文字サイズ
医療福祉学部 リハビリテーション学科・言語聴覚学専攻

学びの特色・進路目標・学科長メッセージ

はじめに

言語聴覚士は、障がい者の生活の質を高める専門職

 言語聴覚士(通称“ST”)は「言語聴覚士法」に基づく「国家資格」を有する医療技術者です。

音を聞く、言葉を理解する、言葉を話す、などの機能に障がいがあるとスムーズなコミュニケーションが難しくなります。
言語聴覚士はこのような問題を抱える方々に対して専門的な検査、訓練、指導、助言を行います。
さらに食べ物を飲み込む摂食・嚥下機能に障がいを抱える方々に対する支援も言語聴覚士の仕事です。

つまり言語聴覚士は、障がいがある方々の生活の質が高くなるように支援するリハビリテーション専門職です。

本専攻の特徴

本専攻は、平成 20 年4月に東北地方初の4年制大学として開講された言語聴覚士養成課程です。
平成 30 年 4 月現在も東北地方の 4 年生大学は 2 校を数えるのみです。



人間の言語を支える学問を広く深く吸収し、言語聴覚障害児者と人間性豊かにふれあうことができる人材を育成します。

教育目標

  • 人を大切にする心と姿勢をもつ 
  • 自ら学び、向上する態度を養う
  • 探究心・研究心をみがく
  • 実践力の高い言語聴覚士の養成
  • 科学的思考のできる言語聴覚士の養成
  • 臨床家として自己開発、向上できる能力を養う

学びの特色

1.学生一人ひとりへの細やかな指導体制
スチューデントアドバイザー制度と学年担任制により、教員が学生一人ひとりの修学状況を把握する体制を整えています。

対人援助職としての基礎的能力を養う少人数でのゼミナールに加え、1、2年次に対し定期的にホームルームを行います。
学生一人ひとりへの細やかな指導体制
2.万全の実習準備、学内で学べる臨床場面
3年次から実際の現場で臨床実習を行います。
事前の演習などにより、専門技術についてもきめ細かな指導を行っています。

平成29年度より本学で「国見の杜クリニック」を開設しています。
臨床実習前から発達障害児の支援など学内において臨床場面を体験して学びます。
万全の実習準備、学内で学べる臨床場面
3.小グループ制指導の国家資格取得サポート
国家試験合格に向けた早期指導や充実した対策講座のほか、マンツーマンや専門領域ごとの小グループ制による指導を徹底して行います。

模擬試験では苦手科目が分かる資料を提供し、学生一人ひとりの結果に応じた指導を行っています。
小グループ制指導の国家資格取得サポート
4.充実した最新設備を誇る3つの実習室を活用

言語実習室

 4つの個別実習室と2つの集団訓練実習室があります。個別実習室はマジックミラーになっていて訓練、評価の妨げにならずに外から室内の様子を観察することができます。
音声・音響実習室
 防音処理が施され、各種の音響分析装置が設置されています。対象児者のサンプル音声を聞き分ける演習や、各種の音響実験を行うことができます。
音声・音響実習室
聴覚実習室
 聴覚検査演習用の防音室は3室あり、その他人工内耳、補聴器調整のための演習室を備えています。最新の設備により演習と講義を実施します。
聴覚実習室

目標とする資格・活躍の場

目標とする資格
  • 言語聴覚士(国家試験受験資格) 
卒業とともに国家試験受験資格が取得できます。


国家試験合格者の就職率は 100%
今、病院や施設側の需要に対して言語聴覚士の数が全国的に足りない状況にあります。

医療や介護の領域に加えて福祉や教育分野でも活躍することが増えています。
このような状況は今後もしばらく続くと予想されます。

そのため多数の施設から求人があり、本専攻における言語聴覚士の国家試験合格者の就職率は 100%です。

学科長メッセージ

 言語聴覚士はコミュニケーション機能から、高次脳機能、食べて飲み込む機能などさまざまな障害を対象としています。

つまり、言語聴覚士の仕事は“人間が人間らしく生きるために欠かせない機能”にかかわる専門職だということです。

このような障害のある方の社会参加を支援するために、私たち専門職には学び続ける姿勢が必要です。

本専攻では人とかかわることが好きな方を求めています。社会のために、人のために、自分のために共に学び成長しましょう。
言語聴覚学専攻 渋谷 直樹
言語聴覚学専攻
渋谷 直樹



東北大学教育学部教育心理学科心身欠陥学専攻聴覚言語欠陥学講座卒業後、国立鳴子病院、東北厚生年金病院(現東北医科薬科大学病院)、2001 年 4 月より新潟医療福祉大学大学院医療福祉学研究科教授、同大学言語聴覚学科長を経て、2008 年 4 月東北文化学園大学医療福祉学部リハビリテーション学科言語聴覚学専攻教授に就任。失語症学、高次脳機能障害学を中心に言語聴覚士養成教育に携わってきた。日本神経心理学会評議員、日本高次脳機能障害学会代議員などに在任し、宮城県言語聴覚士会初代会長を歴任した。【言語聴覚士、博士(教育学、東北大学)】