文字サイズ
医療福祉学部 リハビリテーション学科・作業療法学専攻

学習の流れ+実習紹介+私の学びStyle

カリキュラム

必修科目 選択科目
1年次2年次3年次4年次
一般教養と基礎科目を中心に学び、作業療法の基礎を修得します。専門基礎科目、専門科目を中心に学び、作業療法の知識・技術を修得します。専門科目を通し、より深い知識を学び、臨床実習を通した実地能力を修得します。4年間の集大成として、長期の臨床実習、研究活動を実施します。
基礎科目 英語Ⅰ
基礎運動学
統計・解析
生命倫理学
中国語
韓国語
健康科学
スポーツ実技
情報処理
現代史
文化人類学
心理学
哲学
法学概論
政治学
経済学概論
コミュニケーション論Ⅰ
数学
基礎物理学
基礎化学
基礎生物学
地球科学
地域文化論
現代国語表現
社会学
憲法
英語Ⅱ 情報科学
TBGU プロジェクトⅠ(輝けるもの)
TBGU プロジェクトⅡ(地域活動・ボランティア)
TBGU プロジェクトⅢ(人間形成)
TBGU プロジェクトⅠ(輝けるもの)
TBGU プロジェクトⅡ(地域活動・ボランティア)
TBGU プロジェクトⅢ(人間形成)
TBGU プロジェクトⅠ(輝けるもの)
TBGU プロジェクトⅡ(地域活動・ボランティア)
TBGU プロジェクトⅢ(人間形成)
TBGU プロジェクトⅠ(輝けるもの)
TBGU プロジェクトⅡ(地域活動・ボランティア)
TBGU プロジェクトⅢ(人間形成)
専門基礎科目 解剖学演習
解剖学Ⅰ・Ⅱ
身体運動学演習
生理学Ⅰ
臨床医学総論
リハビリテーション概論
救命救急学演習
運動制御論
身体運動学実習
人間生涯発達学
生理学Ⅱ/生理学実習
内部障害系病学
神経障害系病学Ⅰ・Ⅱ
骨関節障害系病学
精神障害系病学Ⅰ・Ⅱ
発達障害系病学
老年期病学/臨床心理学
リハビリテーション医学
看護・保健学概論
社会福祉概論
栄養学概論
医療経済論
臨床医学情報演習
保健医療福祉提携論
リハビリテーション心理
公衆衛生学
専門科目 作業療法概論
基礎作業療法学実習Ⅰ・Ⅱ
基礎作業療法学
作業療法評価学
作業療法評価学演習
基礎ゼミナールⅠ・Ⅱ
臨床体験Ⅰ・Ⅱ
作業療法評価学実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
作業療法実践論
身体障害作業療法学
身体障害作業療法学演習Ⅰ
発達障害作業療法学
精神障害作業療法学
生活技術学演習
生活技術学実習
臨床実習Ⅰ
作業療法ゼミナール
作業療法隣接領域論
作業分析学
作業分析学演習
作業療法実践論演習
身体障害作業療法学演習Ⅱ
発達障害作業療法学演習
精神障害作業療法学演習
認知障害作業療法学
老年期障害作業療法学
障害代償学
障害代償学実習
作業療法介入技術演習
地域作業療法学Ⅰ・Ⅱ
臨床実習Ⅱ
作業療法研究法
作業療法関連法規
臨床実習Ⅲ
作業療法特別演習
作業療法地域実践特論
作業療法研究持論

主な授業科目

基礎作業療法学実習Ⅰ・Ⅱ
 治療として実際に用いられている作業活動のうち、代表的な活動についての基本技術や道具の管理などを学びます。エコクラフトや革細工、陶芸など様々な作業活動を実際に経験することで、対象者の立場を考えながら作業活動のプロセスや意義、特性を学んでいきます。
生活技術学実習
生活技術学実習
 からだに障害があっても日常生活をできるだけ自力で行うにはどのような方法があるのかを考えます。授業ではさまざまな疾患による日常生活への影響について理解を深め、解剖学や運動学などの知識も使いながら、効率のよい動作の指導や生活環境の設定方法などについて実習形式で学びます。
障害代償学実習
障害代償学実習
 義肢装具、福祉用具、住環境整備の知識と活用の技術を学びます。義肢装具では義手の適合判定や切断者が義手を装着し使用するための操作方法について実習します。また手の麻痺や変形に対する裝具を作製します。障害があってもできるだけ自立した生活ができるような住宅改修や適切な福祉用具の選択と活用について実技を通して学びます。
作業療法評価学実習Ⅲ
作業療法評価学実習Ⅲ
 作業療法評価学実習Ⅲでは、障害者の就労支援およびそれに向けた評価と発達障害領域の評価について学びます。検査法を実際に行うなど実習に多くの時間を費やします。赤ちゃんに直接触れたことのない学生が多数なので、赤ちゃん人形を使って抱っこの仕方やおむつの替え方などの基本的なことを体験したうえで、検査の技法を学びます。

学外実習

学外実習

臨床体験Ⅰ・Ⅱ

 臨床体験は、保健・医療・福祉における領域で作業療法の見学や一部体験を行ないます。専門職を目指す学生としての自覚を養い、作業療法について知るための授業です。福祉施設でのボランティア実習と長期休業期間中には、学生自らが関心のある病院、施設を選択し、自ら依頼して作業療法の見学を行なっています。

現場での臨床体験を行う前後には授業を行い、
・接遇や職場マナー(挨拶、電話のかけ方、礼状の書き方など)
・車椅子の介助法
・ボランティア実習、施設見学後の報告書の添削指導、実習の振り返り
などを実施しています。

