TOPICS&NEWS

TOPICS&NEWS

2020年度 前期授業について

お知らせ
東北文化学園専門学校の学生の皆さんへ
東北文化学園専門学校
校長 佐藤 直由
2020年度 前期授業について

 5月11日から、郵送された課題を中心に前期授業を進めておりますが、今後自粛の延長等がある場合を踏まえ、より双方向のやり取りが可能な授業展開をふまえ準備を進めています。

1.遠隔授業/オンライン授業等の「非対面授業」について
感染症の状況が好転し専門学校が許可するまでは、登校や対面授業はできませんので、自宅で遠隔授業の課題に取り組んでください。
 授業は、スマートフォンやパソコン、インターネット接続環境を考慮し、次のような方法を組み合わせて授業を行います。

○授業について(Google classroomの利用)
・ 先日行われましたネット調査アンケートにおいて、パソコンを所有していない学生が過半数を占めていたため、原則4G(LTE)回線とスマートフォンの利用を想定し、授業の準備を進めています。
・非対面授業では、基本的に時間割上の指定時間に授業を行います。
・教員は、授業時間を含め適宜質疑に応答します。
・授業の出席・資料の配布は、Google classroom(現在環境・IDを準備中)を活用する予定です。

○学生の準備
・Gmailの設定等は下記WEBページを参考にしてください。
 WEBサポート(在校生向け)
・各担任から連絡があったGoogle classroom用アカウントについては、教員の指示に従い設定を行ってください。
・学生自身のアカウントの厳重な管理を行ってください。

○授業形態
①資料配付型
 ※現在実施している形式
②講義動画・音声配信型
 ※今後検討しています
③リアルタイム講義・同時双方向型
※Google classroomを利用しますが、テレビ会議方式ではありません

2.授業環境・通信環境のお願い
・インターネットに接続するネットワーク回線に関しては、スマートフォンしか接続する機器がない場合、契約しているパケットの容量が十分ではないと、月の途中で受講の継続が困難となることがあります。現在、携帯電話各社(ドコモ、au、ソフトバンクなど)は、遠隔授業における通信環境確保のため、25歳以下を対象に通信容量の制限を緩和する特別なサービスを公表しています。新型コロナウイルス感染拡大による教育への影響に配慮した支援措置となります。必要に応じ手続きを行ってください。

3.問い合わせ先
不明な点については、各科・担任へご相談ください。
以上