文字サイズ
医療福祉学部 リハビリテーション学科・理学療法学専攻

学科長メッセージ

理学療法の領域は、障害予防や学校保健、ウイメンズヘルスなどにも広がっており、働く人の身体ケアを司る役割も担っています。

従来にも増して理学療法士の活躍の場が広がる中、本学では1年次から医療人としての素養を築く教育に取り組んでいます。

特色は、豊富な演習・実習を通して実践的な問題解決能力を養うカリキュラム。目の前にある一つひとつの仕事を地道にこなし、科学的根拠をもって理学療法に取り組むことのできる理学療法士を育てます。

人を理解し、より良い方向に導くマインドを持つ学生との出会いを待っています。

小林 武 教授
理学療法学専攻
小林 武 教授


学位:博士(障害科学)
出身校等:東北大学大学院
その他の活動:
日本理学療法士協会東北ブロック協議会学術局員

アドミッションポリシー[ 求める学生像 ]

■「知識・理解」…高校で学習する国語、英語、数学、理科の基礎学力を有する人
■「思考・判断」…広い視野から考え、判断することができる人
■「技能・表現」…人との関わりを大切にし、様々な意見を受け入れながら、自身の考えを表現できる人
■「関心・意欲」…保健・医療・福祉に関心があり、理学療法士になろうとする強い気持ちを持っている人
■「態度」…あらゆることに能動的に取り組むことができる人。
■「求める学習経験」
・身体の仕組みを理解する基礎として「生物」あるいは「化学」、運動を理解する基礎として「物理」を学習していることが望ましい。
・理学療法士の仕事について、見たり、聴いたり、調べたことがある。