建築デザイン学科
建築土木科
■職業実践専門課程認定 ■国土交通大臣指定「一級建築士」「二級建築士」「木造建築士」試験指定科目履修学科
  • すべて
  • 視能訓練士科
  • 介護福祉科
  • 社会福祉科
  • 医療秘書科
  • 医療情報管理科
  • 建築土木科
  • インテリア科
建築土木科祝 卒業おめでとう!
建築土木科建築CAD検定の対策中!
建築土木科建築土木科 1年設計製図の授業のようす
建築土木科東北文化学園専門学校2018卒業制作展 無事に終了致しました!
建築土木科卒業制作展準備「ラストスパート!」
活躍するフィールド
 建築設計事務所   建築会社   土木・設備会社   土木・測量コンサルタント会社 
 建築・土木管理会社   技術系地方公務員 
POINT01 即戦力となる人材育成

土木・設備分野の知識をもつ建築士に
建築士試験指定科目に加え、土木・設備・測量の科目で必要な知識、技術指導を行い、全ての分野に精通するオールマイティーな技術者を養成します。
POINT02 高い就職率をキープ

確実な知識と技術で多様な建設分野へ
信頼の人材育成と卒業生の活躍で、建築、土木、管工事などの多岐にわたる分野から多くの求人があり、毎年100%の高い就職率を保っています。
POINT03 充実の国家試験対策

在学中の合格へ基礎から積み上げ(受験対策授業開始)
建築、土木、管工事の施工管理技士国家試験の科目を基礎から指導し試験問題もわかりやすく解説。在学中の合格を目指します。

取得を目標とする資格

 建築士 
一級建築士
 卒業後、実務経験なしで受験ができます。
 免許の登録に関しては、4年の実務と試験の合格が必要です。
二級建築士、木造建築士
 卒業後、実務経験なしで受験ができます。
 免許の登録に関しては、試験の合格で登録が可能です。

 施工管理技士 
建築施工管理技士/土木施工管理技士
管工事施工管理技士
 1級(2級取得後実務5年で受験可)
 2級(学科試験在学中受験可、卒業後実務2年)

15種類以上の人気資格取得可能!演習重視の授業で徹底サポート

取得した資格は生涯使用できます。目指す分野を見極めながら、移動式クレーン、玉掛け、建設機械などの資格取得を強力にサポート。また毎年、各種資格講座を学内で開催し、多くの学生がニーズの高い10種類以上の資格を取得しています。

 取得可能な資格 
アーク溶接特別教育
アスベスト特別教育
移動式クレーン技能講習
ウインチ特別講習
ガス溶接技能講習
研削砥石特別教育
高所作業車特別教育
小型車両系建設機械特別教育
締め固め特別教育
玉掛け技能講習
酸欠特別教育
フォークリフト(1t未満)特別教育
建築CAD検定
福祉住環境コーディネーター
宅地建物取引士
色彩検定

カリキュラム

1年次
建築の基礎からスタートします。設計製図の授業では木造2階建住宅の基本図面を製作するために必要となる製図の知識と技術を身につけます。また、建築現場で必要不可欠な測量技術も学びます。
主な授業
設計製図I・II/構造力学/環境工学/CAD/建築史/図学/建築計画/建築数学/建築構造/測量学I
2年次1年次に学んだ基礎をもとに、より建築を深く学ぶ専門的な学習が増えます。卒業制作では、2年間の集大成として自ら考え、作品をつくります。さらに、土木系の授業も行います。
主な授業卒業制作/建築設備I・II/建築施工/プレゼンテーション演習I・II/設計製図III/測量学II/3次元CAD/土木施工/建築ビジネス/土質工学/建築法規/水理学
建築土木科のカリキュラムは下記画像をクリックすると拡大します。
建築土木科カリキュラム

時間割例

1年次

建築土木科1年次

2年次

建築土木科2年次

卒業までの主な流れ(資格試験スケジュール)

卒業までの主な流れ(資格試験スケジュール)

将来を見据えて資格取得に挑戦!

