建築デザイン学科
インテリア科
■職業実践専門課程認定
■インテリアデザイン、インテリアコーディネート、室内設計・店舗デザイン、家具・雑貨デザイン分野
■国土交通大臣指定「二級建築士」「木造建築士」試験指定科目履修学科
■(社)商業施設技術者・団体連合会「商業施設士」認定校

  • すべて
  • 視能訓練士科
  • 介護福祉科
  • 社会福祉科
  • 医療秘書科
  • 医療情報管理科
  • 建築土木科
  • インテリア科
インテリア科インテリア科卒業制作 中間プレゼンテーションを行いました!
インテリア科キャンパスの桜は満開~コロナに負けるな!~
インテリア科マスクのゴム!捨てずに再利用
インテリア科45°に折る手作り!バイアスマスク
インテリア科輝く未来へ!卒業おめでとう
インテリアコーディネーターとは
「こんなふうに暮らしたい」というイメージから、実際に流通している商品を組み合わせて夢の空間を実現する仕事です。お客様の希望を聞き取り、建築工事を伴うリフォームや壁紙や床材などのインテリアの提案だけでなく、家具、照明器具、カーテン、小物にいたるまで住空間をトータルにコーディネートしていきます。

活躍するフィールド
 インテリアコーディネーター   ハウスメーカー   店舗設計会社   インテリアショップ 
 住宅設備機器メーカー   家具製作会社 
POINT01 インテリアのプロになる

授業するのは現役のコーディネーター
実技系科目のメイン講師3名は、現役で仕事をしているプロのインテリアコーディネーターであり二級建築士です。トレンドを学べる科目を中心に、建築設計製図、施工、デザイン、販売等の授業が組み立てられています。
POINT02 夢のコーディネーターに

難関へチャレンジ現役合格者多数
インテリアコーディネーターは、専門学校生の在学中の合格率が全国平均でも3.5%前後と難関の資格。その中で本校は多数の合格者を輩出し、東北各県の「インテリアコーディネーター倶楽部」に所属して幅広く活躍しています。
POINT03 建築士を目指す!

二級建築士の受験資格も取得
インテリアコーディネーターは、住宅リフォームや水まわり工事などを伴う仕事をする場合も多く、建築士の仕事と深く関わりを持ちます。インテリア科を卒業すると、二級建築士の受験資格が得られ実務経験なしで受験が可能です。

取得を目標とする資格

インテリアコーディネーター
1次試験は「技術」(建築的知識)と「販売」(デザインや商品知識)などからなる筆記試験。1次試験合格後3年以内に「論文」「製図によるプレゼンテーション」などからなる2次試験に合格しなければなりません。

在校生金子 晴香さん
宮城県/クラーク記念国際高等学校卒業
夢を叶え、インテリアコーディネーターになりました!

インテリアコーディネーターは、合格者全体に専門学校在学生の占める割合が3.5%程度という難関資格ですが、本校は今年も在学生の現役合格者を輩出することができました!時間割の中に対策講座が組み込まれ、過去問題集を中心に講義を受けるほか、「一日一問日曜二問」という宿題が出され、夏休み中もLINEで解答・解説が教員から配信されます。「本気でコーディネーターになりたい!」そんなあなたの夢をバックアップします。

カリキュラム

1年次

建物の設計から施工までの流れを理解し、材料の特徴や工法についての知識を深めます。色彩検定、販売士、インテリアコーディネーター(一次)に挑戦します。知識を確認するため、ショールームや住宅展示場、ショップの見学などに学園バスで出掛けます。
主な授業
人間工学/CAD製図/カラーコーディネート/建築計画/設計製図I・II/福祉住環境講座/建築史/インテリアコーディネート概論/販売士/家具計画/図学/企業実習/建築設備/デッサン

2年次

建築構造や施工など、より建築を深く学び、二級建築士試験に合格できる力を育成します。同時にインテリアデザインやプレゼンテーションスキルなど、専門業界で必要な即戦力を養います。インテリア設計士、インテリアコーディネーター(二次)、福祉住環境コーディネーターに挑戦します。
主な授業
インテリアコーディネート実務/建築構造/3次元CAD/建築法規I・II/インテリアコーディネート演習/設計製図III・IV/施工演習/卒業制作/インテリアデザイン/企業実習
インテリア科のカリキュラムは下記画像をクリックすると拡大します。
インテリア科カリキュラム

