総合福祉学科
社会福祉科
■職業実践専門課程認定 ■厚生労働大臣指定「社会福祉主事」養成校 ■厚生労働大臣指定「社会福祉士」養成校
■専門実践教育訓練指定講座
■(財)日本レクリエーション協会認定「レクリエーション・インストラクター」課程認定校
■同じキャンパスにある姉妹大学の医療福祉学部保健福祉学科への編入と、その後の社会福祉士としての基盤をつくるコースです。

社会福祉科ニュース一覧

  • すべて
  • お知らせ
  • 入試情報
  • イベント
  • インテリア科
  • 社会福祉科
  • 介護福祉科
  • 医療ビジネス学科
  • 視能訓練士科
社会福祉士とは
身体や精神に障害がある方や環境上の理由から日常生活をおくるのが困難な方の福祉相談に関わる専門職。また、保健・医療・福祉のサービスを提供する関係者との連携や調整等も行い、最近では、少子高齢化の進行や虐待問題など社会福祉士に対するニーズが高まり、活躍の場が広がっています。

活躍するフィールド
 病院・クリニック   障害者・高齢者福祉施設   児童福祉施設 
 専門実践教育訓練指定講座とは

厚生労働大臣の指定講座である本科は、一定の条件を満たす社会人の方だと最大96万円の給付で2年間履修することができます。

科の特長

社会福祉科は、東北唯一の社会福祉士2年課程の養成校です。

社会福祉士2年課程では、資格取得のために実務経験2年が必要となりますが、本校は社会福祉主事任用資格を取得できるだけでなく、卒業時には「就職」と「進学」という2つの選択肢があり、姉妹大学へ編入学することで「学士」と同時に「社会福祉士受験資格」を実務経験なしで取得することもできます。
また、卒業後も国家試験合格に向けて、模擬試験や集中講座で社会福祉士国家試験をサポートしていきます。
POINT01 東北で唯一の養成課程

社会福祉士へのショートカット
社会福祉士養成2年+実務2年で社会福祉士の受験資格を取得できる社会福祉主事養成課程の専門学校は、東北で本校だけです。
POINT02 大学への編入学の道

大学編入学で受験資格を取得
卒業後に姉妹校の大学へ編入学することで、「学士(保健福祉学)」と同時に「社会福祉士受験資格」を取得することができます。
POINT03 卒業後も資格取得を応援

模試や集中講座で国試合格まで
卒業後も国家試験受験まで、メールで模擬問題を定期的に出題し、解答と解説を行うほか、国試対策の集中講座を開催し、社会福祉士国家資格取得をサポートします。

インタビュー在校生×担任

授業インタビュー岩沼 紗耶香さん
宮城県/宮城県宮城広瀬高等学校卒業
2年間で自分のやりたいことをじっくりと考えられる

私たちのクラスは、みんな自由に過ごしていますが、グループワークの時などは一つになり、メリハリのある雰囲気がとても心地良いです。先生方のサポートも厚く、授業や実習に安心して取り組むことができます。在学中はさまざまな資格も得られ、また、多くの分野の就職先もあるので、2年間で自分のやりたいことをじっくりと考えることができます。

■担任より
社会福祉士に必要なのは、利用者の相談に丁寧に耳を傾ける姿勢と、「あなたに相談したい」と思われる人としての魅力です。授業ではさまざまな利用者の事例を取り上げますが、クラスのみんなが利用者に共感し、良い雰囲気の中進行しています。2年間の成長がとても楽しみです。
【担任】曽川 直子

取得を目標とする資格

社会福祉士国家資格(実務経験2年必要)
児童・障害者・高齢者や日常生活に支障のある人のために、福祉に関する相談に応じ、助言や指導を行うための資格で社会福祉科卒業と同時に受験資格(実務経験2年必要)が得られます。


