文字サイズ
医療福祉学部 リハビリテーション学科・作業療法学専攻

准教授  高木 大輔

Daisuke Takagi

東北文化学園大学 医療福祉学部
リハビリテーション学科 作業療法学専攻

■担当科目
運動制御論、身体運動学実習、生活技術学演習、生活技術学実習、作業療法評価学、作業療法評価学演習、身体障害作業療法学演習Ⅰ・Ⅱ、作業療法ゼミナール

■職種・資格
作業療法士

■学歴
1995. 3
 秋田大学医療技術短期大学部 作業療法学科卒業(作業療法士)
1996. 3
 秋田大学教育学部 科目等履修生 修了
2006. 3
 東北文化学園大学大学院 健康社会システム研究科 修了
 修士(健康福祉)
2008.4~2011.3
 首都大学東京大学院 人間健康科学研究科研究生
2016.3
 博士(作業療法学) 首都大学東京

■職歴
1995. 4. ~ 1997. 3.
 医療法人 久幸会 リハビリテーション部
1997. 4. ~ 2004. 3.
 秋田県厚生連 湖東総合病院 リハビリテーション科
2000. 11. ~ 2004. 3.
 秋田大学医療技術短期大学部 非常勤講師(兼務)
2004.4. ~
 東北文化学園大学  医療福祉学部

■主論文・著書
・髙木大輔,森山早苗,長崎浩:円描画動作における速度-精度トレードオフ関係 
 -若年者と高齢者の比較-.作業療法27:371-379,2008.
・髙木大輔,山田孝,池田正人,大黒一司,他:地域高齢者の運動機能や健康関連QOLに及ぼす
 運動プログラムの影響~健康統制感尺度を用いて~.作業療法31:342-352,2012.
・日常生活活動の分析―身体運動学的アプローチ(藤澤宏幸編). 医歯薬出版. 2012.
・髙木大輔,石井良和,川又寛徳,山田孝:内的健康統制感が高齢者に対する介入プログラムの効果に
 与える影響 ~MOHOプログラムと運動プログラムの比較~.作業行動研究19, 2016.
・髙木大輔,石井良和,川又寛徳,山田孝:作業療法プログラムの違いが高齢者の健康統制感と
 効果指標との関係に与える影響 ランダム化比較試験.作業行動研究18:194-206,2015.

・高齢者・障害者のための福祉用具の実務(共著). 第一法規. 2007

■所属学会・役割
日本作業療法士協会、日本作業行動学会、日本保健科学学会

■研究テーマ
高齢者の健康維持に関わる作業の研究・上肢機能の評価に関わる研究

■趣味・特技
屋外炊飯(学生さんとのバーベキュー、いつも楽しみにしています!)・スキー(ボードもかじってはみましたが…)ー

■在校生へのメッセージ
学生と教員は授業だけの付き合いになりがちですが、それ以外のコミュニケーションの中からもお互い得るものがあると思っています。お気軽に研究室へ雑談をしに来てください。お待ちしています。

■高校生へのメッセージ
大学では医学だけでなく心理学や運動学など、文系、理系を問わず興味のある勉強ができると思います。ひとの生活を手助けしたいという思いを大切にしながら、ぜひ本学にいらしてください。