資格取得は自分自身の成長につながるもの

資格を取得することは仕事の幅を広げ、信頼を得るということ。
就職してすぐに役に立つ資格や数年後になって活用される資格、様々な資格があります。これらの資格を武器に、幅広く活躍できる社会人を目指します。
松橋 晃平さん(青森県/青森県立八戸商業高等学校卒業)
松橋さんが2年間で取得した資格
1年次2年次
福祉住環境コーディネーター3級
建築CAD検定
小型車両系建設機械特別教育
締め固め特別教育
移動式クレーン技能講習
ガス溶接技能講習
研削砥石特別教育
アスベスト特別教育
2級建築施工管理技術検定(学科合格)
高所作業車特別教育
玉掛け技能講習
アーク溶接特別教育
フォークリフト特別教育
足場の組み立て特別教育
ウインチ特別教育

授業ピックアップ

設計製図Ⅲ

設計製図Ⅲ
二級建築士の製図試験の過去問題をもとにした作図練習をします。製図試験に対応した適切な製図表現と要求図面を所定の時間内に完成できる製図力を身につけます。

測量学

測量学
建物やダムなどの構造物を設計や施工をするときに高さ、角度などの情報が必ず必要になります。そのために測量機械を用います。測量機械の設置方法、使用方法などを学びデータのまとめ方や誤差調整を行います。

水理学

水理学
人の生活に必要な水の特徴を学ぶことで、建設工事における水の静的性質、動的性質や力学的な性質を理解します。そして大自然から与えられる大量の水を制御・統制する技術を学びます。

CAD設計

CAD設計
コンピュータを用いて建築画面の作図を行うために基本操作から応用操作を習得します。最新のBIMソフトでは、3次元モデル、コスト、仕上げなどの管理情報データを1つのデータで管理することが可能になります。

実践力と総合力を身につけよう

【自分の将来をイメージする】見学会

【自分の将来をイメージする】見学会
 宮城県美術館、せんだいメディアテーク、宮城県図書館、仙台市博物館などの特徴のあるたてもので見学会を開催しています。そのなかの宮城県美術館は建物が地下1階、地上2階建で構成されており、館内には4つの展示室のほかに創作室、造形遊戯室、講堂、図書室などの特別な部屋があります。展示物には宮城県や東北地方にゆかりのあるものを中心に幅広く所有されています。
 建物の歴史を習う授業ではこのような直接体験をする見学会がとても重要になります。近代建築作品に直接、触れることで建築の歴史を学ぶことが出来ます。
視野を広げるきっかけになりました

 美術館と住宅では用途は異なりますが、動線の設計などの考え方は共通していることが分かりました。ひとつの建物や分野に捉われず、様々な建築物に触れることで視野を広げながら、多くのことを吸収していきたいです。
橋場 太洋さん(岩手県/岩手県立久慈東高等学校卒業)

【建築の文化・思考に触れる】企業実習

【建築の文化・思考に触れる】企業実習
 研修先は設計事務所、建設施工現場などのなかから希望する分野を選択します。実習前に学校で安全行動について学びます。研修先には時間に遅れることは許されません。10分前行動が必要になります。安全行動を執るうえで挨拶がとても重要になります。自分で体験することで社会にでるときの心構えができます。

【集大成】卒業制作展

【集大成】卒業制作展
 各自が自由に設定する設計テーマに基づき、調査、企画、研究等を行い、設計や効果的なプレゼンテーション手法も学ぶ2年間の集大成の授業。1年間真摯に取り組んだ作品が並ぶ卒業制作展は、仙台市内の会場で開催されます。

学外の実習はどうなっているのですか?

