文字サイズ
学校外観
現代社会学部 現代社会学科

教授 岡 惠介

岡 惠介
OKA Keisuke


■学歴
筑波大学大学院環境科学研究科修士課程修了
博士(文学)(筑波大学博乙第2264号)"

■教歴
1985年 岩泉町立権現小中学校 講師
1986年 岩泉町教育委員会 社会教育指導員
1987年 アレン国際短期大学 非常勤講師
1988年 アレン短期大学 専任講師
1991年 アレン短期大学 助教授、ザンビア大学アフリカ研究所研究員(1992年1月まで)
1995年 アレン国際短期大学 教授、国立歴史民俗博物館 基幹研究外部研究員
1998年 国立歴史民俗博物館 基幹研究外部研究員、岩泉町民俗資料調査員
2004年 東北文化学園大学総合政策学部 教授
2006年 東北文化研究センター・オープンリサーチ焼畑部会 共同研究員
2008年 総合地球環境学研究所 共同研究員
2015年 東北文化学園大学総合政策学部 学部長
2021年 東北文化学園大学経営法学部 教授(学部学科名称変更)、学部長(~現在)

■所属学会
日本文化人類学会、日本民俗学会、環境社会学会

■担当授業科目
文化人類学、地域文化論、東北の民俗、東北文化論、専門ゼミナールⅠ、Ⅱ(学部)、生活環境文化論、生活環境文化セミナー(大学院)

■研究テーマ
1.大学院時代からの研究フィールドである、北上山地山村安家(あっか)地区において、山村住民が変動する外部社会経済にいかに対応し、地場の環境資源を活用しつつ、社会組織を再編しながら生きてきたのか、それは今日のように環境問題が深刻化し、循環型社会の構築が求められるなか、どのように評価されるべきものなのかについて研究してきた。
この研究の比較対象地として、ザンビアの焼畑農耕民ベンバや、ネパールの山岳地帯に棲む農牧民マガールについても、その生業形態の変容をテーマに現地調査を行ってきた。

2.上記研究の延長線上で、警察犬や災害救助犬などの使役犬を、人口減少が進む農山村の低下していく集落機能を補完し、地域のレジリエンス(復元力)を高め、暮らしの安全・安心に結びつけながら地域の活性化を図れないかについても研究し、2頭の使役犬(ラブラドール・レトリバー)を訓練しながら山野や災害時の行方不明者の捜索に出動している。
 また戦前の軍用犬から今日の愛玩犬のブームまで、日本近代から現代におけるヒトとイヌの関わりの歴史についても研究を進めている。

■著書
2021年『増補改訂版 山棲みの生き方』七月社(単著)
2018年『やま・かわ・うみの知をつなぐ 東北における在来知と環境の現在』東海大学出版部(共著)
2016年『山棲みの生き方』大河書房(単著)
2008年 『視えざる森の暮らし』大河書房(単著)

■論文
2020年「本当の桐は焼畑で育った ―分根法の伝播と功罪―」『総合政策論集・東北文化学園大学総合政策学部紀要』19巻1号
2016年「台風10号 被災した孤立集落で見た自助・共助」『グリーンパワー』森林文化協会
2014年「ストックのある暮らし」『森林環境2014』朝日新聞社
2012年「根付に用いられたイヌの下顎骨」『動物考古学』29号
2011年 「北上山地の牛飼いと柵をめぐる30年」『季刊民族学』136号

■好きな言葉
「虹の橋の向こう側」先に逝った犬たちが、元気に走りまわって遊んでいる場所。

■学生へのメッセージ
イヌたちが、まず楽しく、そして社会の役にも立てるようなヒトとイヌとの関係性の在り方を、私のゼミでいっしょに探ってみませんか。