文字サイズ
医療福祉学部 看護学科

学習の流れ+実習紹介+私の学びStyle

主な授業科目

看護技術論Ⅰ
看護技術論Ⅰ(専門科目1年)
 「食事の介助・口腔ケア」では自力で食事摂取動作が行えない患者様への食事介助と食後の口腔ケアを行います。
患者様に食事を安全に、美味しく食べていただき、歯磨きで口の中を清潔に保つという基本的な援助を行います。
成人看護方法論
成人看護方法論(専門科目2年)
 成人看護方法論は、「急性期」「回復期」「慢性期」「終末期」の4 つに分けて学んでいきます。
成人期の事例を基に、プレゼンテーションやロールプレイングの手法を用いながら、看護計画および指導方法について実践的に学習します。
母性看護方法論Ⅰ・Ⅱ
母性看護方法論Ⅰ・Ⅱ(専門科目2年)
 母性看護学は3年前期までの授業と後期からの母性看護実習で構成されています。
母性の一生、特に周産期(出産前後)にかかわる看護についての理論、学内での演習、
臨地での実習という順番で学んでいきます。
公衆衛生看護方法論Ⅱ・Ⅲ
公衆衛生看護方法論Ⅱ・Ⅲ(総合科目3年)
 保健師は「地域の住民を看護」すると同時に「地域全体を看護」します。
学生たちが仙台市内の統計的なデータや住民の生活実態・環境特性を把握し、
住民インタビューを通して、地域に潜む健康課題をみつけ解決策を考えます。

臨地実習

臨地実習
臨地実習は2 年次前期から4 年次後期にかけて行います。

2年 基礎看護実習Ⅰ
地域や病院での実習。
病院の実習では看護活動の実際を見学し、患者様とのコミュニケーションから看護のニーズを考えます。

2年 基礎看護実習Ⅱ
 患者様の抱えている問題について計画を立て、看護実践を考えます。

3年~4年 各種領域実習
 成人看護、老年看護、小児看護、母性看護、精神看護、在宅看護、統合看護、公衆衛生看護の
領域実習(各2 ~3 週間)をします。

先輩からのメッセージ

渡邊 大輝 さん[ 2年 ]
渡邊 大輝 さん[ 4年 ]
宮城県/東北高等学校卒業
安心と信頼のある看護師をめざして
 看護師は患者様とそのご家族の方へのケア、また、多職種との連携が求められるので、
誰からも安心して相談され、信頼される看護師を目指しています。

豊富なご経験と専門資格をもつ先生方が多いので楽しく学べ、充実した生活を過ごしています。
学外のボランティア活動も参加しています。

時間割(2年次後期)
時間割
※は選択科目