文字サイズ
医療福祉学部 リハビリテーション学科・作業療法学専攻

就職状況

就職状況 ※平成31年(2019年)3月卒業生

主な就職先
医療生活協同組合やまがた/盛岡友愛病院/渡辺病院/石巻ロイヤル病院/真壁病院/坂総合病院/泉病院/国立病院機構いわき病院/東船橋病院/千葉秀心会/金上病院/松尾病院/総合東京病院/総合南東北病院/甲府城南病院/美山病院/石巻健育会病院/秋田県厚生農業協同組合連合会/大原綜合病院

就職状況 ※平成30年3月卒業生

主な就職先
石巻健育会病院/八千代リハビリテーション病院/気仙沼市立病院/袖ヶ浦さつき台病院/横浜新都市脳神経外科病院/宮城厚生協会/ハートフル川崎病院/西仙台病院/たすく(株)/公立刈田総合病院/中嶋病院/吉祥寺南病院/公立黒川病院/栗原市病院事業職員/札幌山の上病院/川崎田園都市病院/老健田尻ヶ丘ヘルシーケア/戸田中央リハビリテーション病院/大原綜合病院/東戸塚記念病院/岩手医科大学附属病院/山形ロイヤル病院/仙南病院/新庄徳州会病院/清山会医療福祉グループ/仙台徳州会病院/篠田総合病院/村上病院/石巻ロイヤル病院/三友堂病院/山形済生病院/国立病院機構 宮城病院/仙台総合病院/公立南三陸病院/明生リハビリテーション病院

※平成29年3月卒業生

主な就職先
仙台医療センター/仙台リハビリテーション病院/仙台東脳神経外科病院/仙台徳洲会病院/公立黒川病院/総合南東北病院/石巻ロイヤル病院/西仙台病院/イムス明理会仙台総合病院/三郷中央総合病院/八潮中央総合病院/山形済生病院/公立高畠病院/東船橋病院/医療法人泉整形外科病院/新庄徳洲会病院/こだまホスピタル/大原綜合病院/附属総合南東北病院/松戸リハビリテーション病院/メディカルコート八戸西病院/あさかホスピタル/吉川記念病院/真壁病院/彩の国東大宮メディカルセンター/国立八戸病院/国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター/内科 佐藤病院/あづま脳神経外科病院/保健医療・福祉施設あしかがの森あしかがの森足利病院/医療法人社団清山会/介護老人保健施設清風/介護老人保健施設池袋えびすの郷 ほか
業種別就職状況
業種別就職状況

卒業生紹介

総合南東北病院(2016年 医療福祉学部 リハビリテーション学科卒業 佐藤 玲奈さん)

病気における症状や評価などの学びが
患者さんに対する具体的な判断につながる。


患者さんにとって必要な生活動作を獲得するために評価とリハビリテーションを行い、生活の記録や入院中の様子をまとめた報告書も作成しています。

在学中は病気における症状や評価など、基本的な面に力を入れて学んでいました。患者さんの状態や現状を把握するためには評価が不可欠であり、改善度や不足しているものを具体的に判断する際に大学での学びが役立っています。

学生時代は勉強だけでなくたくさんのイベントを楽しみ、4年間が想像以上に早く過ぎていきました。当時の出来事は、すべてが一生忘れられない思い出となっています。

気仙沼市立病院(2003年 医療福祉学部 リハビリテーション学科卒業 小野寺 祥子さん)

チームワークが基本のリハビリテーションに
学生時代のグループワークなどが役立つ

回復期リハビリテーション病棟で自宅退院を目指す患者さんのサポートに携わり、患者さんやご家族の笑顔や感謝の言葉にやりがいを感じています。

リハビリテーションの基本はチームワークです。大学時代は、グループワークや学園祭などの行事でもチームワークが必要な場面がたくさんありました。その経験が現在の仕事に生きています。

講義、レポート作成、実習と、学生時代はとても忙しい日々でしたが、たくさんの友人や思い出も想像以上にできました。今でも時々、戻りたいと思うくらい充実した4年間を過ごせたと実感しています。

医療法人篠田好生会 篠田総合病院(平成29年度卒業 長岡 祐 さん)東海大学山形高等学校卒業

患者さんの生活を、人生をデザインする作業療法士の仕事

臨床実習の経験を活かせる脳神経外科のある病院に進みます。患者さんの入院期間だけではなく退院後も、その方らしい生活を、ひいては人生を送れるようにデザインし、サポートするのが作業療法士の仕事。邁進したい所存です。
樫村 友賀里 さん
公立黒川病院 勤務
樫村 友賀里 さん
作業療法学専攻[ 平成14年度卒業 ]
宮城県/宮城学院高等学校卒業
患者様の回復と後進の育成を大切に。

 回復期リハビリテーション病棟に勤務し、日々新しい知識を取り入れ、より良いリハビリを提供できるように努めています。患者様の回復が一番の喜びですが、主任という立場上、後輩の成長も同様にまた、嬉しく思います。今後は回復期セラピストマネージャーの資格を活かし、マネージメントの観点から患者様への貢献を目指していきます。
川村 正敏 さん
岩手県社会福祉事業団
岩手県立療育センター 勤務

川村 正敏 さん
作業療法学専攻[ 平成26年度卒業 ]
岩手県/岩手県立盛岡北高等学校卒業

子どもとそのご家族の笑顔が、仕事のやりがいです。

現在の仕事について
 日常生活動作や遊び、手や腕を使用しての道具の取り扱いなどが苦手な子どもに対して、それらの活動が習得できるように作業療法を行っています。子どもとそのご家族が「上手にできるようになった」と、笑顔になる瞬間が私のやりがいです。これからも一人ひとりを大切な存在として、成長を促すことができるよう、専門的なサービスを提供していきます。

大学時代を振り返って
 児童サークルに所属して、仙台七夕祭りの飾りをつくったことや、長期休暇には学童クラブの子どもたちの引率として、動物園などに行って一緒に楽しんだことが印象に残っています。集団で行動する場合の適切な指示や、誘導の仕方が身についたと思います。
阿部 翔太 さん
医療法人松田会
エバーグリーンイズミ 勤務

阿部 翔太 さん
[ 平成25年度卒業 ]
宮城県╱仙台市立仙台商業高等学校卒業
患者様の言葉にできないニーズを引き出せる作業療法士に。

現在の仕事について
 患者様やご家族様の思いを考えながら、日常生活動作の獲得など、患者様の目標を一緒に成し遂げることができたとき、この仕事にやりがいを感じます。患者様の言葉にできないニーズを引き出し、そこに対してアプローチできる作業療法士になっていきたいと、いつも思いながら仕事に臨んでいます。

大学時代を振り返って
 臨床実習や4年間の勉学を通して、ときには失敗を経験することもありました。しかし失敗したからこそ、気づくことがあり、学ぶことも多くありました。前向きに物事を考え、失敗しても修正して対応する力が身についたと思います。仲間とともに国家試験に向けて勉強したことや、学園祭などの行事に力を入れて取り組んだことなど、それによって、集団で行動する際の協調性が身についたと思います。