文字サイズ
医療福祉学部 リハビリテーション学科・作業療法学専攻
医療福祉学部 作業療法学専攻

学習の流れ

1年次

 作業療法士を目指す者としての人間形成と、作業療法の基盤となる知識を習得します 。
1年前期は基礎科目、専門基礎科目が中心の時間割となっています。 基礎科目は専門科目を学ぶ上で 、幅広い知識と科学的思考を養うための基礎を身につけます。
1年後期は専門基礎科目が増え、作業療法に関する 専門分野の 授業が増えていきます。 また、病気の基本的な特徴について学ぶ 臨床医学総論、作業療法場面において、対象者の診方について学ぶ作業療法評価学など作業療法に関する授業が少しずつ増えていきます。

2年次

 臨床医学を学ぶとともに、作業療法士の専門知識と技術を系統的に習得します。

2年次の時間割は専門基礎科目、専門科目が多くを占めています。専門基礎科目では、脳の病気について学ぶ神経障害系病学、心臓や肺などの病気や症状、検査法について学ぶ内部障害系病学など臨床場面で多くみられる病気について学びます。また、病気について学ぶことと平行して、専門科目では、身体の病気の治療法について学ぶ身体障害作業療法学、病気になった対象者に対する援助法を学ぶ日常生活活動学などの科目があります。

2年後期(2 月下旬ころ)には、2 週間の臨床実習Ⅰが始まります。

3年次

 より専門的知識・技術を学び、実践を通して作業療法士を目指す者としての資質を高めます。
3年次は専門科目が中心の授業となります。 生まれつき体や心に障害がある対象者に対する治療を学ぶ発達障害作業療法学実習や認知症やその症状の治療を学ぶ 、体の機能の低下を補うための福祉機器の使用や自助具の作成方法を学ぶ生活環境技術学などがあります。
3年後期(10~12月)には 10週間の実習が始まります。 

4年次

 4年次は地域作業療法学実習、臨床実習Ⅲ(5~7月頃)、作業療法実践特論・作業療法研究特論(卒業研究)、作業療法学特別演習(国家試験対策授業)のみとなります。作業療法学特別演習(国家試験対策授業)は国家試験合格を目指す科目であり、授業だけでなく、毎日、対策講義を行います。また、全国の養成校の受験生が受ける全国模試を10 回程度実施します。模擬試験の結果を分析し、弱点分野克服のための対策講義、得点が伸び悩む学生に対する個別支援なども実施します。

一戸 愛実さん3年(青森県/青森県立青森西高等学校 出身)

在学生メッセージ
作業療法士は観察のプロ。
目標に向かって技術も知識も高めていきたい


 高校時代、部活動で何度か怪我をして通院した際、患者様に寄り添う作業療法士を見て、率直にカッコイイと思ったのと障害を持つ人の日常生活をサポートしたいという思いから作業療法士に興味を持ちました。また、臨床体験施設見学で、作業療法士の方が会話の中で患者様の声の出方や表情に変わりがないかを見抜いていると知り、患者様に対する観察力に圧倒されました。実際に現場に行ったことで「これが私の目指している作業療法士なんだ」と大きな目標を確認し、今後の明確な目標を立てることができました。