文字サイズ
工学部 臨床工学科
工学部 臨床工学科

学習の流れ

主な授業科目

電気工学実験
電気工学実験
電圧計、電流計、低周波発振器、オシロスコープなどを使用して医療機器の原理について理解します。使用する計測装置の原理・構造、商用交流電源の性質等について実験を通して学びます。
臨床工学セミナー
生命の尊厳、医の倫理、チーム医療で期待される役割、臨床工学技士としての責任・心構え・習慣などについて、臨床工学技士の講話、ビデオ鑑賞、病院見学を基に、講師と学生が対話・討論しながら理解を深めます。
人体の構造と機能Ⅰ・Ⅱ
人体の構造と機能Ⅰ・Ⅱ
様々な身体感覚の情報を統合して、運動を起こす動物的機能と、食物からエネルギーを変換したり、ウイルスなどから身体を防衛する植物的機能。この講義では人体の持つそれぞれの構造と機能について一つひとつ理解を深めます。
基礎医学実習
基礎医学実習
 臓器モデルのスケッチ、血球等の顕微鏡観察、血圧測定機器の原理の確認、さらには筋肉や神経系の機能を計測する装置を用いた実習を行います。様々な医療機器の特徴を活かし、人体の機能について理解を深めます。
時間割例(3年生前期)
1時限

公衆衛生学ホームルーム
MEセミナー
生体物性工学医用機器安全管理学Ⅰ
2時限
基礎呼吸療法装置学システム工学人工知能概論基礎体外循環装置学
3時限
医用治療機器学Ⅱ画像診断装置学医学英語臨床医学総論血液浄化技術学実習
4時限
看護学概論医用治療機器学実習血液浄化技術学
5時限

先輩からのメッセージ

サンプル画像
実績のある本学で専門知識をしっかりと身につけたい
田口 愛菜さん 3期生
秋田県/秋田県立大曲高等学校 出身

 医療の現場で求められている臨床工学技士は、やりがいのある仕事です。授業では人体の構造等の医学的知識や電気等の工学的知識を学んでいます。特に臨床工学技士の方から実際に話を聞いたり、チーム医療での臨床工学技士の役割について学ぶ臨床工学セミナーが興味深いです。
 体外循環技術学実習や呼吸療法技術学実習では、自分たちで実習方法を決めて行うので理解が深まります。本学は実績もあり、サポート体制も心強く感じています。将来は臨床工学技士として人工心肺業務に携わりたいと考えており、専門的な知識をしっかり身につけていきたいです。
サンプル画像
現場の生の声を聞ける授業
国家試験や資格取得に向けた手厚いサポートも魅力

土門 舞桜さん 3期生
宮城県/仙台市立仙台青陵中等教育学校 出身

 実際に臨床現場で働いていた経験のある先生が多く、普段の授業で現場の生の声を聞く機会がたくさんあるのは想像以上でした。専門科目の内容を覚えるのが大変だと感じていましたが、疑問や質問があると分かるまで先生が細かく丁寧に教えてくださるので、難しい内容でもその場で理解できます。
 国家試験に関しても覚えるべき重要なポイントを押さえながら教えてもらえますし、各種資格取得に向けた手厚いサポートもあります。恵まれた学習環境に身を置くことで、自然と学ぶ意欲が高まっています。

トピックス

チューターによる学習指導

不得意科目を1対1でサポートチューター制度
 学生個人の不得意科目の学びを1対1でサポートするのがチューター制度です。チューターには同学年もしくは上級生が担当し、互いに都合の良い時間に学習の補助にあたります。チューターも他者を教えることで自身の学びにつながり、自主性や責任感を養う機会になります。

チューター制度

グループ学習

一緒に学ぶ一体感が、勉強への集中力も養います。
 臨床工学科の学びは、工学から医学に至るまで幅広いのが特徴です。そこで、つまずきを解消するために設けられているのが、「グループ学習」の機会です。集まることが可能な時間帯とグループ学習への参加の意思を考慮して、5名程度のグループを学科長が決定。すべての科目の中から、任意で勉強する科目を決め、お互いに足りないところを教え合ったり、復習や予習、課題を一緒に行います。クラスの一体感が醸成され、通常授業への集中力も高まります。

グループ学習