社会福祉主事任用資格
社会福祉施設や福祉に関する行政機関、各種相談所などで任用される人に求められる公的な資格です。社会福祉科を卒業すると同時に資格が得られます。


その他
●レクリエーション・インストラクター
●介護職員初任者研修
●福祉住環境コーディネーター
●文書処理能力検定
●サーティファイExcel表計算処理技能認定試験

見出し

1年次「基礎知識を学ぶ」

わかりやすいカリキュラムで、心理学の理論や対人援助技術など、基礎的な相談援助の理論や技術を中心に学んでいきます。

2年次:相談援助の理解を深める

相談援助における様々な分野の事例を具体的に取り上げ、相談援助専門職としてのスキルを見につけていきます。

カリキュラム

1年次
わかりやすいカリキュラムで、対人援助など、基礎的な相談援助の理論と方法を中心に学んでいきます。
主な授業
現代社会と福祉/心理学理論と心理的支援/社会理論と社会システム/相談援助の基盤と専門職/相談援助の理論と方法I/相談援助演習I/相談援助実習指導I
2年次相談援助における様々な分野の事例を具体的に取り上げ、相談援助の実際について理解します。
主な授業児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度/障害者に対する支援と/障害者自立支援制度/高齢者に対する支援と/介護保険制度/保健医療サービス/相談援助の理論と方法II/相談援助実習

福祉の理解を深める活動

社会福祉科では、福祉施設での音楽カフェの開催や、学園祭でのフェアトレードチョコレート販売、地域施設の清掃ボランティアなどの活動も取り入れ、福祉の理解を深める活動も行っています。
サンプル画像1
学園祭でのフェアトレードチョコレートの販売
施設に素敵な音楽を届ける「音楽カフェ」
地域の福祉施設を清掃する「感謝の日」

授業ピックアップ

現代社会と福祉

現代社会と福祉
現代社会において社会福祉が果たしている役割や機能を学ぶとともに、福祉専門職の国家資格である社会福祉士として活躍するために必要な基礎知識などについて総合的に学習していきます。

児童や家庭に対する支援と 児童・家庭福祉制度

児童や家庭に対する支援と 児童・家庭福祉制度
子どもを取り巻く社会的な問題や課題を学び、子育て支援や児童虐待などに対応する様々な児童福祉に関する制度や専門職の役割や機能について専門的に学習していきます。

VOICE「学生のこえ」

グループワークも多く 授業が楽しみです

社会福祉科の授業は、知識や技術を学ぶ授業が多いイメージがあるかもしれませんが、グループワークやディスカッションなどが多いのが魅力です。
特に授業の中でのアイスブレイクなどは、クラスの皆で楽しみながら学べるだけでなく、学習したことがそのまま今後の実習に活用できるため、学ぶ意欲がわいてきます。

岩沼 紗耶香さん(宮城県/宮城県宮城広瀬高等学校卒業)

心理学や面接技術の授業は学びどころが多く 毎週の授業が楽しみ

私が好きな授業は、心理学や相談援助の理論や方法を学ぶ授業です。
ソーシャルワーカーの心構えや振る舞いを学ぶのはもちろんのことですが、カウンセリングなどの面接技法やプラニング立案の学習はとてもやりがいがあります。今後は相談援助実習に臨むことになりますが、どのように学んだ事を活かしていけるのか、実習が楽しみです。

阿部 奏恵さん(岩手県/岩手県立水沢商業高等学校卒業)

多彩な学内実習

相談援助演習

相談援助演習
児童や障害児(者)から介護サービスまで、相談援助における様々な分野事例を具体的に取り上げ、相談援助の実際について理解するとともに、問題を援助するための様々なアプローチの方法を学びます。

相談援助実習指導

相談援助実習指導
相談援助実習の実習先は、児童・障害児(者)・高齢者にとどまらず、医療機関や行政機関にいたるまで様々です。各分野における相談援助の実際を学び、実習スキルを総合的に学習していきます。

