文字サイズ
医療福祉学部 リハビリテーション学科・理学療法学専攻

学習の流れ

1年次

一般教養と基礎科目を中心に学び、社会人として、理学療法の基礎を修得します。

2年次

専門基礎科目、専門科目を中心に学び、理学療法の知識・技術を修得します。

3年次

専門科目を通し、より深い知識を学び、臨床実習を通した実地能力を修得します。

4年次

4年間の集大成として、長期の臨床実習、研究活動を実施します。

主な授業科目

運動記述演習
運動記述演習
 ヒトの運動・動作を再建する理学療法学。その根幹が身体運動学です。本講義は演習を中心に構成されており、姿勢の動作・分析の視点で“ 姿勢” を観察・表現することで、身体運動学の奥深さを学びます。
内部障害系理学療法演習
内部障害系理学療法演習
 循環器、代謝(糖尿病など)、呼吸器の疾患を対象に、病気の成り立ちとそれに対する理学療法を学習。さらに心電図や呼気ガス分析装置などを用いてヒトの生体反応を観察し、臨床現場で必要な知識と評価方法も学びます。

脳・神経障害系理学療法演習
脳・神経障害系理学療法演習
 理学療法士が臨床にて対面する頻度の高い脳卒中や神経障害に対する評価や介入方法を学びます。また、臨床実習前には、実際に脳卒中を発症した方にご協力いただいて理学療法技術を実践する講義も組んでいます。
理学療法学総合演習
理学療法学総合演習
 臨床実習Ⅱに備え、様々な疾患や障害に対して、適切な理学療法検査測定を習得します。臨床実習Ⅲを履修した4年生を模擬患者として、3年生が理学療法検査測定を実施します。

臨床実習

臨床実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
医療機関または介護老人施設などで、1 施設につき学生1~2 名で見学や体験実習を行う臨床実習。実習終了後には報告会を実施します。

●臨床実習Ⅰ(2年次)/医療機関や介護老人施設を対象に2週間
●臨床実習Ⅱ(3年次)/医療機関を対象に6週間
●臨床実習Ⅲ(4年次)/医療機関を対象に10週間

学外実習

臨床実習

メッセージ[吉田 美咲 さん 青森県╱三本木高等学校卒業]

在学生メッセージ
中学生の頃に怪我をした経験から、将来誰かの役に立ちたくて東北屈指の理学療法士の輩出率を誇るこの学校に入学を決めました。

一年次では多くの科目を自分で選択して、医療分野以外のことも学ぶことができます。
一年次後期からは医療の専門的な授業が多くなってきましたが、分からないことは授業中や授業後に先生の研究室に伺って聞いています。

さらにSAという学年担当の先生がいることで個人的な相談事などもしやすく、先生と学生の距離が近いことも魅力です。

4年生になると、長期の臨床実習や卒業研究の他にも就職活動や国家試験がありますが、準備をしっかりして仲間と共に乗り越えていきたいです。

メッセージ[高松 克成 さん 宮城県╱東北学院榴ヶ岡高等学校卒業]

在学生メッセージ
高校時代に理学療法士である叔母の仕事を見学する機会があり、とてもやりがいのある仕事だと思いこの道に進むことを決めました。

今は日々の大学での学習や臨床実習で一生懸命に学ぶことできており非常に充実しています。

将来、患者様の願いを1つでも多く叶えられる理学療法士になれるよう、一層頑張りたいと思います。