文字サイズ
学校外観
現代社会学部 現代社会学科

助教 山﨑 真帆

山﨑真帆
YAMAZAKI Maho

担当科目

社会調査法
質的調査法
復興のまちづくり

学歴・学位

一橋大学社会学部 卒業 学士(社会学)
一橋大学大学院社会学研究科地球社会研究専攻修士課程 修了 修士(社会学)

職歴

東北文化学園大学 助教(2021年着任)

研究テーマ

文化人類学的な視点・手法により、災害復興の過程について研究しています。東日本大震災の被災地域で、長期間のフィールドワークを行ってきました。特に「被災地」なのかそうではないのか、「被災者」なのかそうではないのか、どっちつかずの地域・人々(図参照)と「復興」という概念・現象の関係に注目しています。
また近年は、復興とその先の課題との接続にも注目しており、コロナ禍が東日本大震災の被災地にもたらした影響についても調査・研究しています。

所属学会

日本文化人類学会
日本災害復興学会
人間の安全保障学会

主たる論文・著書、学会発表等

山﨑真帆,2021,「グローバル〈災害(ディザスター)〉スタディーズ試論:不可視化された被災者・被災地をめぐって」足羽與志子、ジョナサン・ルイス編著『グローバル・スタディーズの挑戦:クリティカルに、ラディカルに』彩流社.
山﨑真帆,2020,「復興過程における『被災者』の自己認識に関する一考察:仮設住宅居住者と非津波被災者の語りに基づく『被災者』の構造と輪郭の分析から」『日本災害復興学会論文集』(16)
山﨑真帆, 2020, 「住家への津波被害を免れた人々における東日本大震災からの『復興』:津波被災自治体南三陸町における『被災者だけど被災者じゃない』住民の経験から」 『日本災害復興学会論文集』 (第15号(特集号))
山﨑真帆,2019,「災害被災者」特定非営利活動法人「人間の安全保障」フォーラム編・高須幸雄編著『全国データ SDGsと日本:誰も取り残されないための人間の安全保障指標』明石書店.

社会貢献・資格等

特定非営利活動法人「人間の安全保障」フォーラム 事務局長兼理事
2018~2020年度順天中学校・高等学校Global Week(文部科学省スーパーグローバルハイスクール事業)講師
専門社会調査士
防災士

趣味・特技

バドミントン
ドライブ

受験生の皆さんへのメッセージ

 私たちの生きる「社会」は、いったいどのようなものでしょうか。いざ考えてみると、身の回りには確かにあるけれど、わかるようでわからないような、もやもやとした感覚になるのではないでしょうか。現代社会学部では、こうしたもやもやの向こうにある、「社会」の「姿」をとらえる目を養うことができます。現代社会学部で鍛えた目は、皆さんが「社会」に出る際の道しるべとなってくれるでしょう。