文字サイズ
科学技術学部 建築環境学科

学習の流れ+実習紹介+私の学びStyle

カリキュラム

1年次・2年次3年次4年次
基礎力をしっかり養成し、心を鍛え、立派な社会人になるための環境マインド教育です。興味のある分野を選択して、研究室に分かれ、ゼミナール教育を受けます。専門科目をさらに深く学び、卒業研修に取り組みます。
 建築デザインコース 
《活躍が期待される主な職場》
建設会社
建築設計事務所
ハウスメーカー
建築物販会社
不動産
官公庁
共 通
1・2年次の基礎教育課程では必修科目を多く取り入れ、バランスのとれた基礎知識の修得ができます。
〈 1年次の主な科目 〉
建築計画Ⅰ
インテリア環境Ⅰ
建築構法Ⅰ
建築法規Ⅰ
建築環境工学Ⅰ
構造力学Ⅰ
建築インテリア製図
自然環境と人間
建築デザインと環境
スポーツ実技
基礎セミナーⅠ
基礎セミナーⅡ 他
〈 2年次の主な科目 〉
建築計画Ⅱ
健康インテリアⅠ
建築CG
建築CAD
建築史
インテリア環境Ⅱ
空気調和設備Ⅰ
給排水設備Ⅰ
環境技術と社会
キャリアデザイン
基礎セミナーⅢ
基礎セミナーⅣ 他
建築デザインコース
東北の復興へ。地域環境に求められる建築デザインを学びます。
震災復興、人口減少・高齢化社会、エコロジカル等の今日的課題を念頭に、建築設計をはじめ企画から建設までを総合的に学びます。
〈 3年次の主な科目 〉

建築構造設計
建築施工
健康インテリアⅡ
建築デザインⅠ
建築デザインⅡ 他
共 通
卒業研修を進め、4年間の学びの集大成とします。
〈 4年次の主な科目 〉
卒業研修Ⅰ・Ⅱ
設備設計演習
設備施工
居住環境計画
地域環境とまちづくり
特定実習 他
 健康インテリアコース 
《活躍が期待される主な職場》
ハウスメーカー
工務店
インテリア産業
健康機器
リフォーム業
官公庁
健康インテリアコース
インテリアデザインと人体の健康のかかわりを学びます。
健康環境に即したインテリアの在り方をテーマとし、健康快適に配慮した住宅や医療施設などのインテリア設計手法とリフォーム技術を学びます。
〈 3年次の主な科目 〉

 健康インテリア設計
 健康リフォーム演習
 健康インテリアⅡ
 建築デザインⅠ
 建築デザインⅡ 他
 建築設備コース 
《活躍が期待される主な職場》
建築設備会社
空調機器メーカー
設備設計事務所
建物管理会社
官公庁
建築設備コース
本格的な設備教育カリキュラムで環境技術を学びます。
低炭素社会を目指した省エネルギーや再生可能エネルギーの技術、巨大災害に対する課題等をテーマとして、建築設備の設計施工から維持管理までを学びます。
〈 3年次の主な科目 〉

空気調和設備Ⅱ
給排水設備Ⅱ
都市環境設備
電気設備
設備製図 他

主な授業科目

建築インテリア製図
建築インテリア製図
 1年次後期から設計の基礎となる実習科目がスタートします。「建築インテリア製図」はその最初の科目です。基本的な製図知識や立体や空間をイメージする能力は、建築やインテリアをはじめとするものづくりの職業分野において、重要な技能のひとつです。
リフォーム計画演習
リフォーム計画演習
 住宅を健康・快適な室内環境に再構築する手法を学びます。具体的には、インテリア、家具、設備などの要件を絡めながら時代が求めるリフォーム設計技術について、演習を通して学びます。
基礎セミナーⅠ(パオ建設)
基礎セミナーⅠ(パオ建設)
 建物を「つくる」あるいはプロデュースする視点からの基礎力を養うための科目。様々な実習があります。構造体制作やモンゴル住居(ゲル)の組立て実習、建物見学などです。
設備システム演習
設備システム演習
 冷凍サイクルシステムの運転実験、配管内の圧力損失の測定、設備CADによる配管詳細図作成、排水設備(大便器)の搬送性能試験などの経験から、環境設備に関わる現象やシステムの稼働に関する理解が深まります。

実習紹介

建物見学 〈 1年次 〉
建物見学 〈 1年次 〉
 建築物の機能やデザインを理解するために、実際に公共施設などを見学に行きます。建物への観察眼を養い、得られた情報をレポートとしてまとめ、理論立てて話をする訓練を実習を通して学びます。
建築デザインコンペ 〈 3・4年次 〉
建築デザインコンペ 〈 3・4年次 〉
 大学間で競う建築設計コンテストに参加し、授業で取り組んだ設計作品を発表します。JIA東北建築学生賞では11年連続入賞を果たし、東北でトップクラスの実績をあげています。
ゼミ合宿 〈 3・4年次 〉
ゼミ合宿 〈 3・4年次 〉
 ゼミ合宿では、日頃の研修活動の成果を発表し合い、活発な意見交換を図っています。発表後に開催される懇親会は、お互いの健闘を讃えあう楽しいひと時です。
卒業研修報告会 〈 4年次 〉
卒業研修報告会 〈 4年次 〉
 ゼミの担当教員の指導のもと、自分自身で課題を設定し、1年間かけて卒業研修に取り組みます。最終報告会では各自の卒業研修成果を発表し、お互いの見識を深めます。

私の学びStyle

滝口 伊織 さん
滝口 伊織 さん [ 2年 ]
山形県╱山形県立天童高等学校卒業
将来はITエンジニアになるのが目標です。
 IT関連の専門技術を基礎から学ぶことができるこの学科で、いまはパソコンの仕組みや基礎的なプログラミング、ネットワークの構築について学んでいます。特にがんばっているのは、プログラミングに関する授業。将来はITエンジニアになるのが目標です。

時間割(2年次後期)
時間割

ある1日のスケジュール
ある1日のスケジュール

 昼休みはお気に入りの学食に行きます。量が多いのに値段が安く、しかもメニューが新しくなったことで選択肢が増えて、ますます好きになりました。