文字サイズ
医療福祉学部 リハビリテーション学科・作業療法学専攻

学科長メッセージ

 作業療法士は、病気や障害を負った直後の急性期医療から、地域での生活を支援する福祉、身体の障害から精神の障害、子どもから老人までと様々なフィールドで活躍できる数少ない医療専門職の一つです。

 本専攻では解剖学や臨床医学などの医学の基礎を踏まえ、作業療法の知識や技術を実践的に学べるようにゼミナール形式の学習や実技を多く取り入れた学習を行い、多様な現場で役立つ作業療法士を養成するための教育を実践しています。

本多 ふく代 教授
作業療法学専攻
本多 ふく代 教授


平成16年4月本学着任。都立府中リハビリテーション専門学校を卒業し作業療法士免許取得。昭和大学藤が丘病院、東京大学医学部附属病院等に勤務し幅広い臨床を経験。その傍ら、大学、大学院を修了し、現在は博士(心身健康科学)

アドミッションポリシー[ 求める学生像 ]

■入学後の修学に必要な基礎知識を有している
■探求心を持ち、柔軟な判断ができる
■良好な人間関係を形成するための意志の伝達・受容ができる
■作業療法に強い興味関心があり、学ぶ意欲がある
■他者への敬意と思いやりがある
■困難に出会っても、あきらめずに努力できる