作業療法の見学や一部体験を通して
・専門職を目指すものとしての自覚を養う 
・作業療法の一部分を知ることができる
など身につけることができます。

臨床実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

臨床実習は、作業療法士として必要とされる様々な領域(身体、精神、老年期、発達)で行います。作業療法士の働く、様々なリハビリテーションに関連する病院や施設に実習に行くことにより作業療法士になるために必要な幅広い知識と技術を身につけます。本専攻では臨床実習前に実習に向けての準備を教員と一緒に行い、スムーズに臨床実習に臨めるような取り組みも行っています。

実習では社会人の一人として行動し責任を負うということが要求され、その経験が学生を社会人へと育てていきます。苦労をしながら実習を乗り越えて帰ってきた学生の顔には、経験を積んで目標を達成したことへの充足感と、実習に行く前に比べて人間として一回り成長した姿が見て取れます。それぞれの内容は次の通りです。

【臨床実習Ⅰ】

 2年生後期に2週間で行なわれます。
作業療法の概要と役割を学び、対象者を理解するために、面接や情報収集を実施し、評価計画を立案する実習です。また、実際に立案した評価の一部を経験します。実習終了後は、小グループでの報告会を行い、他領域の作業療法の役割や他疾患の評価計画についても聞くことができ理解が深まります。

この実習や実習後の報告会を通して
・実習施設におけるリハビリテーションの現状や作業療法の役割の理解
・対象者との適切な関係形成とコミュニケーション技術
・必要な評価計画を立案し、評価の意義の理解
など身につけることができます。

【臨床実習Ⅱ・Ⅲ】

 3年生後期、4年生前期にそれぞれ10週間で行われます。
 作業療法の一連の実践過程を経験する実習です。また、病院、施設の作業療法部門の業務を一部支援し、部門の管理運営についても経験します。実習後には小グループで担当させていただいた方の情報の共有や事例報告会用のレジュメのチェック、作業療法アプローチや評価の違いなどを学生同士で確認します。それらをもとに後日、事例報告会を行ないます。臨床実習Ⅱ・Ⅲでは、パワーポイントを用いて発表を行ないます。

・対象者の全体像を把握しながら作業療法の一連の過程を実施
・対象者の支援を行う上で必要となる他職種との連携
・職業人としての将来像の確立
などを身につけることができます。

 それぞれの臨床実習において、教員は実習施設に連絡をしながら実習の進行状況や学生の状況などを確認し、学生がよりよい実習を行えるよう支援をしています。
また臨床実習指導者との話し合いを通して、実習内容を一部修正したり、進行状況によっては経験内容を変更したり、学生に合わせた指導ができるよう、調整を行なっています。
特に臨床実習Ⅱ・Ⅲでは実際に臨床実習を行なっている病院、施設へ教員が訪問をし、上記の内容について、話し合いを行いながら進めています。

【臨床実習指導者会議】

 実習が始まる前に臨床実習指導者会議を開催しています。
臨床実習で指導者として関わっていただく作業療法士の方をお呼びして、実習の位置づけや到達目標、臨床実習の進め方等の説明をし情報共有をしています。また、指導者と学生との面談も行なっています。事前に臨床実習の指導者とお話をする機会を得ることで、学生は実習までの期間を有効に過ごすことができます。

【臨床実習前ゼミ】

 それぞれの実習前には領域ごと小グループに分かれて活動を行います。グループで計画を立てながら、評価の練習やこれまで習った知識や技術の確認などを行ないます。分からないところなどは授業担当の教員から再度教えてもらったり、参考書などを参照したりします。小グループでの活動になるため、授業ではあまり触れなかった臨床での出来事や経験を聞くことができることもゼミ活動のメリットの一つです。

 以前の臨床実習の形態は臨床実習Ⅰが2週間、臨床実習Ⅱ・Ⅲがそれぞれ8週間、計18週間でした。現在は、臨床実習Ⅰが2週間、臨床実習Ⅱ・Ⅲがそれぞれ10週間、計22週間となっています。臨床実習の形態を変更するにあたり、身体、精神、老年期、発達のそれぞれの領域で、十分に経験のある臨床実習の指導者の方を本学にお呼びして会議を開催しました。2013年(平成25年)に複数回の会議を行ない、指導者の先生方との話し合いによって発展的な意見をいただくことができました。大学が考え提案する臨床実習の進め方について指導者の先生の意見を伺い修正し、各領域の指導者の先生の考えも取り入れた実習形態となっています。
 数年後にはまたカリキュラムの改定が行われます。改定に伴い、臨床実習についても再度、指導者の方の意見を取り入れながら、学生と指導者、大学にとって有意義な実習になるよう、発展させていきたいと考えております。

私の学びStyle

山内 優果 さん
山内 優果 さん [ 2年 ]
宮城県/尚絅学院高等学校卒業
あらゆる方に必要とされる作業療法士になりたい
 高校時代、担任の先生から作業療法士という仕事を紹介されました。私の積極性や社交性を理解しての進言だったと思います。大学での授業で「私達の仕事は患者さんを選ぶのではなく、患者さんから選ばれること」と教えていただきました。理想の作業療法士を目指して勉強します。

時間割(2年次後期)
時間割例
遠藤 有紀 さん
遠藤 有紀 さん [ 3年 ]
宮城県╱宮城学院高等学校卒業
笑顔を引き出せる作業療法士を目指しています。
 心や身体に障害がある方にリハビリを行い、日常生活や社会生活への復帰ができるようにするための作業療法を学んでいます。先生方は、私たち一人ひとりに丁寧に指導をしてくださるので、わからないところをそのままにすることなく、理解を深めることができています。

時間割(2年次後期)
時間割例

ある1日のスケジュール
ある1日のスケジュール

 試験前に図書館で友だちと勉強するなどして、時間を有効に使っています。将来はお子さんや親御さんの笑顔を引き出せるような作業療法士になりたいです。