文字サイズ
医療福祉学部 リハビリテーション学科・理学療法学専攻

学習の流れ

カリキュラム

必修科目 選択科目
1年次2年次3年次4年次
一般教養と基礎科目を中心に学び、社会人として、理学療法の基礎を修得します。専門基礎科目、専門科目を中心に学び、理学療法の知識・技術を修得します。専門科目を通し、より深い知識を学び、臨床実習を通した実地能力を修得します。4年間の集大成として、長期の臨床実習、研究活動を実施します。
基礎科目 英語Ⅰ
基礎運動学
統計・解析
生命倫理学
中国語
韓国語
医学英語
健康科学
スポーツ実技
情報処理
現代史
文化人類学
心理学
哲学
法学概論
政治学
経済学概論
コミュニケーション論Ⅰ
数学
基礎物理学
基礎化学
基礎生物学
地球科学
地域文化論
現代国語表現
社会学
憲法
英語Ⅱ
医学英語
医学英語 医学英語
情報科学
TBGU プロジェクトⅠ(輝けるもの)
TBGU プロジェクトⅡ(地域活動・ボランティア)
TBGU プロジェクトⅢ(人間形成)
TBGU プロジェクトⅠ(輝けるもの)
TBGU プロジェクトⅡ(地域活動・ボランティア)
TBGU プロジェクトⅢ(人間形成)
TBGU プロジェクトⅠ(輝けるもの)
TBGU プロジェクトⅡ(地域活動・ボランティア)
TBGU プロジェクトⅢ(人間形成)
TBGU プロジェクトⅠ(輝けるもの)
TBGU プロジェクトⅡ(地域活動・ボランティア)
TBGU プロジェクトⅢ(人間形成)
専門基礎科目 解剖学Ⅰ・Ⅱ
身体運動学演習
生理学Ⅰ
臨床医学総論
リハビリテーション概論
救命救急学演習
運動制御論
身体運動学実習
人間生涯発達学
生理学Ⅱ
人体生理学実習
内部障害系病学
神経障害系病学Ⅰ・Ⅱ
骨関節障害系病学
精神障害系病学Ⅰ
発達障害系病学
老年期病学
臨床心理学
リハビリテーション医学
看護・保健学概論
社会福祉概論
栄養学概論
医療経済論
臨床医学情報演習
保健医療福祉連携論
リハビリテーション心理
公衆衛生学
専門科目 理学療法学概論
基礎セミナーⅠ・Ⅱ
理学療法学基礎演習
理学療法評価技術学演習Ⅰ
運動記述演習
理学療法評価技術学演習Ⅱ
運動動作分析演習
理学療法基礎治療学演習
脳・神経障害理学療法演習Ⅰ・Ⅱ
基礎セミナーⅢ・Ⅳ
臨床動作分析演習
体力評価演習
筋・骨格障害系理学療法演習Ⅰ
発達障害系理学療法演習Ⅰ
内部障害系理学療法演習Ⅰ
義肢装具学
物理療法学
臨床実習Ⅰ
理学療法学障害論
筋・骨格障害系理学療法演習Ⅱ・Ⅲ
発達障害系理学療法演習Ⅱ
脳・神経障害系理学療法演習Ⅲ・Ⅳ
内部障害系理学療法演習Ⅱ・Ⅲ
日常生活活動演習Ⅰ・Ⅱ
地域理学療法学Ⅰ・Ⅱ
義肢装具学実習
物理療法学実習
臨床実習Ⅱ
理学療法学総合演習
ハンドリング技術演習
理学療法計測演習
福祉領域セミナー
理学療法評価セミナー
医療統計演習
理学療法研究法演習
臨床実習Ⅲ
理学療法学特論
理学療法特別演習
学際領域特別講義

主な授業科目

運動記述演習
運動記述演習
 ヒトの運動・動作を再建する理学療法学。その根幹が身体運動学です。本講義は演習を中心に構成されており、姿勢の動作・分析の視点で“ 姿勢” を観察・表現することで、身体運動学の奥深さを学びます。
内部障害系理学療法演習
内部障害系理学療法演習
 循環器、代謝(糖尿病など)、呼吸器の疾患を対象に、病気の成り立ちとそれに対する理学療法を学習。さらに心電図や呼気ガス分析装置などを用いてヒトの生体反応を観察し、臨床現場で必要な知識と評価方法も学びます。

脳・神経障害系理学療法演習
脳・神経障害系理学療法演習
 理学療法士が臨床にて対面する頻度の高い脳卒中や神経障害に対する評価や介入方法を学びます。また、臨床実習前には、実際に脳卒中を発症した方にご協力いただいて理学療法技術を実践する講義も組んでいます。
理学療法学総合演習
理学療法学総合演習
 臨床実習Ⅱに備え、様々な疾患や障害に対して、適切な理学療法検査測定を習得します。臨床実習Ⅲを履修した4年生を模擬患者として、3年生が理学療法検査測定を実施します。

学外実習

臨床実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

 医療機関または介護老人施設などで、1 施設につき学生1~2 名で見学や体験実習を行う臨床実習。実習終了後には報告会を実施します。

●臨床実習Ⅰ(2年次)/医療機関や介護老人施設を対象に2週間
●臨床実習Ⅱ(3年次)/医療機関を対象に6週間
●臨床実習Ⅲ(4年次)/医療機関を対象に10週間

学外実習


臨床実習


私の学びStyle

宮里 奈々
宮里 奈々 さん
宮城県╱宮城県仙台東高等学校卒業
患者さんを一番に考える理学療法士をめざして
 高2 の時にテニス部で怪我をし、理学療法士のお世話になったことがきっかけで、この道に進みました。臨床現場の実習では、実際の患者さんと接し経験が深まりました。患者さんにとって最良の選択を考えられる理学療法士を目指しています。

時間割例(3年次前期)
時間割例