文字サイズ
医療福祉学部 リハビリテーション学科・作業療法学専攻
医療福祉学部 作業療法学専攻

主な活躍の場・就職

作業療法学専攻の就職状況

 毎年、北海道、東北、関東地方を中心に全国から700件以上の求人があります。病院だけではなく、介護老人保健施設や福祉施設からの求人も増えています。日常生活の問題の改善や、生活の質の向上に作業療法士の知識、技術が必要とされています。

主な就職先

[北海道]
札幌山の上病院、札樽病院、札幌西円山病院

[青森県]
青森県立はまなす医療療育センター、八戸病院、メディカルコート八戸西病院、青森敬仁会病院、弘前脳卒中・リハビリテーションセンター、村上病院 ほか

[秋田県]
秋田県立リハビリテーション・精神医療センター、秋田県立脳血管研究センター、大仙市市立大曲病院、北秋田市民病院、杉山病院、今村病院、中通リハビリテーション病院、森岳温泉病院、大湯リハビリ温泉病院 ほか

[岩手県]
岩手病院、岩手県立療育センター、岩手医科大学附属病院、川久保病院、盛岡友愛病院 ほか

[宮城県]
宮城県立精神医療センター、宮城県リハビリテーション支援センター、宮城県拓桃医療療育センター(現、宮城県立こども病院)、石巻市立病院、気仙沼市立病院、仙台医療センター、宮城病院、公立黒川病院、西仙台病院、仙台総合病院、仙台リハビリテーション病院、石巻赤十字病院、坂総合病院、総合南東北病院、中嶋病院、真壁病院、医療法人松田会、こだまホスピタル、仙台富沢病院、介護老人保健施設せんだんの丘、介護老人保健施設なとり ほか

[山形県]
公立高畠病院、鶴岡市立湯田川温泉リハビリテーション病院、山形済生病院、山形さくら町病院、篠田総合病院、山形ロイヤル病院、三友堂リハビリテーション病院、介護老人保健施設さくらパレス、セカンドハウス彩祐結 ほか

[福島県]
福島県立矢吹病院、福島病院、いわき病院、星総合病院、総合南東北病院、南東北福島病院、太田西ノ内病院、太田熱海病院、竹田綜合病院、大原綜合病院、福島第一病院、あづま脳神経外科病院、介護老人保健施設ヒーリング四倉、介護老人保健施設ナーシングケアセンター、福島整肢療護園 ほか

[関東など]
下総精神医療センター、東埼玉病院、総合東京病院、さがみリハビリテーション病院、横浜相原病院、横浜新都市脳神経外科病院、東船橋病院、ちば総合医療センター、埼玉医科大学病院、甲府城南病院、筑波記念病院、戸田中央リハビリテーション病院 タムス市川リハビリテーション病院ほか

広がる東北文化学園の輪

リハビリテーション学科作業療法学専攻の卒業生は、広いエリアで就職しています。
卒業後も東北文化学園大学のネットワークがあなたをサポートします。
作業療法学専攻就職状況マップ

就職活動について

主に就職活動は4年次からになります。4年次の4~5月にかけて、キャリアサポートセンターの方から、病院見学、就職試験などの就職活動に関わる全体の流れについて、説明を行なってもらっています。また、進路選択や就職活動に対する悩みや相談の支援、応募書類の添削指導、面接指導などを行なって頂いています。国公立病院など公務員試験対策講座も複数回にわたって開講されています。

リハビリテーション系合同就職説明会の記事

卒業生紹介

二木 理恵さん/株式会社リエンズ勤務・本学大学院 修了

対象者を人生の先輩として接する
作業療法士としての専門性を
大事にして高齢者への実践に生かす

 高校での職場体験で、実際に作業療法士として働かれている方を間近に見て、私もなりたいと思い作業療法士を目指しました。東北文化学園大学を選んだのは、当時は養成大学が少なく、県内で唯一だったからです。先生方は皆さん親身なって教えてくださり、実習や国家試験対策においても、たくさんサポートしていただき心強かったです。

