総合福祉学科
社会福祉科
■職業実践専門課程認定 ■厚生労働大臣指定「社会福祉主事」養成校 ■厚生労働大臣指定「社会福祉士」養成校
■専門実践教育訓練指定講座
■(財)日本レクリエーション協会認定「レクリエーション・インストラクター」課程認定校
■同じキャンパスにある姉妹大学の医療福祉学部保健福祉学科への編入と、その後の社会福祉士としての基盤をつくるコースです。

社会福祉士とは
身体や精神に障害がある方や環境上の理由から日常生活をおくるのが困難な方の福祉相談に関わる専門職。また、保健・医療・福祉のサービスを提供する関係者との連携や調整等も行い、最近では、少子高齢化の進行や虐待問題など社会福祉士に対するニーズが高まり、活躍の場が広がっています。

活躍するフィールド
 病院・クリニック   障害者・高齢者福祉施設   児童福祉施設 
 専門実践教育訓練指定講座とは

厚生労働大臣の指定講座である本科は、一定の条件を満たす社会人の方だと最大96万円の給付で2年間履修することができます。

科の特長

社会福祉科は、東北唯一の社会福祉士2年課程の養成校です。

社会福祉士2年課程では、資格取得のために実務経験2年が必要となりますが、本校は社会福祉主事任用資格を取得できるだけでなく、卒業時には「就職」と「進学」という2つの選択肢があり、姉妹大学へ編入学することで「学士」と同時に「社会福祉士受験資格」を実務経験なしで取得することもできます。
また、卒業後も国家試験合格に向けて、模擬試験や集中講座で社会福祉士国家試験をサポートしていきます。
POINT01 東北で唯一の養成課程

社会福祉士へのショートカット
社会福祉士養成2年+実務2年で社会福祉士の受験資格を取得できる社会福祉主事養成課程の専門学校は、東北で本校だけです。
POINT02 大学への編入学の道

大学編入学で受験資格を取得
卒業後に姉妹校の大学へ編入学することで、「学士(保健福祉学)」と同時に「社会福祉士受験資格」を取得することができます。
POINT03 卒業後も資格取得を応援

模試や集中講座で国試合格まで
卒業後も国家試験受験まで、メールで模擬問題を定期的に出題し、解答と解説を行うほか、国試対策の集中講座を開催し、社会福祉士国家資格取得をサポートします。

インタビュー在校生×担任

授業インタビュー岩沼 紗耶香さん
宮城県/宮城県宮城広瀬高等学校卒業
2年間で自分のやりたいことをじっくりと考えられる

私たちのクラスは、みんな自由に過ごしていますが、グループワークの時などは一つになり、メリハリのある雰囲気がとても心地良いです。先生方のサポートも厚く、授業や実習に安心して取り組むことができます。在学中はさまざまな資格も得られ、また、多くの分野の就職先もあるので、2年間で自分のやりたいことをじっくりと考えることができます。

■担任より
社会福祉士に必要なのは、利用者の相談に丁寧に耳を傾ける姿勢と、「あなたに相談したい」と思われる人としての魅力です。授業ではさまざまな利用者の事例を取り上げますが、クラスのみんなが利用者に共感し、良い雰囲気の中進行しています。2年間の成長がとても楽しみです。
【担任】曽川 直子

取得を目標とする資格

社会福祉士国家資格(実務経験2年必要)
児童・障害者・高齢者や日常生活に支障のある人のために、福祉に関する相談に応じ、助言や指導を行うための資格で社会福祉科卒業と同時に受験資格(実務経験2年必要)が得られます。


社会福祉主事任用資格
社会福祉施設や福祉に関する行政機関、各種相談所などで任用される人に求められる公的な資格です。社会福祉科を卒業すると同時に資格が得られます。


その他
●レクリエーション・インストラクター
●介護職員初任者研修
●福祉住環境コーディネーター
●文書処理能力検定
●サーティファイExcel表計算処理技能認定試験

見出し

カリキュラム

1年次
わかりやすいカリキュラムで、対人援助など、基礎的な相談援助の理論と方法を中心に学んでいきます。
主な授業
現代社会と福祉/心理学理論と心理的支援/社会理論と社会システム/相談援助の基盤と専門職/相談援助の理論と方法I/相談援助演習I/相談援助実習指導I
2年次相談援助における様々な分野の事例を具体的に取り上げ、相談援助の実際について理解します。
主な授業児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度/障害者に対する支援と/障害者自立支援制度/高齢者に対する支援と/介護保険制度/保健医療サービス/相談援助の理論と方法II/相談援助実習
時間割の一例 (1年次)

▲現代社会と福祉
▲生活支援技術

▲相談援助演習I
▲相談援助演習I

福祉の理解を深める活動

社会福祉科では、福祉施設での音楽カフェの開催や、学園祭でのフェアトレードチョコレート販売、地域施設の清掃ボランティアなどの活動も取り入れ、福祉の理解を深める活動も行っています。
サンプル画像1
学園祭でのフェアトレードチョコレートの販売
施設に素敵な音楽を届ける「音楽カフェ」
地域の福祉施設を清掃する「感謝の日」