時間割例(1年次)

インテリア科1年次

時間割例(2年次)

インテリア科2年次

卒業までの主な流れ

卒業までの主な流れ

授業紹介

家具デザイン

家具デザイン
家具はインテリアエレメントの中でも、私たちの体に直接触れる重要なものです。授業では、自分で頭に描いた家具を1/10模型として制作し、デザインと構造の関係を学びます。

インテリアコーディネート実務

実例をもとに、住宅1軒分の内装材、カーテン、照明、家具などトータルに提案し、施工業者へ伝えられるよう演習課題を仕上げていきます。

施工演習Ⅰ・Ⅱ

施工演習Ⅰ・Ⅱ
インテリアコーディネーターとしてお客様の満足いく空間を提供するためには、実際の材料がどのように施工されるのか知らなければなりません。カーペット、壁紙、ふすま等の張り替え実習を行い、施工の手順や気を付けるべき点を体験します。

店舗計画

店舗計画
デザインの仕事を目指す人にとって、店舗を計画するのは夢の一つ。実際に、商品開発からプロモーション、売り場の計画・設計を手掛ける先生に、企画書の段階から学びます。

実践力と総合力を身につけよう

【実物を見る】ショールーム見学

入学当初から、学内での演習と校外学習を計画的に組立て実施しています。1年次では、建築土木科との合同で、せんだいメディアテーク、宮城県美術館、宮城県図書館、仙台市博物館などの見学を行います。2年次では、よりインテリアの分野に結びつく、インテリア関連メーカーのショールームや新作発表展示会などでの学習を経て、宮城インテリアコーディネーター倶楽部の賛助会員としてのイベントの支援や企業実習を行います。

勉強に取り組む意欲につながりました

見学を通して、プロによるデザインやそのコンセプトづくりについて学びました。この経験は、自分がインテリアや内装に対して強い情熱を持っていることを再認識するきっかけとなりました。就職に向けて、より力を入れて勉強していきたいと思います。
松田 和樹さん(青森県/青森県立弘前工業高等学校卒業)

【挑戦する】学内リフォームをアシスト

【挑戦する】学内リフォームをアシスト
1,2年を通し、学内のリフォームを積極的に提案。デザインやコーディネート、施工に至るまで、担当教員と、複数の科目を横断して実施しています。自分たちの手で作り上げることを大切にしています。

【集大成】卒業制作

【集大成】卒業制作
2年次には1年間をかけて一人一作品の卒業制作に取り組みます。せんだいメディアテークを会場に開催される「卒業制作展」では、建築土木科と共に、コンペ(設計競技)で作品を競います。

卒業制作展

「家具」と「設計」のコースに分かれ、2年次の1年間で一人一作品を制作。毎年2月にせんだいメディアテークでコンペティションを含めた展覧会を開催。審査員は、ビフォーアフターの匠や宮城インテリアコーディネーター倶楽部会長、企業など外部の方々に依頼。1年生や一般のギャラリーが見守る中、実力が試されます!

東北文化学園専門学校卒業制作作品展の様子
(PDF)

在校生インタビュー

在校生紺野 夏海さん
福島県/小高商業高等学校卒業
インテリアの魅力を伝える仕事をしていきたい

学んでみて、インテリアへの興味がさらに広がり、どんどん面白くなっています。学校での勉強はもちろんですが、いろいろな場所へ出かけて建物や内装を見るようにしています。目を養いながら、実践力をつけたいと考えています。現在は、インテリアコーディネーター資格の取得へ、勉強中です。
Q.この学科に進んだきっかけは?
デザインやインテリアの基礎を学べるカリキュラムに注目。

Q.現在はどんなことを学んでますか?
カラーコーディネイトや、CAD製図。
Q.自分が成長したと感じた時は?
苦手だった科目が、ちゃんととできるようになった時。

Q.将来の目標は?
インテリアコーディネーターの資格を取得。

学外の実習はどうなっているのですか?

