文字サイズ
医療福祉学部 看護学科

就職実績 ※2019年3月卒業生

主な就職先
【青森県】十和田市立中央病院

【秋田県】秋田大学医学部附属病院/ 市立秋田総合病院/ 能代厚生医療センター/ 雄勝中央病院

【岩手県】岩手県立磐井病院/ 岩手県立胆沢病院/ 盛岡赤十字病院/ 花巻保健センター※

【山形県】山形大学医学部附属病院/ 米沢市立病院/ 公立置賜総合病院/ 鶴岡協立病院

【宮城県】東北大学病院/ 東北医科薬科大学病院/ 仙台市立病院/ 石巻市立病院/ 大崎市民病院/ 宮城県立がんセンター/ 宮城県立こども病院/ 国立病院機構仙台医療センター/ 公立黒川病院/ 公立刈田綜合病院/ 石巻赤十字病院/ 仙台赤十字病院/ 仙台厚生病院/JCHO 仙台病院/ 石巻市職員※ / 柴田町職員※ / 蔵王町職員※

【福島県】福島県立医科大学附属病院/ 南相馬市立総合病院/ 福島赤十字病院/ 福島県保健衛生協会※

【関東】東京女子医科大学病院/ 日本医科大学付属病院/ 国立国際医療研究センター病院/ 千葉大学医学部附属病院/ 自治医科大学附属さいたま医療センター 他

※印は保健師採用

卒業生紹介

東北医科薬科大学病院勤務

2017年看護学科卒業生
患者さんの退院後のことも考えて

在学中は病院だけでなく訪問看護施設や保健センターなど様々な分野で実習を行いました。その中で、疾患を持ちながら地域で生活している人の多さを実感し、退院後もその人らしい生活が行えるような看護をしていくべきだと思いました。

看護は教科書や手順通りではなく、その患者さんの状態や状況に応じた臨機応変な対応が求められますが、それを乗り越えた時の自身の成長が大きなやりがいにつながっています。

看護学科2017年度卒業 高橋 優果さん
(宮城県/宮城県石巻好文館高等学校出身)

仙台厚生病院勤務

仙台厚生病院(2015年 医療福祉学部 看護学科卒業  早坂 輝さん)
大学で看護職に欠かせない力を養う

国境なき医師団のように海外の紛争などで困っている人たちのためになりたいと思い、災害看護などの授業がある本学に入学。

男女混合で意見を出し合う演習を通して、看護職に必要不可欠なコミュニケーション能力が養われました。

現在は心筋梗塞や狭心症の患者さんに対して医師が行うカテーテル治療の介助を行っています。自分が治療に関わった人が元気になった姿を見られるのが、この仕事の醍醐味です。

看護学科2015年度卒業 早坂 輝さん
(岩手県/専修大学北上高等学校出身)

横浜南共済病院

2015年 医療福祉学部 看護学科卒業生
実習を通して看護師としての経験を積み
専攻以外の幅広い知識も吸収することができた


循環器内科、心臓血管外科、耳鼻咽喉科を担当する看護師として、手術前後の患者さんのケアを行っています。

東北文化学園大学には実習先が豊富に用意されており、私は臨床実習や老年期看護学実習に力を入れる中で将来に役立つ多くの経験を積むことができました。実習先で心が折れそうになったこともありましたが、その都度仲間が支えてくれました。専攻以外の科目を多く履修できたことで、幅広い知識を吸収できたことも大きな収穫です。

今後も患者さんに最も近い存在として何でも相談できる看護師を目指し、後輩への指導も大切にしていきたいと思います。

看護学科2015年度卒業 佐藤 莉愛蘭さん

宮城県立がんセンター

勉強と自分の時間を両立しながら
メリハリのある充実した4年間を過ごす


頭頸部外科・内科病棟で、主に手術患者さんと放射線や化学療法を受ける方に対して看護を提供しています。

学生時代は急性期看護に興味があり、手術の侵襲による体の変化に対する看護ケアを深く追究しました。周術期の体の変化について学んでいたことで、働き始めてから実際に結びつく場面が多く、自然と早めに予測・準備ができていると感じます。

大学では、思っていた以上に勉強と自分の時間を両立できました。国家試験の前になると先生方が学習時間を設けてくださったので、メリハリのある充実した4年間を過ごすことができました。

看護学科2013年度卒業 村上 茉里さん