文字サイズ
工学部 臨床工学科
工学部 臨床工学科

佐藤 秀隆 教授

HIDETAKA SATO

■所属
・東北文化学園大学大学院健康社会システム研究科 NP 養成分野教授
・東北文化学園大学工学部臨床工学科教授

■担当科目
・医学概論
・臨床医学総論Ⅰ~Ⅳ
・卒業研究
・内部障害系病学
・内科学
・病態治療学Ⅱ
・老年期病学
・その他

■学位
・医師
・医学博士(東北大学)
・Master of Medical Science (University of Newcastle, AUS)
・Master of Medical Statistics (University of Newcastle, AUS)

■専門分野
・内科学
・呼吸器内科学

■所属学会
・日本内科学会(総合内科専門医)
・日本呼吸器学会(専門医・指導医)
・日本呼吸器内視鏡学会(専門医・指導医)
・日本結核・非結核性抗酸菌病学会(指導医)
・日本感染症学会(インフェクションコントロールドクター)
・日本肺癌学会
・米国内科学会(FACP)
・米国胸部疾患学会(FCCP)
・英国王立統計学会(Graduate statistician)
・その他

■主な論文
1) Sirbasku D.A., Pakala R., Sato H., and Eby J.E.(1991). Thyroid Hormone Dependent
Pituitary Tumor Cell Growth in Serum-Free Chemically Defined Culture. A New Regularoty Role for Apotransferrin. Biochemistry. 30, 7466-7477.
2) Sirbasku D.A., Pakala R., Sato H., and Eby J.E. (1991). Thyroid hormone regulation of rat pituitary tumor cell growth: A new role for apotransferrin as an autocrine
thyromedin. Mol. Cell. Endocrinol. 77, C47-C55.
3) Sato H., Eby J.E., Pakala R., and Sirbasku D.A. (1992). Apotransferrins from several species promote thyroid hormone-dependent rat pituitary tumor cell growth in iron- restricted serum-free defined culture. Mol. Cell. Endocrinol. 83, 239-251.
4) Eby J.E., Sato H., and Sirbasku D.A. (1993). Apotransferrin Stimulation of Thyroid Hormone Dependent Rat Pituitary Tumor Cell Growth in Serum-Free Chemically Defined Medium: Role of FE (III) Chelation. J. Cell. Physiol. 156, 588-600.
5) Sato H., Sirbasku D.A., and Eby J.E. (1991). Iron is deleterious to hormone responsive pituitary cell growth in serum-free defined medium. Mol. Cell. Endocrinol. 27A, 599-602.

■研究テーマ
・呼吸器疾患の研究(肺線維症、呼吸器腫瘍などの生化学的研究)、臨床疫学など

■出身地
・秋田県

■趣味
・読書
・スポーツ(昔、スキー、サッカー、夏場の登山)
・音楽鑑賞(学生時代はジャズ喫茶をはしご、中学時代 ブラバンでコルネットなど、今は音を出せないと思います

■好きな言葉
玲瓏同氣

■学生へ
Tomorrow will be better than today if you try hard today.

■E-mail
hisato○ce.tbgu.ac.jp(〇を@に置き換えて下さい)