インテリア科は、プロと関連企業からなる「宮城インテリアコーディネーター倶楽部」の賛助会員であり、在学中は学生もその一員です。仙台は支店などが多く、学外実習は、インテリア関連企業の支店などで行います。イベントのお手伝いや社会貢献活動などに取り組みます。

学外実習について

実習のポイント

チームワークが重要!自分に与えらえた役割を理解し、一歩先を読んで動く
建築やインテリアの現場には、実際に30~50種類もの職種が入り、それぞれの連携をもって動きます。実習の際には、組織全体の命令系統をしっかり頭に入れ、自分の所属しているチームに求められてる内容と与えられた時間を把握し、チームメイトと連携して仕上げる必要があります。挨拶はもちろんのこと、声を掛け合って一歩先の段取りをしながら能率的な仕事を心掛けます。実習の前には「宮城インテリアコーディネーター倶楽部」から準備作業が示されるので、賛助会員としてしっかり準備をしていきます。
実習までの流れ
イベント内容確定・作業確認
宮城県内の小学生が対象の「こんな部屋あったらいいな」絵画コンテストの、分担作業の割振りが行われ、チーム編成がなされます。
プレゼンテーションボードの作成
絵画コンテスト入賞者の絵を実際の部屋として作る提案へ、授業で学んだ図法やCADで、プレゼンテーションボードにまとめます。
「宮城インテリアコーディネーター倶楽部」の担当者が来校
絵画コンテストを担当するインテリア関連企業の方々から、チーム編成の確認を受け、当日の作業を体験してトレーニングします。
イベント開催期間
バックヤードでの作業と、インテリアコーディネーターの仕事の説明を担当。「コーディネート体験コーナー」を運営します。
実習事後指導と総括
絵画コンテストの担当をされたインテリア関連企業の方々と、本校でイベント経過を振り返り、レポートを作成します。

実習生の1日

科別の実日数(授業別)

学内実習(講師招致)3日間
学外実習(宮城インテリア
コーディネーター倶楽部)6日間
9:00集合・打ち合わせ
バックヤードに集合し、その日の作業内容の確認、調整を行います。その後、準備物を点検するとともに、各チームに分かれて役割・手順などを確認します。
10:00展示作業開始
2,000~3,000枚にも及ぶ絵画を、3人1組のチームでパネルの順番に従い、壁に打付けていきます。細かい分担と息の合ったチームワークが必要となります。
12:30ランチタイム
ランチタイムは、街中のいろいろなお店へGO!会場内のアートショップをのぞくのも勉強になることから、合間の余裕をもってチェックします。
13:30実物模型製作
絵画コンテストの一番の目玉である「グランプリ」作品を、実物模型で作る作業をスタート!インテリア内装業者の方々の指導のもと、がんばって取り組みます。
15:00「コーディネート体験コーナー」運営
会場を訪れた方々へ、「コーディネート体験コーナー」を紹介し、体験をお手伝い。小学生の時のこの体験から、本校インテリア科に進学した学生もいます!
17:00実習終了
終礼を行い、明日の作業内容を確認した後、終了となります。帰りには、会場周辺のショールームやショップをのぞいて、最新トレンドを勉強したりします。

実習先一例(抜粋)

アイリスオーヤマ(株)シンプルスタイル仙台店、上野(株)ロイヤルショールーム、(株)ウェーブ、オーデリック(株)仙台営業所、(株)オリバー、カーテンホーム21、カリモク家具販売(株)仙台ショールーム、(株)川島織物セルコン広域営業部仙台営業所、関西ペイント販売(株)、コイズミ照明(株)仙台営業所、有限会社コットンフィールズ、(株)サンゲツ 仙台店、シンコール(株)東北本社、住友不動産シスコン(株)、大光電機(株)、立川ブラインド工業(株)仙台支店、トーソー(株)仙台支店、東リ(株)仙台営業所、トキワ産業(株)仙台営業所、(株)ニチベイ 東北支店、パナソニック(株)エコソリューションズ社、(株)パモウナ、(株)フジエテキスタイル仙台営業所、(株)プライムカラー、(株)星インテリア、マナトレーディング(株)、三井デザインテック(株) 東北営業所、ヤマギワ(株)仙台営業所、リリカラ(株)東北支店、ルノン(株)仙台営業所、など
(宮城インテリアコーディネーター倶楽部賛助会員)

