文字サイズ
医療福祉学部 看護学科

ゼミ研究概要

ゼミ紹介

作山ゼミ

作山ゼミ
高齢化・多死社会を迎え医療的ケア児や精神疾患を抱える人の地域移行がすすみ、「在宅看護」の重要性はますます高まっています。治療による回復をめざす「医学モデル」的な思考、暮らしの質を多様なアプローチで豊かにする「生活モデル」的な思考の両方が必要です。この両者を駆使できる「在宅看護」について追及していきます。
作山ゼミ
STUDENT
齋藤 莉子さん
4年(福島県 福島県立福島南高等学校出身)
高齢化が進む昨今、地域看護の必要性が重要視されています。内定をいただいた福島市内の病院では、ゼミの学びを活かして在宅の目線で臨床看護に取り組んでいきたいと思っています。

TEACHER
作山 美智子教授

私たちは地域調査において、健康自主グループや福祉祭りで様々な方々に出会いました。人は他者の人生に触れて変わります。活きた学修をたくさんしました。それを糧に羽ばたいてください。