文字サイズ
医療福祉学部 リハビリテーション学科・作業療法学専攻

教授 津田 丈秀

東北文化学園大学 医療福祉学部
リハビリテーション学科 作業療法学専攻

■担当科目
神経障害系病学、臨床神経学、リハビリテーション医学、
リハビリテーション概論

■職種・資格
日本内科学会認定内科医、日本神経学会認定神経内科専門医、
日本神経学会指導医

■最終学歴・学位
東北大学大学院医学研究科博士課程卒業(医学博士)

■職歴
独立行政法人国立病院機構山形病院研究検査科長

■研究テーマ
神経変性疾患の病因究明と治療の確立

■趣味
スポーツ(テニス、スキーなど)、音楽鑑賞

■在校生へのメッセージ
現在の医療の現場において最も必要とされているのは、医療レベルの向上と患者さんへの質の高い医療の提供と思われます。

それを可能にするには
  1. 診断および治療の質の向上
  2. 医師だけでなく各医療部門(リハビリテーション部、看護部、栄養部など)によるティーム医療の充実
  3. 医療が行われる際の安全性の管理
  4. 患者さんの医療を取り巻く福祉の充実が必要です。
上記の実現には、各部門で活躍するメディカルメンバーひとりひとりの仕事の実力の高さと情熱が必要であり、
また、仕事に対する真摯な姿勢が重要です。

そして、何よりも患者さんひとりひとりに誠実に向き合い、
医療を通して社会に貢献することに“やりがい”を感じるマインドを持つことが重要と考えます。
大学で勉学に励み、体力と精神力を充実させ、
卒後は各職場で“輝けるメディカルメンバー”として活躍することを期待します。


■高校生へのメッセージ

当校では、優秀な教官がそれぞれの分野で活躍しています。
それら教官の基での大学生活は、心身ともに充実し楽しい生活でもあります。

卒後、社会で活躍する基盤を作るためには最も良い環境にある大学の一つと考えます。