就活はどんなことをしているのですか

就職センターとキャリア対策委員会、担任の三者が、就職活動を支援します。1年次10月からのスタートガイダンスは、就職センターからの専門教官が就職指導にあたります。履歴書の書き方から会社訪問の仕方、面接の練習まで、三者が一体となってバックアップします。

就職活動スケジュール

内定者の声

内定者[内定先]株式会社北欧
三浦 啓弘さん
岩手県/盛岡中央高等学校卒業
会社訪問がきっかけで志望しました

 内定をいただいた企業では、カーテンやクロスなどのインテリア商品の卸売の他、施工、リフォーム工事を行います。今回、営業職として採用いただきました。会社訪問の際に、取り扱っているインテリア商品の数々を見させていただき、これらの商品を自分の手で世に広めていきたいと考えたことがきっかけで志望しました。学校で学んだインテリアや空間設計、建築に関する知識を武器に、お客様の要望に耳を傾けながら提案活動を行い、お客様の信頼を得られるように努力していきます。多くのお客様にお喜びいただき、多くの商品を世に出していくことで、インテリアの魅力を伝えていきたいと思います。

進学者の声

進学者建築専攻科に進学
片山 緋彩さん 
秋田県/秋田県立秋田工業高等学校卒業
二級建築士試験にチャレンジ

 インテリア科での学びを通して設計分野に興味を持ち、建築士専攻科への進学を決めました。就職してから二級建築士の資格を取得する選択もありましたが、建築士資格を持つことで理想の就職につなげることができれば、と考えました。これまでやってきた製図の授業などは、専攻科での建築士試験合格に向けた勉強でも、とても大事になると思います。現場でも活躍されるプロの先生方に学ぶことができたのは貴重な経験でした。
 今後の目標は、二級建築士試験の合格はもちろん、社会人になることを見据えて自分を成長させていくこと。自らの行動に責任を持ち、社会に貢献できる人間を目指します。

就職先実績一例(抜粋)

セルコホーム(株)、東北ミサワホーム(株)、(株)山大、スタップ(株)、(株)住居時間(スマイルタイム)、(株)ルームワン、ダイワラクダ工業(株)、シエルホームデザイン、シンコール(株)、創建ホーム(株)、東和総合住宅(株)(アイフルホーム)、タマホーム(株)、銅谷設備(株)、真栄工芸(株)、菅野産業(株)、ゴウ構造(株)、(株)一条工務店宮城、スモリの家山形((株)ヒロホーム)、三本菅デザイン事務所、ウツミ工務店(株)、(株)レオパレス21、ヤマキ工業(株)、など

現場で活躍する卒業生

卒業生佐々木 美穂さん(平成29年度卒業)
山形県/山形城北高等学校卒業
インテリアコーディネーター
【勤務先】ハウスデザイン株式会社(山形県)
仕事を通じて
インテリアの魅力を発信していきたい

 現在取り組んでいる仕事は、自社モデルハウスの内装設計や造形家具の商品開発・設計、先輩社員のアシスタント業務など様々です。やりたいと思ったことはやらせてもらえる環境なので、積極的に社内へアプローチをして様々な仕事を経験させてもらっています。内装や家具の色一つで仕上がりの印象が大きく変わることが、コーディネートをすることの面白さ。特にお客様の頭の中にだけある、言葉にできないイメージを一つ一つインテリアとして形にしていく注文住宅での内装設計では、お客様の生活を想像しながら提案しています。

 在学中に力を入れたことは、資格の取得。1年次にはインテリアコーディネーターを取得し、色彩検定・販売士・リビングスタイリストなども在学中に検定を合格しました。資格がなければできない仕事ではありませんが、持っていればお客様からも信頼を得られます。就職活動では大きなアピールポイントになりました。

