文字サイズ
工学部 臨床工学科
工学部 臨床工学科

古林 俊晃 教授

TOSHIAKI FURUBAYASHI

■職種・資格
生理学エデュケーター(日本生理学会)

■学歴・学位
福島県立医科大学大学院医学系研究科(博士課程) 医学博士

■職歴
東京大学医学部附属病院神経内科研究員
東北文化学園大学医療福祉学部(2010.4 - 2016.3)
東北文化学園大学大学院健康社会システム研究科(2014.4 -)
東北文化学園大学科学技術学部 教授 副学科長(2016.4 -)
臨床工学科設置準備室室員 入学試験実施専門委員会委員長
教育支援センター長、Global Education Project 運営委員会委員長
研究倫理審査委員会(副委員長)、ProjectⅠ-輝けるもの運営委員会(2016.4 - 2018.3)
福島県立医科大学医学部神経内科博士研究員

■所属学会・役割
日本臨床神経生理学学会 日本生理学会 日本スポーツ精神医学会
日本体力医学会 日本運動生理学会 日本スポーツ心理学会

■担当科目
・人体の構造と機能Ⅱ 基礎医学実習(科学技術学部 臨床工学科)
・神経生理学(科学技術学部 知能情報学科)
・解剖生理学(医療福祉学部 看護学科)
・生理学Ⅰ 生理学実習(医療福祉学部 理学・作業療法学)
・神経系の構造・機能・病態(医療福祉学部 言語療法学)

■研究テーマ
ヒトの随意運動に関連する中枢神経系の機能の研究

■主たる論文・著書
〔論文〕
1. Nakatani-Enomoto S, Hanajima R, Hamada M,et al. Somatosensory-evoked potential modulation by quadripulse transcranial magnetic stimulation in patients with benign myoclonus epilepsy. Clin Neurophysiol. 2016;127:1560-67.
2. Matsuda S, Matsumoto H, Furubayashi T, et al. The 3-second rule in hereditary pure cerebellar ataxia: a synchronized tapping study. PloS One 2015;10(2)
3. Matsuda S, Matsumoto H, Furubayashi T, et al. Visual scanning area is abnormally enlarged in hereditary pure cerebellar ataxia. Cerebellum 2015;14:63-71
4. Matsuda S, Matsumoto H, Furubayashi T, et al. Top-down but not bottom-up visual scanning is affected in hereditary pure cerebellar ataxia. PloS One 2014; 9(12)
5. Nakatani E S, Furubayashi T, Ushiyama A, et al. Effects of electromagnetic fields emitted from W-CDMA-like mobile phones on sleep in humans. Bioelectromagnetics 2013;34:589-98
6. Furubayashi T, Mochizuki H, Terao Y, et al. Cortical hemoglobin concentration changes underneath the coil after single-pulse transcranial magnetic stimulation: A near-infrared
spectroscopy (NIRS) study. J Neurophysiol, 2013;109:1626-37
7. Groiss SJ, Mochizuki H, Furubayashi T, et al. Quadri-pulse stimulation induces stimulation frequency dependent cortical hemoglobin concentration changes within the ipsilateral motor cortical network. Brain stimul 2013;6:40-8

〔著書〕
1. 古林俊晃:精神障がい者とアダプテッド・スポーツ. 植木章三・曽根祐二・高戸二郎編 集. イラスト アダプテッド・スポーツ概論. 東京教学社. 2017
2. 古林俊晃, 宇川義一:大きな音のヒト大脳運動野に対する影響. 真野行生・辻貞俊編集. 磁気刺激法の基礎と応用. 医歯薬出版. 2005

学術論文:(原著)68 編,(短報)7 編,(総説)6 編, 著書:2編
学会発表:124 回, シンポジウム:14 回

■趣味・特技
山紫水明の地で、様々な音に触れ、温泉につかり、美味しいものを食すこと