文字サイズ
大学院

納付金


博士課程 前期2年の課程
専攻健康福祉専攻生活環境情報専攻
納入項目前期後期前期後期
1年次入学金
200,000
-
200,000
-
授業料
400,000
400,000
400,000
400,000
施設設備費
150,000
150,000
150,000
150,000
実験実習費
100,000
100,000
100,000
100,000
合計
850,000
650,000
850,000
650,000
1,500,000
1,500,000
2年次授業料
400,000
400,000
400,000
400,000
施設設備費
150,000
150,000
150,000
150,000
実験実習費
100,000
100,000
100,000
100,000
年計(年額)
1,300,000
1,300,000
総計
2,800,000
2,800,000
(単位:円)

博士課程 前期3年の課程
専攻健康福祉専攻生活環境情報専攻
納入項目前期後期前期後期
1年次入学金
200,000
-
200,000
-
授業料
400,000
400,000
400,000
400,000
施設設備費
150,000
150,000
150,000
150,000
実験実習費
100,000
100,000
100,000
100,000
合計
850,000
650,000
850,000
650,000
1,500,000
1,500,000
2年次以降授業料
400,000
400,000
400,000
400,000
施設設備費
150,000
150,000
150,000
150,000
実験実習費
100,000
100,000
100,000
100,000
年計(年額)
1,300,000
1,300,000
総計
4,100,000
4,100,000
(単位:円)

修学サポート

大学院奨学生制度

本学の大学院生を対象とした奨学生制度です。

本制度に申請を行った方の中から、奨学生推薦候補者に選考された方に

博士課程前期課程は年額60万円
後期課程は年額100万円

を給付します。

日本学生支援機構奨学金返還免除候補生の推薦

大学院で第一種奨学金の貸与を受けた方の3割を上限として、在学中に特に優れた業績を挙げた方を対象に、貸与期間終了時に奨学金の返還を免除することができる「特に優れた業績による返還免除制度」が利用できます。

特に優れた業績による返還免除
(外部サイト:日本学生支援機構)

国際学会参加に対する補助

本学大学院で博士課程後期課程に在学する方が、自著の研究論文を国際学会において発表する際にかかる、交通費等の一部の経費を補助するものです。

ただし、
国内会議の場合は上限7万5千円
国際会議の場合は15万円

を上限とします。

働きながら学べる昼夜開講

働きながら学ぼうとする方に向けた、「昼夜開講」は昼間にも夜間にも開講する制度です。

授業時間は、昼間(1~5限;9:10~18:10)、夜間(18:20~21:30)です。

一部を除き、働きながら通う人のために平日夜間と週末だけで修了できるように科目を配置しています。
夜間開講で学ぶことはもちろん、昼間と夜間の授業を組み合わせることで、仕事を続けながら大学院に通うことが可能です。

教育訓練給付制度

健康福祉専攻ナースプラクティショナー養成分野を希望する方は、教育訓練給付制度がご利用いただけます。
詳しくはハローワークのサイトをご確認ください。

一般教育訓練の教育訓練給付制度の支給手続きについて(外部サイト:ハローワーク)