 これからの目標は「インテリアにこだわる文化」を日本に定着させること。海外と比較して、日本にはまだまだその文化が形成されていません。その実現に向けて、仕事を通して多くの人にインテリアの魅力を知っていただき、また、自分自身成長を重ねながら後進の育成に携わっていきたいと思います。

現場で活躍する卒業生

卒業生長岡 紗夕望さん
平成19年度卒業
二級建築士・インテリアコーディネーター
山形県/米沢東高等学校卒業
東北文化学園大学編入、卒業後
(株)ホリエ勤務・東北文化学園専門学校インテリア科非常勤講師
インテリアを通して、暮らしを豊かに演出したい

在学中にインテリアコーディネーターの資格が取れたので今、それを活かす仕事をしています。打ち合わせを重ねて、壁紙から照明計画、カーテン、家具などを提案。お客様のご要望に合わせて、プロとしてのデザイン力を駆使してカタチにします。「あなたに頼んで良かった」と感動されたお客様に言われた時は、やりがいを感じます。常に最先端の感覚と伝統の良さも大切にして、自分にしかできない提案で暮らしを豊かにすることが願いです。

授業料等納付金(年額)

インテリア科
施設設備費
教育充実費
前期授業料
後期授業料
年間合計
120,000
70,000
280,000
280,000
750,000
*初年度は別途 入学金 120,000円 、他 教科書・教材・学生保険等の諸経費がかかります。

Q&A

他校のインテリア科との違いは何ですか?

東北のトップを自負するインテリアコーディネーターの合格率と、業界団体である「宮城インテリアコーディネーター倶楽部(通称:mic)」とのパイプです。コーディネーター倶楽部は各県にあります。プロのコーディネーターとインテリア産業に関わる企業が所属しており、本校学生は在学中、micの賛助会員となります。

建築のことも勉強すると聞きましたが、工業高校出身でなくて大丈夫ですか?

インテリアコーディネーターはもともと販売職の資格です。内装工事を伴うリフォームなどが増え、建築の知識も欠かせなくなりましたが、専門学校の勉強は、教員が学生を評価するためのものではなく、将来同じ業界で働いてくれる人を育てるところです。分るまで丁寧に指導しますから、安心してください。

パンフレットに載っている以外のイベントはありますか?

姉妹大学があるので、学園バスを活用した校外学習の見学会を多く取り入れています。仙台は展示場やショップも多く、実際に見て触れて学びます。一日がかりで山形や気仙沼などへ行くこともあります。また、授業以外では、同じキャンパスにある大学の体育館を借りて、学科で「スポーツ大会」を行ったりしています。

大学3年生へ編入できると聞きましたが、編入試験は難しくないですか?

編入制度は、「専門学校の2年間の取得単位を、大学の何年間に読み替えるか」ということなので、姉妹大学への編入は制度上、比較的容易にできます。ただし、専門学校は「出席率」が成績に大きく影響してくるので、専門学校の2年間をしっかり履修してください。在学中に取った資格も編入には有利です。

資格取得のための補講があると聞きましたが「有料」ですか?

「無料」です。資格取得のスケジュールは、履修に無理のないよう2年間の授業の時間割とあわせて組んでいますが、その他、試験前に集中講座をおこなうこともあります。各自の希望に合わせて、上級の資格を目指す人や、アルバイトなどとの両立のため自主勉強をしたい人には、個別指導を行っています。

絵があまり上手ではないので、みんなについていけるか心配です。

建築やインテリア業界で使用される「パース(完成予想図)」は絵ではありません。決まった手順で描けば、誰でも同じ図ができます。着彩も、色彩検定などの勉強を通じ、「色」について学びながら進んでいくので、ていねいに制作する気持ちがあれば大丈夫です。

クラスは女子が多いイメージですが、実際に男女比はどのくらいですか?

年度によっても多少違いますが、だいたい4:6で女子が多めです。男女比がほぼ変わらないことで、みんな仲が良く、イベントなどの相談も活発です。特に学園祭では、クラスでワークショップを行うほか、自分たちで屋台を企画することもあります。