実践力を養う学外実習

相談援助実習
児童福祉施設・障害者福祉施設・高齢者福祉施設などの福祉施設の他に、福祉事務所・児童相談所などの行政機関といった幅広い分野で実習を行います。
どの分野でも対応できるように、実習準備から実習後まで各段階に応じた指導を行います。
また、実習中は、教員による週一回以上の巡回指導で実習をサポートします。

学外実習の実日数
相談援助実習(社会福祉士実習) 24日間(2年次)
相談援助実習(社会福祉主事実習)10日間(2年次)

相談援助実習 Ⅰ (施設型実習)

相談援助実習 Ⅰ (施設型実習)
社会福祉士受験資格取得のために、児童福祉施設・障害者福祉施設・高齢者福祉施設等において施設型実習を2年次の5月から約1か月間にわたり行います。実習生各々がクライアントを担当させていただき、対人援助や問題解決能力等の相談援助職に就くためのスキルを身につけます。

相談援助実習 Ⅱ(行政型実習)

相談援助実習 Ⅱ(行政型実習)
社会福祉主事任用資格取得のために、福祉事務所・児童相談所等の機関において行政型実習を2年次の10月から約2週間にわたり行います。実習生はケースワーカーとして実習を担当させていただき、社会福祉の制度や手続き等の相談援助職に就くためのスキルを身につけます。

実習生の一日


時間内容
9:00朝のミーティング
電話対応の説明
面接対応の説明
12:00施設利用者と一緒に食事
13:00入所申し込み面接に同席
新規入居者のカンファレンス
定期カンファレンス
17:30記録と振り返り
18:00実習終了

VOICE「学生のこえ」

相談援助実習について

相談援助実習では、ケアプランの作成や相談を受ける際の面接技法について学びました。利用者の方の支援にあたり、今何を必要としているのかを把握するために、「相手の本当の姿を知る」ことが大切であることを理解することができました。
面接については、位置取りや援助者の身だしなみなど一つ一つの点を意識することで利用者が安心して相談しやすい環境を作ることが大切であることを学びました。この貴重な経験を将来、大いに役立てていきたいです。

菅原 慶弥さん 宮城県/宮城県小牛田農林高等学校卒業

活躍のフィールド

医療機関/児童福祉施設/障害者福祉施設/高齢者福祉施設/社会福祉協議会等
就職実績

主な就職先

【医療分野】
内科佐藤病院/山形済生病院/多摩川病院/原クリニック/千葉・柏リハビリテーション病院

【児童福祉分野】
児童養護施設丘の家子どもホーム/児童自立援助ホームせんだんの家/小松島児童館/児童デイサービスおりーぶ/放課後等デイサービス杜の子ハウス

【障害者福祉分野】
障害児施設宮城県啓佑学園/障害者支援施設幸泉学園/障害者支援施設おおぞら学園/障害福祉サービス事業所かがやきの杜/障害福祉サービス事業所ポケット

【高齢者福祉分野】
特別養護老人ホーム国見苑/特別養護老人ホームせんだんの館/特別養護老人ホームせんだんの里/特別養護老人ホームファミリオ/特別養護老人ホームリベラ荘

現場で活躍する卒業生

卒業生岩渕 美樺さん(平成24年度卒業)
岩手県/岩手県立千厩高等学校卒業
社会福祉法人一歩一歩福祉会 かがやきの杜勤務
幅広い福祉の世界で
活躍のフィールドを広げたい


 社会福祉士として施設内外での活動の企画立案や利用相談など、それぞれの利用者の方がより良い社会生活を送るために支援を行っています。
高校生の頃、高齢者福祉に興味を持って専門学校へ入学しましたが、在学中の実習やボランティア活動がきっかけで現在の障害者分野への就職を決めました。
この仕事の喜びは、利用者の方が施設での活動を通して、自らできることが増えていくことを一番近くで実感できることです。
今後もソーシャルワーカーとしての多くのスキルを身につけ、活躍の幅を広げていきます。
卒業生菅野 大綺さん
平成26年度卒業
宮城県/宮城県塩釜高等学校卒業
社会福祉法人東北福祉会(生活相談員) 勤務
安心生活を支える社会福祉従事者になりたい