卒業までの主な流れ

卒業までの主な流れ

授業インタビュー

授業インタビュー藤本 早朕さん
宮城県/宮城県塩釜高等学校卒業
先生方の指導がていねい

先生方は、きめ細かに、ていねいに授業を進めてくれます。ダンスサークルの活動をしてますが、勉強との両立も先生方があたたかく見守ってくれています。

実習紹介

01.相談援助実習II(行政型実習)
01.相談援助実習II(行政型実習)
社会福祉主事任用資格取得のために、福祉事務所・児童相談所等の機関において行政型実習を2年次の10月から約2週間にわたり行います。実習生はケースワーカーとして実習を担当させていただき、社会福祉の制度や手続き等の相談援助職に就くためのスキルを身につけます。
02.相談援助実習
02.相談援助実習
本校の相談援助実習の特徴は、児童福祉施設・障害者福祉施設・高齢者福祉施設等での施設型実習の他に、福祉事務所・児童相談所等の機関(行政)型実習といった2つの分野で実習できるところです。社会福祉士受験資格取得のための相談援助実習は、施設型か機関型かいずれか1つの分野で実習することが一般的ですが、それぞれ2つの分野で学ぶことができるメリットは、相談援助の実践力の向上に繋がります。
03.相談援助実習I(施設型実習)
03.相談援助実習I(施設型実習)
社会福祉士受験資格取得のために、児童福祉施設・障害者福祉施設・高齢者福祉施設等において施設型実習を2年次の5月から約1か月間にわたり行います。実習生各々がクライアントを担当させていただき、対人援助や問題解決能力等の相談援助職に就くためのスキルを身につけます。

在校生インタビュー

在校生柴田 真琴さん
福島県/勿来工業高等学校卒業
熱心な指導が助かります

実習環境が良く、実習前の準備も先生方がわかりやすく教えてくれて、取り組みやすいです。勉強は難しくても、先生方の熱心な指導が助けてくれます。
Q.将来の目標は?
社会福祉士の資格を取得し、多くの人を助けること。
Q.そのために頑張っていることは?
資格取得に必要な勉強。
在校生高橋 里奈さん
宮城県/宮城県石巻西高等学校卒業
実践力をしっかり習得

2年間で社会福祉主事の資格を取れるので、入学しました。相談援助の知識や技術を今、学んでいます。自分の力になる学科なので、自然に勉強もがんばれます。
Q.自分が成長したと感じた時は?
様々な制度やサービスについて人に説明できた時。
Q.将来の目標は?
社会福祉士になる。

学外の実習はどうなっているのですか?

学外の実習では、コミュニケーション能力とともに、社会や職場で必要な「福祉のこころ」を学びます。実習を通して、社会福祉の本質を理解し、現場の状況に柔軟に対応できる実践力を養います。また、さまざまなイベントを行い、2016年は音楽会を開催し7曲を演奏しました。

学外実習について

実習のポイント

連携する機関で充実した実習
実習成果高める丁寧な指導

児童福祉施設・障害者福祉施設・高齢者福祉施設などの福祉施設の他に、福祉事務所・児童相談所などの行政機関といった幅広い分野で実習を行います。どの分野でも対応できるように、実習準備から実習後まで各段階に応じた指導を行います。また、実習中は、週一回以上の教員による巡回指導で実習をサポートします。
実習までの流れ
実習先発表
実習にあたり、ねらいや目的を明確にする。
教員・先輩・資料等から学び、準備を始める。
オリエンテーションへ行くため、実習先へ連絡を取る。
実習先への移動手段、時間、持ち物、連絡方法、服装、挨拶、などをグループで考え話し合い準備する。また実習日誌や介護記録の表記の練習も行う。
実習
実習の評価をふまえた自己評価と振り返りを行う。
実習先での事例をまとめる。事例検討する。

実習生の1日

実日数

相談援助実習
(社会福祉士実習) 2年次 24日間
相談援助実習
(社会福祉主事実習) 2年次 10日間
9:00朝のミーティング
電話対応の説明
面接対応の説明
12:00施設利用者と一緒に食事
13:00休憩
14:00入所申し込み面接に同席
新規入所者のカンファレンス
定期カンファレンス
17:30記録と振り返り
18:00実習終了

実習先一例(抜粋)

宮城県仙台保健福祉事務所、仙台市青葉区保健福祉センター、仙台市泉区保健福祉センター、仙台市太白区保健福祉センター、仙台市宮城野区保健福祉センター、仙台市若林区保健福祉センター、塩竃市社会福祉事務所、名取市社会福祉事務所、多賀城市福祉事務所、白石市社会福祉事務所、角田市社会福祉事務所、石巻市社会福祉事務所、岩沼市福祉事務所、南陽市福祉事務所、能代市福祉事務所、青森市福祉事務所、宮城県障害者福祉センター、宮城県立がんセンター、児童相談所山形県、庄内児童相談所、仙台市青葉区社会福祉協議会、岩沼市社会福祉協議会、米沢市社会福祉協議会、鶴岡市社会福祉協議会