 現在は看護小規模多機能居宅介護でのリハビリテーション業務を担当しています。その人それぞれの希望や価値観に合った生活の再開に向けた支援は大変ですがやりがいがあります。仕事をする上で大切にしているのは、高齢者領域の仕事なので、対象者を1人の人生の先輩として接する事を大事にしています。また、作業療法の専門性を介護やケアに活かせるよう、他職種と連携した実践を心掛けています。いま、将来の夢である専門作業療法士を目指し、本学の大学院で学んでいます。研究に携わり知識を深めているところです。

二木 理恵さん
株式会社リエンズ勤務・東北文化学園大学大学院 在籍(2007年度卒業)
宮城県/宮城県 第三女子高等学校(現 仙台三桜高等学校)出身

小野寺 祥子さん/気仙沼市立病院 勤務

チームワークが基本のリハビリテーションに
学生時代のグループワークなどが役立つ

回復期リハビリテーション病棟で自宅退院を目指す患者さんのサポートに携わり、患者さんやご家族の笑顔や感謝の言葉にやりがいを感じています。

リハビリテーションの基本はチームワークです。大学時代は、グループワークや学園祭などの行事でもチームワークが必要な場面がたくさんありました。その経験が現在の仕事に生きています。

講義、レポート作成、実習と、学生時代はとても忙しい日々でしたが、たくさんの友人や思い出も想像以上にできました。今でも時々、戻りたいと思うくらい充実した4年間を過ごせたと実感しています。

小野寺 祥子さん
気仙沼市立病院勤務(2003年度卒業)

長岡 祐さん/医療法人篠田好生会 篠田総合病院 勤務

患者さんの生活・人生をデザインする
作業療法士の仕事

臨床実習の経験を活かせる脳神経外科のある病院に進みます。患者さんの入院期間だけではなく退院後も、その方らしい生活を、ひいては人生を送れるようにデザインし、サポートするのが作業療法士の仕事。邁進したい所存です。

長岡 祐さん
医療法人篠田好生会 篠田総合病院 勤務(平成29年度卒業)
山形県/東海大学山形高等学校出身

樫村 友賀里さん/公立黒川病院勤務

患者様の回復と後進の育成を大切に

回復期リハビリテーション病棟に勤務し、日々新しい知識を取り入れ、より良いリハビリを提供できるように努めています。患者様の回復が一番の喜びですが、主任という立場上、後輩の成長も同様にまた、嬉しく思います。今後は回復期セラピストマネージャーの資格を活かし、マネージメントの観点から患者様への貢献を目指していきます。

樫村 友賀里さん
公立黒川病院 勤務(平成14年度卒業)
宮城県/宮城学院高等学校卒業出身


阿部 翔太さん╱医療法人松田会エバーグリーンイズミ

患者様の言葉にできないニーズを引き出せる作業療法士に

現在の仕事について
 患者様やご家族様の思いを考えながら、日常生活動作の獲得など、患者様の目標を一緒に成し遂げることができたとき、この仕事にやりがいを感じます。患者様の言葉にできないニーズを引き出し、そこに対してアプローチできる作業療法士になっていきたいと、いつも思いながら仕事に臨んでいます。

大学時代を振り返って
 臨床実習や4年間の勉学を通して、ときには失敗を経験することもありました。しかし失敗したからこそ、気づくことがあり、学ぶことも多くありました。前向きに物事を考え、失敗しても修正して対応する力が身についたと思います。仲間とともに国家試験に向けて勉強したことや、学園祭などの行事に力を入れて取り組んだことなど、それによって、集団で行動する際の協調性が身についたと思います。

阿部 翔太さん
医療法人松田会エバーグリーンイズミ 勤務(平成25年度卒業)
宮城県╱仙台市立仙台商業高等学校卒業