ナースプラクティショナー(NP)養成分野

厚生労働省の特定行為に係る看護師の研修制度において、
全21区分の特定行為研修を行う研修機関として指定されています。

ナースプラクティショナー(N.P.)とは…

 世界医療は日増しに巨大化、専門化しています。医療従事者不足は社会の発展を阻害します。第一次的には「医師の不足」があります。このためアメリカをはじめ欧州等の各国では、簡単な医療(小さな外傷や安定した慢性疾患)などの処置のために、特別に教育された看護師をあてています。これを「N.P.」(Nurse Practitioner/ナースプラクティショナー)と呼んでいます。

取得学位 : 修士(健康福祉)

  • 資格 :

全21区分についての特定行為研修修了者として厚生労働省に登録されます。

  • 条件 :臨床経験5年以上の看護師であること。
  • 養成人数 :8名程度
 

専攻概要

  1. 本課程は厚生労働省の看護師の特定行為研修を行う研修機関に指定されており、特定行為研修制度上の特定行為全21区分を修得します。

  2. 本課程は日本NP教育大学院協議会に参加し、急性期医療(クリテイカル領域)」分野に重点を置いた養成を行います。慢性期医療の講義・実習も充実し、急変対応の能力を高めながら、在宅医療分野でも活躍できる高度な診療看護師を育成します。

  3. 本課程では社会人看護師の就学支援のため、以下のことを行っています。
    1)夜間および土曜日開講(在職のまま就学可能な時間割としています。)
    2)給付型奨学金(お問い合わせください。)
    3)就職支援(遠隔地の場合など。お問い合わせください。)

修得目標

改正保健師助産師看護師法に基く特定研修制度における特定行為全21区分38特定行為全てを修得します。加えて、周術期・救急医療に求められる高度な医学知識、医行為を修得し、的確な慢性疾患の管理および急変対応ができる能力修得を目標とし学修を進めます。

日本外科学会および外科系関連学会の提案に従い医行為を、A:絶対的医行為、B:条件付相対的医行為、C:相対的医行為に区分し、本養成分野では特に「B:条件付相対的医行為」を安全に施行できる臨床能力の修得を目指す。Aについては医師に近い現場・立場で学修を深め、Cについても、従来の看護師の能力を上回る安全性・確実性を担保できるように学修を進めます。

主な講義概要

月曜日・金曜日(18:20~21:30)、土曜日(9:30~12:40)に開講しています。

1年次前期:

内科学総合講義、現代医療看護学特論(月曜日18:20~)

現代地域医療総合講義、外科医療病態診断学特論(金曜日18:20~)

麻酔・救急・集中医療総合講義、臨床生理学(土曜9:30~)

1年次後期:

内科学総合講義、臨床薬理学(月曜日18:20~)

外科治療学総合講義Ⅱ、フィジカルアセスメント(金曜日18:20~)

麻酔・救急・集中医療総合講義、外科治療学総合講義Ⅰ(土曜9:30~)

2年次前期:

外科治療学特別実習(週2日、または集中実習)

ライフサイクル医療(土曜9:30~)

2年次後期:

麻酔・救急・集中医療特別実習(週2日、または集中実習)

健康福祉特別研究(土曜9:30~)

実習施設

下記実習病院において、チーム医療に参加し、本学臨床教授の医師による直接指導のもと学修を進めます。

  • 東北大学病院
  • 東北医科薬科大学病院
  • 国立病院機構仙台医療センター
  • 石巻赤十字病院
  • 仙台厚生病院
  • 仙台市医療センター仙台オープン病院
  • 東北労災病院
  • 湘南藤沢徳洲会病院
  • 医療法人柏堤会戸塚共立第1病院
  • 山形県立中央病院
  • 岩手県立中央病院
 

連絡先

東北文化学園大学(代表)   TEL 022-233-3330 

東北文化学園大学入試課   TEL 022-233-3374

❊ 事前相談を行っております。担当教員(下記)までご連絡ください。

東北文化学園大学教授 津田 丈秀  email: ttsuda@rehab.tbgu.ac.jp

東北文化学園大学教授 渡邊 隆夫  email: takwan@rehab.tbgu.ac.jp

 

Graduate student interview

健康福祉専攻
ナースプラクティショナー
養成分野/2年
山田 大進 さん

学びをすぐに臨床で生かすことができます。

仕事と院生生活の両立は大変ですが、得るものの方が多く、とても充実した日々を送っています。一度休職や退職をしなければ入学できない学校が多い中、本学は学んだ知識を臨床の場ですぐに生かすことができるため、とても力になる環境だと思います。授業構成も、最新のEBMをもとに、より臨床に即した内容になっており、看護師としての視野が広がっていくのを日々感じています。年齢や職場環境は違いますが、情報交換し合い、同じ目標に向かって切磋琢磨できる仲間にも出会えました。自分にはまだ早いと思って入学を迷っている方もいるかもしれませんが、私も27歳です。やる気のある同世代の仲間がもっと増えてくれたら嬉しいです。

 

学びをすぐに実践で活かせます。

 授業や実習を通して、体の解剖生理から病態、治療まで幅広く学び直しています。医師の判断や治療方針、手技を直接学ぶことで協同意識を高め、医師と患者さんのかけはしができる看護師になりたいと思っています。
 仕事と学生生活の両立は大変ですが、学んだことをすぐに実践に活かせるので、倍に勉強になります。臨床の経験があるからこそ、学びの中で「これはこういうことだったのか」と実感できることも多くあります。授業以外でも、自分と異なる現場を経験してきた仲間と情報交換をしたり、刺激を受け合ったりできる、充実した日々です。

健康福祉専攻
ナースプラクティショナー
養成分野/2年
菅原 愛さん

 

東北大学クリニカル・スキルスラボにおける実習の例

(指導:遠藤智之・臨床教授)

修了生の主な活動病院

東北大学病院、東北医科薬科大学病院、石巻赤十字病院、仙台厚生病院、仙台市医療センター仙台オープン病院、東北労災病院、湘南藤沢徳洲会病院、医療法人柏堤会戸塚共立第1病院、大阪医療センター、東京ベイ・浦安市川医療センター、国立病院機構大阪医療センター、国立病院機構金沢医療センター、隠岐島前病院、東北労災病院、関西労災病院、稲城市立病院、北上済生会病院、康陽会中嶋病院、会津中央病院

 
輝ける者を育む!東北文化学園大学
〒981-8551 宮城県仙台市青葉区国見6-45-1
TEL 022-233-3310
FAX 022-233-7941