文字サイズ
工学部 知能情報システム学科
工学部 知能情報システム学科

学びの特色

コンピュータの基礎をハードウェアからソフトウェアまで幅広く学び、多様な応用技術に挑む、最先端テクノロジーのパイオニアを育てます。

アドミッションポリシー[ 学科が求める人物像 ]
  • 「知識・理解」…知能情報システム分野の基礎を広く深く学びたい人。
  • 「思考・判断」…地域社会、未来社会に貢献したい人。
  • 「技能・表現」…知能情報システムの多彩な応用分野を広く深く学びたい人。
  • 「関心・意欲・態度」…人間力を高め、社会人基礎力を養い、魅力ある人生を創造したい人。
  • 「求める学習経験」…コンピュータや情報技術への興味・関心を持つに至る学習経験を有している。

学びの特色

1. 文系・理系の枠を超えた「情報」学習
 情報技術の基礎はもとよりマルチメディア、情報通信、ロボティクスなどの最新の技術を身につけ、実践力と柔軟な発想力を養います。
 2つの専門分野を設け、一人ひとりの興味や関心、将来の目標に合わせて体系的に学びます。

2. 選べる資格取得プログラム

 国家資格である「ITパスポート」や「基本情報技術者」の資格をはじめ、自分のスキルに合わせて受講できるプログラムを多数開講。
講義、実習内容がそのまま資格試験の対策になるため、効率良く、効果的に学べます。

3. キャリア教育と就職サポート

 学生の弱点を補い、得意分野を伸ばすことを目的に1年次から4年次まで「キャリア形成科目」を設置しています。
これは、就職活動で力を発揮する実用レベルの技術力を養い、それを証明する資格取得を目指すものです。
  • 「特別講義」
    学生に「気づき」を与え、職業意識を高めます。
  • 「キャリアアップ」
    資格取得の支援、就職活動のノウハウ、有識者やOB・OGによる講演などを実施します。
  • 「キャリアデザイン」
    しっかりとした職業観を養います。

特徴的な取り組み

大学生の学習に効果的な TA (Teaching Assistant)制度

大学生の学習に効果的な TA (Teaching Assistant)制度
 上級生が下級生に対して講義や実験などの教育補助を担う取り組みは、下級生にとって学習サポートとなるとともに、上級生の学びの振り返りや研究の深度を深めるいい機会となります。 
学生が幅広い知識と応用力を身につけスペシャリストとなるためには、個々のニーズに合わせた細かな教育サポートが欠かせません。これらの環境の中で学生たちは、自ら調べ考えようとする学修の姿勢が築かれていきます。

ものづくりと研究の面白さを体験する基礎セミナー

ものづくりと研究の面白さを体験する基礎セミナー
 1年次にものづくりと研究の面白さを体験してもらうため、週1回、教員の助言・指導の下で研修を行っています。答えが準備されていない課題について自ら問題を発掘し、その解決を図ることに主眼を置き、着想力や創造力を開花させるために必要な多くのことを経験します。
 学科教員全員による少人数教育が基本ですが、クラス全員による共同作業や意見交換会・ディベート、発表会なども行われます。

目標とする資格

ITパスポート(国家試験)
職業人として備えておくべき基本的なコンピュータ関連の知識を測る試験です。

基本情報技術者(国家試験)
試験範囲が広く、コンピュータ全般の知識とネットワークやデータベースの知識、さらにソフトウェア開発に必要なプログラミング能力を測る試験です。

その他の資格
マイクロソフト オフィススペシャリスト(MOS)
エンベデッドシステムスペシャリスト 
シスコ技術者認定
ネットワークスペシャリスト 
応用情報技術者
データベーススペシャリスト 
情報処理安全確保支援士 など

将来の主な進路

情報通信・ネットワーク関連企業
情報サービス産業
ロボット産業関連企業
一般企業 など