医療ビジネス学科
診療情報管理士専攻科
■日本病院会認定「診療情報管理士」養成校
■医療秘書科または医療情報管理科の診療情報管理士コースを選択した学生のみ入学可能

診療情報管理士とは
病院の診療情報を管理する専門職。診療情報管理士は、診療録(カルテ)の管理及び診療情報に含まれる病名や検査などのデータや情報を活用し、医療の安全管理や質の向上に寄与しています。医学や診療情報管理の知識を持ち、チーム医療を支える一員として期待されています。

活躍するフィールド
 地域基幹病院   大規模病院 
POINT01 日本病院会認定の養成校

手厚い試験対策で合格へサポート
医療秘書科または医療情報管理科の2年次に診療情報管理士コースを選択し、診療情報管理士専攻科へ進学することができます。本校は日本病院会認定の養成校になっており、在学中に日本病院会診療情報管理士認定試験に合格できるようにしっかりとサポートします。
POINT02 知識・技術を身につける

充実した診療情報管理士実習
患者様の入院診療録(カルテ)、レントゲンフィルムなどの諸記録、診療情報などを管理しているのが診療情報管理室です。実習に向けて実習事前指導や実習事後指導の授業でしっかり学習した上で実習に臨むので、確かな知識と技術が身につきます。病院の診療情報管理室において現場を経験し、より多くのことを学びます。
POINT03 幅広い人材の育成

現場のニーズに幅広く対応
診療情報管理士に必要な医学知識や診療録(カルテ)の管理、コーディング、医療統計などについて専門的に学びます。また、診療情報の活用に必要なAccess演習やPowerPoint演習も学習し、医療現場に幅広く対応できる人材の育成をめざします。

取得を目標とする資格

日本病院会診療情報管理士
診療情報管理従事者に必要とされる医学知識や病名の分類、採血やレントゲンなどの検査結果及び手術記録などを管理、活用する技能を認定する試験です。

診療報酬請求事務能力認定試験
診療報酬請求事務従事者に必要とされる医療保険制度や医師法・医療法などの法的な規定の知識及び診療報酬明細書作成の能力を認定する試験です。

その他
●Accessビジネスデータベース技能認定試験
●PowerPointプレゼンテーション技能認定試験

全国的に医療業界で求められている資格

医療機関の機能分化と連携、情報の開示、医療IT化に伴い、診療情報管理士の資格は、医療現場をサポートし病院からのニーズが高い専門的な資格となっています。平成30年5月現在、全国で35,833名が診療情報管理士に認定されており、そのうち東北地方は2,379名が認定されています。

カリキュラム

卒業まで(1年間)の流れ
実習 資格・検定
4~6月
実習事前指導
7月
Accessビジネスデータベース技能検定試験
診療報酬請求事務能力認定試験
診療情報管理士実習
9月
実習事後指導
11月
Powerpointプレゼンテーション技能認定試験
12月
診療報酬請求事務能力認定試験
2月
診療情報管理士認定試験
時間割例
診療情報
管理士
試験対策
診療情報
管理士
医学総論Ⅱ
コーディング演習Ⅱ

レセプト点検
医療管理論
Access演習
病院英会話
医療文書
作成
診療情報
管理士
試験対策
DPC演習

診療情報
管理士
医学総論Ⅰ
診療情報
管理論

診療報酬
総合演習



医療統計学Ⅰ
診療情報
管理士
試験対策
診療情報
管理士
試験対策
コーディング
演習Ⅱ


生活・就職指導
(HR)

