文字サイズ
科学技術学部 建築環境学科

学びの特色・進路目標・学科長メッセージ

医療・福祉・健康などの視点で建築環境を探求し、
建築デザイン・健康インテリア・建築設備を総合的に学び、
人の健康に配慮した建築物と住まい方を提供できる人材を育成する。

アドミッションポリシー[ 学科が求める人物像 ]
  • 「知識・理解」…建築環境分野の基礎から応用まで広く深く学びたい人。
  • 「思考・判断」…物事を多面的かつ理論的に考えようとする人。
  • 「技能・表現」…自分の考えを的確に表現し、伝える努力を惜しまない人。
  • 「関心・意欲・態度」…身近な住環境に問題意識を持ち、具体的な環境改善に意欲がある人。
  • 「求める学習経験」…文系・理系志向を問わず、建築環境分野を学ぶための基礎的な学力を有している。

目標とする資格・活躍の場

目標とする資格
建築士(一級・二級・木造) 
インテリア設計士
インテリアプランナー 
福祉住環境コーディネーター
建築CAD 検定資格 
管工事施工管理技士(1級・2級)
建築施工管理技士(1級・2級) 
宅地建物取引士
健康住宅アドバイザー 
シックハウス診断士
環境社会検定試験(eco 検定)
インテリアコーディネーター など
活躍が期待される主な職場
建築設計事務所 
設備設計事務所
建設会社 
建築設備会社 
ハウスメーカー
建物物販会社 
建材・インテリアメーカー
設備機器メーカー 
建物管理会社 
官公庁 
大学院進学 など

学科からのメッセージ

健康快適な建築物の創り方を学びます。
 本学科は建築とインテリアの専門家を育成する学科です。最新の知識を持ち、健康・快適に建築する職能を育成します。また、本学の特色として専門科目学習のためのアクティブラーニングを充実。設計・施工の「建築士」、美的・快適にする「インテリアコーディネーター」、建築物の水、空気、電気にかかわる「建築設備士」など、どれも時代が求める専門家です。優れた教員スタッフとともに研鑽し、社会に役立つ専門家になりましょう。
建築環境学科 野﨑 淳夫 教授
建築環境学科
野﨑 淳夫 教授



学位:博士(工学)
出身校等:日本大学大学院
その他の活動:
(社)室内環境学会評議員 東北支部長、日本臨床環境医学会理事、日本建築学会賞(論文)

学びの特色

1. 健康建築のクリエイターを育てる専門コース
 今後、必要性が増す健康建築や病院・福祉施設などの設計施工技術を総合的に学びます。3年次に3つのコースから選択。専門性を高めます。
 建築デザインコース:建築設計競技(コンペ)で活躍する空間提案力の高い設計士を育成。
 健康インテリアコース:健康住宅に詳しい二級建築士、インテリアコーディネーターを育成。
 建築設備コース:実績と他大学にない豊富な専門科目で建築設備士、施工管理技士を育成。


2. 充実の教育プログラム

 丁寧な基礎教育と充実の専門教育を実施。基礎的な理数系科目指導で文系学生にも対応。ゼミ形式で見学や実験、設計を体験的・実践的に学ぶ環境を整え、さらに、就職・資格取得指導にも力を入れており、全コース高い進路決定率(平成19年から28年に95~100%)を実現しています。


3. 在学中の資格取得対策

 資格取得対策として特別講義を開講し、在学中に取得可能な資格にチャレンジ。専門スキルを磨き、卒業後の進路を支援します。