文字サイズ
関連施設

保健室

保健室は学生のみなさまが健康に関心を持ち、自分自身で健康を守りながら充実した学生生活を送るためのお手伝いをします。
■利用しましょう
定期健康診断毎年4月に健康診断を実施しています。
今年度の健康診断については下記のお知らせに記載されていますので、
ご確認の上、必ず受診してください。
健康相談健康センター所長、看護師が健康相談に応じています。
保健室が開いている時間であれば、いつでも受付します。
お気軽に、相談にいらしてください。
応急手当学内での急なけがや病気の時は、対応をします。
体調の悪い方は、ベットで休養することができます。
保健室で対応できない場合は、医療機関を紹介しています。
※「薬事法」上、保健室での内服薬の医薬品は取り扱っていません。
身体測定・血圧測定身長計、体重計、体組成計、血圧計があります。
健康相談等も行っていますので、自分の健康状態の把握や管理に役立ててください。
禁煙相談喫煙は健康に多大な悪影響を及ぼします。
若年者の喫煙は、依存症になる確率も高く、健康被害も受けやすいです。
また、未成年者の喫煙は「健康増進法」で禁止されています。
禁煙相談を行っていますので、ご利用ください。
*保健室利用案内パンフレットも用意していますので、ご活用ください。
■開室時間
平日9:00 ~ 17:00 (土曜日・日曜・祝祭日、大学の休業日は休館)

■電話番号
022-233-5245(直通)

学校感染症について

学校保健安全法施行規則により、下記の感染症に罹った場合は、出席停止の扱い(公認欠席)になります。
感染が確認された場合は登校せず、速やかに大学にご連絡ください。

【連絡先】

健康管理センター 022-233-5245(直通)

学生課      022-233-6116(直通)
■大学において注意すべき感染症について
病名出席停止期間
第1種感染症エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、
痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、
急性灰白髄炎(ポリオ)、ジフテリア、
重症急性呼吸器症候群(SARSコロナウイルスに限る)、
中東呼吸器症候群(MERSコロナウイルスに限る)、
特定鳥インフルエンザ【鳥インフルエンザA(H5N1型、H7N9型に限る)】、
新型インフルエンザ等感染症、指定感染症および新感染症
治癒するまで
第2種感染症インフルエンザ
(特定鳥インフルエンザを除く)
医療機関受診日を含めた7日間
百日咳特有の席が消失するまで、
又は5日間の適正な抗生物質製剤による治療が終了するまで
麻疹(はしか)解熱した後3日を経過するまで
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹が始まった後5日を経過し、
かつ全身状態が良好になるまで
風疹発疹が消失するまで
水痘(みずぼうそう)すべての発疹が痂皮化するまで
咽頭結膜熱(プール熱)主要症状が消失した後2日を経過するまで
結核、髄膜炎菌性髄膜炎健康管理センター所長において感染のおそれがないと認められるまで
第3種感染症コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、
腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎、
急性出血性結膜炎、
その他の感染症(感染性胃腸炎、マイコプラズマ肺炎、溶連菌感染症など)
健康管理センター所長において感染のおそれがないと認められるまで
■回復して登校する際は、下記の書類を学生総合サービスセンター内の教務課に提出して下さい

「登校許可証明書」・・・受診している医療機関の医師に記載してもらい、提出してください。
 ※インフルエンザに限っては、「薬剤情報提供書(処方された薬の説明書)」を「登校許可証明書」の代わりとすることができます。
「登校許可証明書」を受けられなかった場合は「薬剤情報提供書(処方された薬の説明書)」を提出してください。
 
 ダウンロード【登校許可証明書】

「欠席届」
 ※定期試験期間中に罹患し、追試験を受験するときは、医師の診断書の提出が求められます。
 詳しくは、大学の指示に従ってください。