文字サイズ
大学院

健康社会システム研究科-健康福祉専攻

従来の領域を学際的に統合し教育研究を展開。

 本専攻は、福祉社会の形成に必要な保健・医療・福祉に関する学術の理論及び応用を教授研究するとともに、高度の専門職性が求められる職業を担うための深い知識や卓越した能力を培い、健康福祉に関する高い学問的見識と研究能力を有する人材を育成します。


前期課程
修学年限2年 入学定員10名

取得学位 : 修士(健康福祉)
健康福祉の各分野にわたって広範な基礎研究を行い、学術形成および地域社会適応について研究します。

〈 前期課程の主な科目 〉
理学療法研究法
作業療法学特論
障害科学論
言語聴覚学研究法Ⅰ・Ⅱ
感覚機能病態論
保健福祉システム論
健康長寿科学特論
現代医療看護学特論 他
後期課程
修学年限3年 入学定員2名

取得学位 : 博士(健康福祉)
前期課程で修得した学術研究をさらに進め、他大学院とも連携して、医療福祉・社会制度・地域社会問題を踏まえた「長寿科学」「抗加齢学」「子どもの広範性発達障害」といった専門領域の研究を行います。

〈 後期課程の主な科目 〉
リハビリテーション科学特別講義
保健福祉科学特別講義
感覚器情報処理特別講義
健康福祉科学特別演習
共通科目地域活性システム論  医療情報関連法  健全都市環境形成論  快適・健康住環境論
学際領域臨床運動学特別講義  福祉工学特別講義

Graduate student interview

健康福祉専攻/修了 冨澤 義志 さん
健康福祉専攻/修了
冨澤 義志 さん

研究の方法論を深く学ぶことができます
健康福祉専攻は、保険・医療・福祉に関する高い学問的見識を養い、健康で活力ある地域社会に向けて研究を行っています。本大学院は深い知識や能力を培えるだけでなく、研究の方法についても基礎から徹底して学ぶことができる環境が整っています。授業を通して学んだ研究の進め方やデータの取り方、処理の仕方などは、とても実践的で役立つものでした。私は、臨床で研究を行うことのできる理学療法士を目指しています。そして、将来は仕事を通して社会や地域に貢献していきたいと思っています。EMB(evidence-based medicine根拠に基づいた医療)が重要視されている現在、理学療法士にとって研究は必要なことです。大学院で一緒に基礎から学びましょう。