医療統計学Ⅱ


PowerPoint演習


優しくて面白い先生方が、親身になって質問に答えてくれます。
現場で活躍している先生の話はとても勉強になるし、自分の知識が増えていく充実感や達成感があります。

山下 志保さん
山下 志保さん

【実践力を養う】専門科目・学内・学外実習

診療情報管理論
診療情報管理論
診療情報の適切な管理・活用は医療の安全管理や質の工場へつながります。病院における診療情報管理のあり方とそこから発生する情報の活用、その管理体制の骨組みを学びます。
医事コンピュータ演習
DPC演習
急性期病院で採用されているDPC(包括支払制度)の医療費請求について、仕組みや診療報酬の算定、そしてレセプト(診療報酬明細書)の記載方法を習得します。
Access演習
必要なデータを加工・集計・抽出したりレポートを作成するなどデータベース処理が効率的に行えるように学び、認定試験の合格を目指します。
コーディング演習
診療情報管理士認定試験の科目でもあるコーディングは、迅速かつ正確に病名にコードを付けることが求められます。病院の経営にも直結する大事な科目です。
特別講話
医療を取り巻く環境は日進月歩です。変化に対応できる病院事務員をめざして医療情報システムの進展や事務の役割などを、外部講師を招いて開催します。
病院実習
大規模病院で診療情報管理士の業務を実際に体験します。本校出身の卒業生が指導者になっている場合も多く、病院の診療情報管理について詳しく学習します。

活躍のフィールド

病院 クリニック 診療所
就職実績
平成29年度卒業生就職内定率
100%(就職希望者)
主な就職先

仙台厚生病院/東北大学医学部附属病院/東北医科薬科大学病院/東北公済病院/仙台徳洲会病院/仙台循環器病センター/石巻赤十字病院/大崎市民病院/塩竈市立病院/真壁病院/総合南東北病院/みやぎ県南中核病院/山形県病院事業局(山形県立中央病院)/山形徳洲会病院/山形ロイヤル病院/一関病院/大館市立総合病院/本荘第一病院/八戸市立市民病院/東京慈恵医科大学附属病院/綾瀬循環器病院/イムス三芳総合病院/PHCメディコムネットワークス株式会社など

[VOICE]内定者の声

在学生【内定先】星稜あすか病院
鈴木 奈緒美さん

宮城県/宮城県古川黎明高等学校卒業
希望通り地元の病院に就職することができました。
これからは診療情報管理士として地域医療に貢献していきたいです。

卒業生の職場訪問

プロフェッショナルに聞く
卒業生/診療情報管理士診療情報管理士
渡邊 亜紀奈さん(平成15年度卒業)
福島県/福島県立会津女子高等学校(現:福島県立葵高等学校)卒業
仙台徳洲会病院
医療の一端を担う存在であるため
地域に貢献しているという実感も大きい


 診療情報管理士として、主にカルテの記載チェックや診療情報の管理を行いながら、様々なデータの入力、登録作業に取り組んでいます。

個人情報を扱うため、その管理には注意を払う必要がありますが、一方で、医療系事務職として様々な魅力ややりがいに恵まれた仕事です。事務職でありながら、医療の一端を担う存在であるため、地域に貢献しているという実感も大きく、日々新しい知識を身に付けながら仕事に取り組んでいます。

今後は管理職として自分のことだけではなく、チーム全体のことを考えて仕事に取り組んでいくことが目標です。


OB・OGに聞きたい就活・就職インタビュー

[在学生]診療情報管理士専攻科 山下 志保さん
[卒業生]診療情報管理士 渡邉 亜紀奈さん

現在の仕事を目指された理由を教えてください。

山下(在学生)
山下(在学生)

医療という分野に興味があったことが理由の一つです。
この分野での仕事といえば、看護師を始めとした現場での仕事を想像しますが、改めて自分の進路を考えた時に、医療事務の仕事を知り、詳しく調べてみると、自分に向いている仕事だと思えたことがきっかけかもしれません。

渡邉(卒業生)
渡邉(卒業生)

就職先を考える際には、地元に戻るということは考えなかったのでしょうか?

山下(在学生)
山下(在学生)

当時はあまり考えていませんでしたね。プライベートの時間も充実していた方が、メリハリが生まれて、仕事にしっかりと向き合えると思っていました。
ですので、生活面でも便利な仙台で働こう、と。

渡邉(卒業生)
渡邉(卒業生)

就職活動で大変だったことを教えてください。

山下(在学生)
山下(在学生)

自分が希望するところに就職することの難しさは、当時実感しました。様々なサポートのおかげで、現在の職場に勤めることができています。
やはり、自分の資格を活かせる職場で働きたいと思っていましたね。

渡邉(卒業生)
渡邉(卒業生)

実際に仕事をする上で、診療情報管理士として心がけていることはありますか?