現在の仕事は、生活相談員。介護職員のサポートやデイサービスの送迎業務、さらに関係機関やご家族との連絡調整、請求業務などに取り組んでいます。相談員として必要な相談援助技術などは学校で学べたので、自信を持って対処できます。介護には何人も関わるので、今、大切にしているのは、迅速で細やかな連絡調整。また、利用者様やご家族の声に耳を傾けて、満足していただけるサービス提供を心がけています。

就職へのステップ・スケジュール

1年次 基礎知識の習得・体験学習
 児童や障害児(者)から高齢者まで幅広い分野で活躍するために数々の施設見学や体験実習を通して、基礎知識を実践的に学びます。


2年生:就職進学を視野に
 就活出発式や大学編入学説明会等を開催し、就職活動や進学に必要な心構えや実践力を身につけます。進路に応じたきめ細かいサポートをしていきます。


卒業時:進学就職に対応したサポート

卒業生による就職講話

卒業生による就職講話
生活相談員として活躍する菅野大綺さん(社会福祉科平成26年度卒/宮城県塩釜高等学校卒業)をゲストスピーカーに迎えて、これから相談員を目指す1年生に、自身の就活体験から内定獲得の秘訣を伝授してくれました。

学内での就職ガイダンス

学内での就職ガイダンス
社会福祉施設等の職員を学内にお招きして、福祉の仕事の魅力や現状を、グループワークなどを通して理解することで、就職活動だけでなく、就職後についても考える機会になっています。

VOICE「学生のこえ」

体験実習で将来仕事の イメージをつかむ

1年生で体験実習を行いました。体験実習では、子どもの将来に不安を抱く家族の気持ちや願いを知ることができ、ソーシャルワーカーが果たす役割を学ぶことができました。そのため、これからは利用者だけでなく、他者の気持ちにも耳を傾けられるソーシャルワーカーを目指していきたいと考えています。

大槻 緋菜子さん(福島県/聖光学院高等学校卒業)

多職種との連携ができる 社会福祉士になりたい

体験実習やボランティア実習での体験を通して、実際に利用者さんとコミュニケーションを図ることで、対人援助技術を学ぶことができました。
ソーシャルワーカーにとって、コミュニケーション能力が必須ですが、多職種との連携を図っていくことの重要性を知りました。
将来は、多職種連携のできるソーシャルワーカーを目指していきたいと思います。

弓田 遥華さん(福島県/福島県立福島北高等学校卒業)

INTERVIEW 編入学&内定者

理想の社会福祉士を目指し 大学編入学

【東北文化学園大学医療福祉学部保健福祉学科3年次編入学】

在学中は、先生方が丁寧なご指導と親身になって相談に乗って下さったので安心して学ぶことができ、多くの友人と楽しい学生生活を過ごすことができました。今後は、理想の社会福祉士になるために編入学し、より一層勉強し学びを深めていきたいです。

菅原 慶弥さん(宮城県/宮城県小牛田農林高等学校卒業)

将来の目標であった 児童指導員で夢実現

【内定先/児童養護施設 丘の家子どもホーム(児童指導員)】

就職試験に向けて、履歴書の添削や面接指導を、一人ひとりのペースに合わせて丁寧な対応をしてくださった先生方に感謝しています。春からは児童指導員として、2年間学んだ面接技法などを活かしながら、子どもたちの心に寄り添い支援をしていきたいです。

藤本 早朕さん(宮城県/宮城県塩釜高等学校卒業)

授業料等納付金(年額)

授業料(年間)年間合計
施設設備費前期後期
社会福祉科
130,000
325,000
325,000
780,000
初年度は別途、入学金150,000が必要です