4年間の学習の流れ・カリキュラム・科目紹介

カリキュラム

必修科目 選択科目

  1年次 2年次 3年次 4年次
基礎科目 英語Ⅰ
中国語
韓国語
健康科学
スポーツ実技
情報処理
医学英語
英語Ⅱ
医学英語
医学英語 情報科学
医学英語
現代史
文化人類学
心理学
哲学
地域文化論
現代国語表現
生命倫理学
     
法学概論
政治学
経済学概論
コミュニケーション論Ⅰ
社会学
憲法
     
基礎数学
数学
基礎物理学
基礎化学
基礎生物学
地球科学
基礎運動学
統計・解析
     
TBGU プロジェクトⅠ(輝けるもの)
TBGU プロジェクトⅡ(地域活動・ボランティア)
TBGU プロジェクトⅢ(人間形成)
TBGU プロジェクトⅠ(輝けるもの)
TBGU プロジェクトⅡ(地域活動・ボランティア)
TBGU プロジェクトⅢ(人間形成)
TBGU プロジェクトⅠ(輝けるもの)
TBGU プロジェクトⅡ(地域活動・ボランティア)
TBGU プロジェクトⅢ(人間形成)
TBGU プロジェクトⅠ(輝けるもの)
TBGU プロジェクトⅡ(地域活動・ボランティア)
TBGU プロジェクトⅢ(人間形成)
専門基礎科目 解剖学演習
身体運動学演習
解剖学Ⅰ・Ⅱ
生理学Ⅰ
運動制御論
身体運動学実習
生理学Ⅱ
生理学実習
人間生涯発達学
   
臨床医学総論 内部障害系病学
神経障害系病学Ⅰ・Ⅱ
骨関節障害系病学
精神障害系病学Ⅰ
臨床心理学
リハビリテーション医学
発達障害系病学
老年期病学
臨床医学情報演習  
リハビリテーション概論
救命救急学演習
看護・保健学概論
社会福祉概論
栄養学概論
医療経済論
保健医療福祉連携論
リハビリテーション心理
公衆衛生学
 
専門科目 理学療法学概論
理学療法学基礎演習
  理学療法学障害論  
運動記述演習
理学療法評価技術学演習Ⅰ
運動動作分析演習
理学療法評価技術学演習Ⅱ・Ⅲ
臨床動作分析演習
   
  理学療法基礎治療学演習
脳・神経障害系理学療法演習Ⅰ・Ⅱ
筋・骨格障害系理学療法演習Ⅰ
発達障害系理学療法演習Ⅰ
内部障害系理学療法演習Ⅰ
義肢装具学
物理療法学
筋・骨格障害系理学療法演習Ⅱ・Ⅲ
発達障害系理学療法演習Ⅱ
脳・神経障害系理学療法演習Ⅲ・Ⅳ
内部障害系理学療法演習Ⅱ・Ⅲ
義肢装具学実習
物理療法学実習
日常生活活動演習Ⅰ・Ⅱ
 
    地域理学療法学Ⅰ・Ⅱ  
  臨床実習Ⅰ 臨床実習Ⅱ 臨床実習Ⅲ
臨床実習セミナー
セルフディベロプメント基礎演習
初年次セミナー
基礎セミナーⅠ・Ⅱ
夏季集中セミナー
情報リテラシー演習
基礎セミナーⅢ・Ⅳ 理学療法計測演習
理学療法学総合演習
地域理学療法セミナー
理学療法ケーススタディー演習
理学療法研究法演習
専門職連携セミナー
理学療法学特論
ハンドリング技術セミナー
理学療法特別演習

主な授業科目

運動記述演習

 ヒトの運動・動作を再建していく理学療法学の根幹となる学問は身体運動学です。それを身に着けるためには姿勢・動作分析の視点が必要不可欠です。本講義は演習を中心に構成されており、“姿勢”を観察・表現することで、身体運動学の奥深さを学ぶことができます。1年後期の開講となります。

内部障害系理学療法演習

 循環器、代謝(糖尿病など)、呼吸器の疾患について、病気の成り立ちとそれに対する理学療法を学びます。さらに心電図や呼気ガス分析装置などを用いて、ヒトの生体反応を観察し、臨床現場で必要な知識と評価も学びます。2年後期からの開講となります。

筋・骨格系理学療法演習

 理学療法士が臨床にて対面する頻度の高い変形性関節症や骨折、筋・腱損傷などに対する評価や介入方法を学びます。また、スポーツや外傷に対するテーピング技術や応急手当について、臨床で活躍されている理学療法士の集中講義も組んでいます。2年次より開講となります。

夏季集中セミナー

 夏季集中セミナーは宿泊型のセミナーです。理学療法士になるために社会で求められる知識や技術に加え、医療人としての態度や振る舞いを、集団生活を通して培うことを目的としています。また、自他共栄の精神を身に着け、チームで必要とされる医療者としての素養を養います。1年前期の開講となります。

学外実習

輝ける者を育む!東北文化学園大学
〒981-8551 宮城県仙台市青葉区国見6-45-1
TEL 022-233-3310
FAX 022-233-7941