〈特別養護老人ホーム〉
リベラ荘、せんだんの館、せんだんの里、ファミリオ、寳樹苑、かむりの里、国見苑、せんじゅ

〈介護老人保健施設〉
茂庭台豊齢ホーム、せんだんの丘

〈児童養護施設〉
山形学園、感恩講児童保育院、など

就活はどんなことをしているのですか

社会福祉科の就職活動は、児童分野、障害者児(者)分野、高齢者分野など幅広い領域をめざすのが特徴です。最近は、医療機関や社会福祉協議会の分野からの求人も増えております。就職指導は、学生一人一人の希望に合わせて、多様な分野へきめ細かにサポートしています。

就職活動スケジュール

入学
1年生就職模擬試験
1年次から就職を意識して対策
2年生希望施設・地域の確認
どこで働きたいか情報収集!
就活出発式
身だしなみもしっかりチェック!
施設見学
施設や雰囲気を含め将来をイメージ!
履歴書記入
先生が丁寧に添削してくれます!
模擬面接
自分らしさをきちんとアピール!
就職試験
自信を持って落ち着いて臨もう!
内定社会人として新たなスタート!

内定者インタビュー

内定者前川 眞穂さん
一般社団法人 空の翼児童指導員内定
宮城県/宮城県角田高等学校卒業
就職率が高いのは納得

就職率100%が、学校の強みです。そこには、学生一人ひとりの努力と、先生方の心強いサポートがあります。私も全力で、就職活動に取り組めました。
内定者赤塚 智貴さん
社会福祉法人 千代福祉会生活支援員内定
山形県/山形城北高等学校卒業
就活対策を1年次からスタート

1年次に就職模擬試験、2年次には就活出発式や施設見学など、頑張る雰囲気づくりがあり、良かったです。就職の疑問も早くから解決できました。
内定者佐藤 有咲さん
社会福祉法人 東北福祉会生活相談員内定
宮城県/宮城県志津川高等学校卒
一人ひとりに合ったサポート体制

就職情報の収集から、就職試験の対策まで、就職サポート体制が整っています。メールで求人票を知らせてもらい感激しました。面接指導も役立ちました。

就職先実績一例(抜粋)

〈児童福祉分野〉
児童自立援助ホーム、せんだんの家、小松島児童館、児童デイサービスおりーぶ五橋、せんだんの杜保育園、児童養護施設白河学園、児童養護施設感恩講児童保育院

〈障害児(者)福祉分野〉
障害児施設宮城県啓佑学園、障害者支援施設幸泉学園、障害者支援施設ひかり苑、障害者福祉サービス事業、かがやきの杜、障害者福祉サービス事業のぞみ苑、障害者福祉サービス事業ポケット

〈高齢者福祉分野〉
エバーグリーンシティ・寺岡、特別養護老人ホーム国見苑、特別養護老人ホームせんだんの里、特別養護老人ホームせんだんの館、特別養護老人ホームファミリオ、特別養護老人ホームリベラ荘

〈医療機関〉
原クリニック、真壁病院、山形済生病院、みちのく記念病院、多摩川病院、千葉・柏、リハビリテーション病院

〈外郭団体等〉
大崎市社会福祉協議会、仙台市社会福祉協議会、仙台市若林区保健福祉センター、涌谷町社会福祉協議会、鶴岡市社会福祉協議会、福島県社会福祉協議会 、など

現場で活躍する卒業生

卒業生菅野 大綺さん
平成26年度卒業
宮城県/宮城県塩釜高等学校卒業
社会福祉法人東北福祉会(生活相談員) 勤務
安心生活を支える社会福祉従事者になりたい

現在の仕事は、生活相談員。介護職員のサポートやデイサービスの送迎業務、さらに関係機関やご家族との連絡調整、請求業務などに取り組んでいます。相談員として必要な相談援助技術などは学校で学べたので、自信を持って対処できます。介護には何人も関わるので、今、大切にしているのは、迅速で細やかな連絡調整。また、利用者様やご家族の声に耳を傾けて、満足していただけるサービス提供を心がけています。

授業料等納付金(年額)

授業料(年間)年間合計
施設設備費前期後期
社会福祉科
130,000
325,000
325,000
780,000
初年度は別途、入学金150,000が必要です

Q&A

卒業生の進路を教えてください。

平成28年の就職内定率は、100%です。
その内訳ですが、児童分野が21%、障害者分野が29%、高齢者分野が36%、外郭団体(社会福祉協議会等)が7%、その他一般企業が7%です。
他の科と違い、各々が希望する様々な分野に進めるのが、社会福祉科の強みです。

卒業生の職種を教えてください。

平成28年度卒業生では、約79%が相談員として採用されています。また、約19%が介護職員等での採用です。社会福祉科の多くの学生が相談職を希望しており、希望の職種に就いています。

2年間の養成期間で社会福祉士になれるのですか?

卒業後、実務経験2年が必要となりますが、多くの社会福祉科の卒業生が社会福祉士として活躍しています。
また、毎年、卒業生が国家試験にチャレンジしています。
最短の2年で学んで、卒業後2年で相談員としての能力を身につけ、実践力のある社会福祉士を目指せるのが強みです。