就職・資格

仕事紹介【建築環境系】

建築士
建築士
建築士とは、建物の設計と工事監理を行うための国家資格です。有資格者は設計事務所、建設会社、工務店、ハウスメーカー、不動産会社、官公庁など、様々な業種で必要とされています。建築士を取得したのち、所定の要件を満たせば、独立して設計事務所を開業することもできます。建物、地域、都市、豊かな生活環境を創出する担い手として、これからも活躍が期待されています。
インテリアコーディネーター
インテリアコーディネーター
インテリアコーディネーターとは、暮らしの身近なところから、人々の生活を豊かにする提案を行う仕事です。インテリアは、家を新築する時やマンションをリフォームする時ばかりではなく、部屋に置く小物を考える時にも、常に生活のデザインとして意識されます。「どんなものを、どう置いて、どんな工夫をすればもっと楽しく暮らせるか?」をプロフェッショナルに追求する仕事です。
土木施工管理技士
土木施工管理技士とは、河川、道路、橋梁などの工事において、作業の「工程管理」「安全管理」など、工事を安全に計画通り進める技術を修得した技術者のことです。国家資格を取得し、橋、ダム、トンネル、河川整備、道路、電気、ガス、上下水道、通信など多岐にわたる仕事に従事します。設備工事や造成工事などでは主任技術者や監理技術者は必須の資格であり、需要が高まっています。