ゼミ研究・ゼミ生・担当教員紹介

本多ゼミ 〈作業分析研究〉

障害が精神と身体に与える影響を研究。

 本来は両手で行う作業を、片手で行ったときの負担度について精神的・身体的な側面から実験を通して測定し、考察する研究です。麻痺や外傷で片手しか使うことができなくなった方の精神的・身体的負担を考えます。

全力でのサポートに、
背中を押されています。

 同じ「作業療法士になる」という目標を持つ仲間と研究する日々は、とても充実しています。また常に学生と向き合い、全力でサポートしてくださる先生に背中を押されることで、前進できていることを実感しています。

熱いハートと
クールな頭を持つ

 他者を思いやり、相手の立場に立って感じ、そして考えられる人材を育てたいと思っています。また得られたデータをクールに分析できる…そんな熱いハートとクールな頭をもつ作業療法士になってほしいと思っています。

 

矢萩ゼミ 〈精神障害作業療法研究〉

統合失調症患者に実施される作業活動を調査。

 ゼミ生と一緒に研究テーマを考えて取り組んでいます。今年度は精神障害領域の作業療法における統合失調症患者に実施されている作業活動の種類や目的、作業活動を決める際の優先事項について調査しています。また、患者の病気の回復状況によって、用いられる作業活動の種類や目的に違いがあるのかについても詳しく検討しました。

 

得意分野を伸ばし、
苦手を克服できるよう指導。

 先生は学生の特性を理解して、得意な部分はより伸ばし、苦手な部分も克服できるようゴールまで導いてくださいます。ですからゼミ活動を重ねるほどに、自分がステップアップできていることが実感できます。

幅広い視点と柔軟性を
持った人になってほしい。

 一人ひとりの思いや考えを大切に、一丸となって研究や学習を進めているゼミです。ゼミ生の皆さんには、自分の考えだけに固執せず、いろいろな方の考えにふれて、幅広い視点と柔軟性を持った人になってほしいと思います。

 
輝ける者を育む!東北文化学園大学
〒981-8551 宮城県仙台市青葉区国見6-45-1
TEL 022-233-3310
FAX 022-233-7941