授業で学んだ基礎をしっかり身につけられるように、企業に出向き設計、施工、管理部門において実際の体験をすることで最新の現場を肌で感じとります。各自が体験したことを話し合う体験報告会は大切です。

学外実習について

実習のポイント

時間前行動を心がけて、自分から大きな声で挨拶すること
実習先は設計事務所、建設施工現場などになります。どの実習先でも時間に遅れることは許されません。決められた時間よりも10分前行動が必要になります。また安全行動を執るうえでも挨拶がとても重要です。それを自分で体験することで社会に出るときの心構えができます。机上の授業では決して体験することができない建設現場での学習になります。
実習までの流れ
希望する分野のピックアップ
設計、施工、管理分野のなかから希望する分野を選びます。
実習先の決定
希望した分野を協力企業の現場の中から選び決定します。
実習事前指導
事前に学校で現場での安全行動などの諸注意事項について学びます。
企業実習開始
設計事務所や建設施工現場で授業では得られない体験をします。
体験報告会
各自、現場で体験したことを発表します。自分の体験を通して、考えていた通りに出来たこと、出来なかったことを確認します。

実習生の1日

科別の実日数(授業別)

建設現場にて 1年次 10日間
9:00朝礼
(ラジオ体操、各種ミーティング)建設現場では必ず朝礼が行われます。部署ごとのその日の仕事内容や安全についての注意などが発表されます。ラジオ体操を全員で行ってから仕事を行います。
10:00安全パトロールの同行
現場内を安全委員が巡回して、不安全行動をとる作業員への注意を行い、現場内での危険個所の改善を促します。
12:00昼食
他分野の方々と一緒に食事をとりながら、互いの分野の交流を通してコミュニケーションを図ります。
13:00午後の研修開始
各作業の流れを見ながら、授業で習ったことが、実際の現場ではどのように行われているかを体験して行きます。
15:00工程会議に参加
一日の作業の進捗状況の確認や翌日の作業の流れの打ち合わせを行い安全確認、資材搬入、稼働人数などを確認します。
17:00実習終了
その日の予定作業進捗の確認、翌日の予定確認などを行った上で研修日誌を書き現場の所長に提出します。

実習先一例(抜粋)

株式会社深松組、株式会社T-plan、株式会社本間総合計画、株式会社SPAZIO建築設計事務所、株式会社仙台中央ハウス、株式会社鈴木工務店

就活はどんなことをしているのですか

就職活動は、職務経験豊富な担任に加えて、就職センター、キャリア対策委員会がサポートするバックアップ体制が充実しています。学生一人ひとりに、履歴書の添削や面接時のポイントなどを、丁寧に指導。毎年、多くの求人の中から、本人の希望や個性にかなう就職先を紹介しています。

就職活動スケジュール

内定者の声

卒業生内定先/川口土木建築工業株式会社
加藤 悠生さん(宮城県/聖和学園高等学校卒業)
自分を知ることが就職活動の出発点

就職活動のスタートは、「自分のやりたいことは何か」を知ることでした。それが見つかってからは、キャリアサポートセンターを活用し、実現できる企業へ会社見学に。社員のみなさんが、自分の考えを持って仕事をしている姿に惹かれ内定先を志望しました。これからは、誰からも頼られる社会人を目指していきます。
卒業生内定先/ケーアンドイー株式会社
菅原 和樹さん(宮城県/宮城県迫桜高等学校卒業)
資格を武器に内定獲得

学生生活で最も力を入れて取り組んだことは、資格の取得でした。様々な資格を持っていたことがアピールとなり、志望していた企業から内定をいただくことができました。社会人として当たり前のことが当たり前にできる、そんな初心を忘れずに、チャレンジ精神を大事にしながら仕事に取り組んでいきたいです。

進学者の声

卒業生進学先/建築士専攻科
佐々木 紫馬さん(岩手県/花巻東高等学校卒業)
社会での活躍を見据えた進学

社会人1年目から二級建築士の資格を持って活躍できることを志し、専攻科への進学を決めました。進学するからには必ず二級建築士を取得することが目標です。そのためにも授業での取り組みだけでなく予習・復習を欠かさずに勉強に取り組んでいきたいです。卒業後は社会人として建築業界に貢献できる人材になることを目指します。