山下(在学生)
山下(在学生)

何よりミスをしないことを第一に考えています。
診療に関するデータは特に慎重な取り扱いをしなければなりません。

渡邉(卒業生)
渡邉(卒業生)

ミスをしないために行っている工夫などがあれば教えていただけますか?

山下(在学生)
山下(在学生)

どんなに忙しくても、作業の度に確認作業を行っています。どうしても簡単なミスは起きてしまうので、それを前提にしっかりとチェックすることで、最終的なミスにつながらないようにしています。

大変な一面もありますが、同時にやりがいもある仕事です。資格取得にむけて、頑張ってくださいね。

渡邉(卒業生)
渡邉(卒業生)

仕事紹介

診療記録管理
患者様の病名や診療内容、薬の記録、手術の記録、検査の記録はもちろんのこと、データも適切に管理します。診療情報管理士は患者様の大切な個人情報を安全に管理する重要な仕事です。
疾病統計
病院を受診する患者様の動向を把握し分析することにより、患者様のニーズに合った安全で安心できる医療の提供や質の改善につながります。また患者様は公表されている疾病統計を閲覧することにより病院受診の目安にもなります。診療情報管理士は、診療情報を活用し貴重な統計を作成する重要な仕事です。
がん登録
病院が、がんなどの診療情報を登録して国に報告すると患者数や医療水準の違いなどが分かります。がん登録は全国にどの位がんの病院が必要か、治療する医師がどの位必要かなどの計画や対策を立てる時に大いに役立ちます。診療情報管理士はがん登録を行い医療の発展に寄与している重要な仕事です。
DPC業務
DPC病院において病名や処置、手術などのコーディングを行い正しい入院料を算定します。またコードや診療内容を確認し精度の高い診療報酬の請求を行います。診療情報管理士はコーディングの知識はもちろんのこと診療内容や他のデータとの関連性を判断し病院経営に携わる重要な仕事です。

授業料等納付金(年額)

授業料(年間)年間合計
施設設備費前期後期
診療情報管理士専攻科
120,000
275,000
275,000
670,000
入学金免除制度(本校医療秘書科、医療情報管理科卒業生対象)
特別奨学金制度(年間12万円)

Q&A

診療情報管理士認定試験の難易度を教えてください

診療情報管理士認定試験は難易度が高いため、試験対策をしっかり行うことが必要です。
※2016年2月に行われた診療情報管理士認定試験では、受験者数3,992人に対して合格者数2,118人、合格率は53.1%でした。
診療情報管理士専攻科では対策授業が充実しており、皆さんの合格に向けた学習をしっかりサポートしています。

診療情報管理士に向いている人はどんな人ですか?

診療情報管理士の仕事は、病院の中にある様々な情報を整理、分析することです。
患者様の個人データを大切に扱う気持ちを持った人、病院の様々なデータから病院経営や医療の発展に役立つ情報を見出すクールな人、より良い医療のために力を尽くす情熱を持った人…そんな人に向いているのではないでしょうか

診療情報管理士の平均的なお給料はどのくらいですか?

平均的な年収は300万円~400万円です。
正社員かどうかといった業種別、地域別に差があります。
※一般的な医療事務の平均年収は250万円~350万円といわれています。

就職率はどの位ですか?

平成28年度実績は、病院への就職率が100%です。担任の先生はじめ就職センターが学生の希望に合わせてサポートします。

どんな仕事が出来ますか?

診療録管理、疾病統計、がん登録、DPC業務など病院で必要とされている多くの仕事が出来ます。

パソコンの授業はありますか?

あります。ワンランク上のAccess演習やPower Point演習など診療情報管理士に必要なカリキュラムになっています。