文字サイズ
工学部 知能情報システム学科
工学部 知能情報システム学科

学習の流れ

サンプル画像

知能と情報をしっかり学ぶ2分野

2025年度から本学科は新たな2分野を設定します。高校における学習内容によらず知能と情報についてしっかり学ぶことができます。

マルチメディア・知能ロボット分野

 マルチメディア応用のための映像・音響情報処理技術、ウェブデザイナー、デジタル情報処理技術者になるための専門技術について学びます。加えて、ロボット工学、手術ロボットの制御などに必要な知識、生産設備機器の保守管理を行うための高度な専門技術についても学びます。

データサイエンス・情報ネットワーク分野

 数理統計、データ処理といった学術的な知識とプログラミングスキルを学び、膨大なデータから有用な知見を導き出し新たな社会的な価値を作り出す技術を学びます。更に、コンピュータやネットワークを安全・便利に利用するための基本技術、ネットワーク社会の広い分野で活躍するための応用技術についても学びます。

カリキュラム

下記画像をクリックするとカリキュラム詳細(PDF)開きます
※2025年度から開始するカリキュラムとなります。

主な授業科目

プログラミング基礎演習 Ⅰ・Ⅱ

プログラミング基礎演習 Ⅰ・Ⅱ
 コンピュータを動かすために必須であるプログラミングの基礎を学びます。演習を通して実践的な論理的思考力も高まります。教員だけでなく4年生の先輩も随時質問に対応するので、初心者でも細かい指導を受けることができ安心です。

人工知能

サンプル画像
 人間と同等の知能をコンピュータ上に実現させることは大きな夢ですが、最近ではデータ分析に大きく役立っています。主な人工知能技術の長所・短所を理解し、人工知能システムを構築する際に適切な手法を選択する能力を修得します。

機械CAD

 機械製図に必要な技能と、図面を描くために必要な製図の知識を習得し、図面表現手法を学びます。また、CADの基本的な操作を習得し、CADを用いた設計・製図を行い、機械設計について学びます。

実習紹介

卒業研究

 卒業研究では自ら問題を提起し、解決方法を考え、結果の理解を伝えるというプロセスの中で学んだ知識を深めます。
 卒業研究を通し社会の流動化や国際化に対し、知識と技術を活かして貢献できる人材を育てます。
 特に技術者に求められる「解析⇒設計・デザイン⇒要件充足⇒プレゼンテーション」というプロセスを卒業研究で実践し、問題解決の手法を身につけます。

ネットワークシステム演習

 インターネットをはじめ、コンピュータネットワーク上で様々なサービスを実現するためには、ネットワークおよびネットワークシステムを正しく構築・管理・運用することが重要です。「ネットワークシステム演習」では、サーバの管理・設定の実習を通して、種々のインターネットサーバと利用するプロトコル(コンピュータ同士で通信するために必要な手順のルールのこと)、ウェブとクライアントサーバ構成、ネットワークセキュリティの原理と設定など、システム管理者およびネットワーク技術者としての基本技術を学びます。