卒業生インタビュー

卒業生武田 勇人さん
平成28年度卒業
清水建設株式会社勤務
秋田県/新屋高等学校卒業
先生方の徹底した指導に感謝

東北文化学園専門学校は、幅広い分野において、様々な企業からの求人が多いことが強みです。なおかつ卒業生がいろいろな企業で活躍されており、企業選択の際に大変参考になりました。在学中、自分に合った就職先を決めることができたのも、就職担当の先生方が丁寧かつ徹底して面接などの就職指導をしてくれたお陰だと思っています。

就職先実績一例(抜粋)

㈱深松組/清水建設㈱/㈱SUN総合/㈱Sai総合企画/東和総合住宅㈱/銅谷設備㈱/木部建設㈱/東光設備工業㈱/㈱柿崎工務所/㈱ヒロホーム/㈱西洋ハウジング/アーネストワン㈱/奥田建設㈱/空調技工㈱/佐々貞土建/㈱山内組/㈱一条工務店宮城/㈱北陵建設/㈱三和/タクトホーム㈱/泉新機械工業㈱/㈱ES水道/㈱楽々ホーム/東和産業㈱/㈱ウンノハウス/仲岡建設㈱/㈱石井組/㈱渋谷木材店/積水工業㈱/奥羽住宅産業㈱/真栄工芸㈱/㈱高橋工務店/ウツミ工務店㈱/㈱梅津工業/㈱金華工業商会/金福建設㈱/総合リファイン㈱/日本ホーム㈱/佐野建設㈱/㈱大場組/大豊建設㈱/泉砕石工業㈱/丸谷工務所㈱/㈱堀越 など

現場で活躍する卒業生

卒業生施工管理/二級建築士 二階堂 拓さん(平成24年度卒業)
岩手県/岩手県立一関工業高等学校卒業
【勤務先】株式会社深松組(宮城県)
建築の全体を扱うからこその達成感

 私の仕事は、建築現場における「安全管理」「工程管理」「原価管理」「品質管理」これらを全て担う施工管理です。事故を起こさず、決められた工期内に完成させ、決められた予算内に収め、定められた品質を確保することが使命です。安全に作業できるよう計画をたて、工程に遅れが出ないよう協力業者と打合せを重ねます。私たちの仕事の多くは、着工から竣工まで同じ現場に務めます。そのため、毎回現場ごとに目標を立て、この現場でスキルアップするという気持ちで仕事に臨んでいます。

 この仕事の最大のやりがいは、完成時の達成感。何もなかったところに建物が建った時にはとてつもない充実感があります。また、足場の解体や、照明機器の試験点灯など、一つ一つの工程に節目があるので、自分の仕事に一つのゴールを設定することができ、それに向かっていくことがモチベーションにつながります。また、普段の生活では、ホテルのロビーのタイル割や、商業施設の仕上げなどが目に止まるようになりました。外出した際には様々な発見や気付きがあります。

 今後の目標は1級建築施工管理技士の資格を取得すること、現場責任者として様々な現場に挑戦していきたいです。また、後輩を初めとした若い人たちに仕事や建築の魅力を伝えられる存在になれればと思います。

授業料等納付金(年額)

建築土木科
施設設備費
教育充実費
前期授業料
後期授業料
年間合計
120,000
70,000
290,000
290,000
770,000
*初年度は別途 入学金 120,000円 、他 教科書・教材・学生保険等の諸経費がかかります。

Q&A

二級建築士の試験は難しいですか?

建築士は医者と同じように人の命を預かる仕事を行います。よって試験は簡単ではありません。独学での合格はとても難しいです。毎年、全国では、受験者の25%程度の人が合格しています。建築土木科では、卒業と同に受験して一度で合格できるように、授業カリキュラムを組んでいます。