学医学部卒業後、臨床研修を経て東北大学第一内科(現、循環器内科)に所属。
1990年から3年間の米国ハーバード大学医学部留学を経て、東北大学クリニカル・スキルスラボセンター長、東北大学大学院医学系研究科医学教育推進センター教授を歴任。
厚生労働省医道審議会専門委員(医師分科会員)(2011-2019年度)、医師国家試験委員会委員長(2014年度)。
2021年度より東北文化学園大学学長に就任。

受験生の皆さんへ

社会科学系、工学系、医療系の学部を擁する
「面倒見がよい」総合大学として
「輝ける者」を育みます


 新型コロナウイルス感染症の終息がなかなか見通せないことから、皆さんが思い描いていた高校生活を送ることができない状況が続いているかもしれません。3回目のワクチン接種が進み、もうしばらくの辛抱の先に、きっと明るい未来が待っていると信じています。

 仙台の市街地を見下ろす国見の丘に建つ東北文化学園大学は、JR仙山線国見駅の目の前にあり、仙台駅から電車で15分です。市バスも便利で、仙台の繁華街から25分程度です。本学は1999年に設立され、一昨年に20周年を迎えました。それを機会に大学の建学の精神と理念をわかりやすい言葉で表したのが「輝ける者を育む」です。「輝ける者」とは、自立した力を持ち、他者とかかわり合いながら、未経験の問題に応える人です。

 2021年度から、私たちの大学の学部は社会科学系(現代社会学部と経営法学部)、工学系(工学部)、医療系(医療福祉学部)の3つの柱に再編され、新しい総合大学に生まれ変わりました。しかし、入学から卒業まで皆さんが3つの領域で別々に学修していくのでは決してありません。特に2020年度からは1〜2年生のための共通教養教育を充実させ、学部や学科の垣根を超えて一緒に切磋琢磨する環境を整えました。総合大学だからこそ体験できる学修環境を「輝ける者」として羽ばたくために利用し、そして満喫できます。そのために私たち教職員は全力で皆さんをサポートします。

 本学は教職員が「面倒見が良い」ことを自負しています。進路指導教諭が選ぶ「教育力の高い大学」100に東北地方の私大で唯一選ばれた実績もあります。教員一人当たりの学生数は全学部の平均で約14人と少なく抑えられており、さらには学生一人ひとりにアドバイザー教員を配置し、新入生はもちろんのこと、在学生の色々な相談にきめ細かく応じています。また、昨年には全館のWi-Fi整備が完了しました。私たちの大学が育んだ「輝ける者」たちが、復興を遂げる東北地方の灯となる日を心から待ち望んでいます。新しいカリキュラムで皆さんをお待ちしていますので、是非とも本学の門を叩いてみてください。

在学生の皆さんへ

コロナ禍を共に乗り越えるために

 2021年度は、新型コロナウイルス感染症の拡大のため入学式を行うことができませんでした。その後も学生の皆さんと対面で接することが難しい状況がしばらく続きましたが、9月以降は私自身も皆さんとの対面での面談や授業を行うことができました。2021年4月に東北大学から移動してきた私は、ようやく本学の一員になったことを実感できました。

 ところが、昨年11−12月には落ち着いていた感染状況がその後、急激に悪化しました。一時、日本の感染状況が世界的にみて良かった理由として、まずはワクチン接種の効果が挙げられます。日本では2回のワクチン接種を終えた人の割合が11月初めで74%とされ、世界的にみてもかなり高い方でした。また、日本人はマスクを装着することにあまり抵抗がないとされ、感染状況が落ち着いてきてもほとんどの人がマスクを付けていました。この点は欧米の先進諸国と異なります。さらには3密を避ける、換気に留意するなどの日本人の慎重な行動が貢献した可能性も指摘されています。一方、ワクチン接種が欧米の先進諸国と比べて遅れ、結果的にデルタ株が拡がった時期に日本人の免疫力を高めたという意見もありました。ところが、オミクロン株が現れて第6波が到来してしまいました。3回目のワクチン接種が進み、1日も早く感染状況が落ち着くことを願っています。

 さて、本学の建学の精神と理念は「輝ける者を育む」であり、これは2019年に開学20周年を迎えたことを機に制定されました。「輝ける者」とは、自立した力を持ち、他者とかかわり合いながら、未経験の問題に応える人です。間もなく新年度が始まるのを機に、卒業時に自分がどんな「輝ける者」になっているかを想像してみて下さい。憧れていた資格を取得できているでしょうか。社会人として自立するための基礎となる知識、技能そして態度が身についているでしょうか。一生の宝となる友人が見つかっているでしょうか。コロナ禍ということもあり、皆さんの学生生活は本来あるべき姿とは違っているかもしれません。そのことで、ストレスを抱えて悩んでいる方もいると思います。本学では、皆さんが「輝ける者」として巣立つことを願い、1年次から学生一人ひとりにスチューデント・アドバイザー(SA)と呼ばれる教員が配置されています。また、学生相談室には臨床心理士の資格を持つ職員がいて、日々、学生の相談に乗っています。是非、気軽に相談してみてください。一人でではなく、是非一緒にこのコロナ禍を乗り越えましょう。