文字サイズ
医療福祉学部 看護学科

ゼミ研究概要

庄子ゼミ〈看護学研究〉

庄子ゼミ
看護と介護の連携をテーマに研究
 看護学の基盤となる基礎看護領域の研究テーマは看護の概念や理論、看護の歴史、看護管理、看護技術、看護教育など、多岐にわたります。
庄子ゼミでは学生が興味を持ったテーマについて探求し、主体的に研究できるよう、研究指導を行っています。今年度は「新人看護師の離職」をテーマとし、学生と一緒に文献の読み合わせを行い、文献個々の課題となる点などに着目し、研究を進めています。
 私自身の研究テーマとしては看護と介護の連携に関する内容として、施設での看護師と介護福祉士との役割分担、業務内容の重複過程について焦点をあて研究しています。


庄子ゼミ

文献を正しく読むことで 実感できる学びの楽しさ

 文献検討は全ての研究の基本です。多忙な中でも1つひとつの文献をじっくり読むこと、「文献を読む」という研究の基本を学び、さらに従来分からなかったことが分かる学びの楽しさを学生に感じてもらいたいですね。

庄子 幸恵  准教授

卒業研究テーマをまとめ 就職活動に活かしたい

 卒業研究テーマは「新人看護師の早期離職に対する取り組みについて」。今回のテーマを通して各病院の新人看護師育成をしっかりと学び、就職活動につなげていきたいと思います。

青森県/八戸工業大学第二高等学校卒業

中村 望 さん[4年]

大槻ゼミ〈老年看護学研究〉

大槻ゼミ
高齢者と高齢者を取り巻く問題を研究
 病院や施設、在宅で疾患をもちながら生活(治療)している高齢者、地域で生活する高齢者を対象とするだけではなく、その方々をサポートする家族や関係職種との連携・協働も重要になります。老年看護学研究は退院支援、認知症、多職種連携、ターミナルケア、サクセスフルエイジングなど、多岐にわたる研究をしています。

大槻ゼミ

高齢化社会を支える一員として 現実的な問題への対応を学ぶ

 老いという未知の世界。想像力のアンテナを高く伸ばし、様々な研究を通して相手を思いやる気持ちを抱き、高齢者を取り巻く現実的な問題を理解し、高齢化社会を支える一員としての考えや行動を学んで欲しいですね。

大槻 久美 教授

数々な問題がある介護現場 その現状で役に立つ研究を

 看護をするうえで、自分の研究がどのように役立つのか考えながら研究しています。今後は要介護者の増加と介護者の高齢化により、老老介護が増加している現状に着目し、様々な課題に取り組みたいと考えています。

宮城県/聖ウルスラ学院英智高等学校卒業

佐藤 理恵子 さん[4年]