文字サイズ
医療福祉学部 看護学科
医療福祉学部 看護学科

教授 佐々木 明子

氏名

佐々木明子
SASAKI Akiko

職種・資格

看護師
保健師
日本公衆衛生学会認定 公衆衛生専門家

学歴・学位

千葉大学看護学部 卒業
千葉大学大学院看護学研究科 修了

看護学修士
博士(医学)

職歴

松戸市
山形大学
埼玉県立衛生短期大学・埼玉県立大学
東京医科歯科大学

所属学会・役割

日本公衆衛生学会代議員
日本在宅ケア学会査読委員
日本高齢者虐待防止学会代議員
日本地域看護学会会員
日本看護科学学会会員 等

担当科目

公衆衛生看護学概論
公衆衛生看護方法論Ⅰ
公衆衛生看護方法論Ⅱ
公衆衛生看護方法論Ⅲ
公衆衛生看護管理論
保健医療福祉行政論
公衆衛生看護学実習Ⅰ
公衆衛生看護学実習Ⅱ
公衆衛生看護学実習Ⅲ
卒業研究

研究テーマ

研究1.高齢者の介護予防に関する研究
研究2.地域保健看護活動の開発と評価に関する研究
研究3.地域保健看護活動の国際比較に関する研究
研究4.地域保健看護学の教育に関する研究
研究5.高齢者虐待防止に関する研究 等


図 研究1 高齢者の介護予防に関する研究の取り組み

主たる論文・著書

<論文>
・佐々木明子,田沼寮子.スウェーデンにおける認知症ケア.高齢者虐待防止研究.2015.03;11(1);35-41
・Christen Erlingsson, Mitsu Ono, Akiko Sasaki, Britter-Inger Saveman. An International collaborative,Study Comparing Swedish and Japanese nurses'reaction to elder abuse.Journal of Advanced Nursing. 2012; 68(1);56-68.
・佐々木明子. スウェーデンにおける高齢者虐待防止の取り組み.高齢者虐待防止研究.2011;7(1);48-54.
・佐々木明子. フィンランドにおける看護学研究者の育成の現状と課題.看護研究.2012;45(1);39-46.
・佐々木明子,小野ミツ,髙崎絹子,田沼寮子他. 地域の高齢者虐待の予防と早期発見における保健師の役割と対応上の困難.お茶の水看護学雑誌.2009;4(2);8-18.
・田沼寮子,佐々木明子,森田久美子他. 保健師育成のための教育の技術項目と授業・実習修了時の到達度から見た学生の学び. お茶の水看護学雑誌. 2009;4(2);26-33.
・佐々木明子. 在宅高齢者と家族のQOLと自立した生活を支える地域ケア.日本在宅ケア学会誌.2008;12(1);3-9
・森田久美子,佐々木明子,寺岡加代,千葉由美,山崎恭子,大塚陽一,中山京英,大島厚子,斉藤典子.デイサービスに通う高齢者への口腔,摂食・嚥下ケアの介入効果.公衆衛生.2008;72(9);753-759.
・Merja Kuupelomaki,Akiko Sasaki,et al. Coping strategies of family carers for older relatives in Finland. Journal of Clinical Nursing. 2004;13;697-706.
・Merja Kuupelomaki,Akiko Sasaki,Kouko Yamada,Noriko Asakawa, Setsu Shimanouchi. Familiy carers for older relatives:sourse of satisfaction and related factors in Finland. Interantional Journal of Nursing Studies. 2004;41:497-505.

<著書>
・佐々木明子,井原一成編著:新体系 看護学全書 健康支援と社会保障制度② 公衆衛生学 第4版,メヂカルフレンド社,2016
・佐々木明子,照沼正子,森田久美子監修:DVD 地域看護活動とヘルスプロモーシーン,全12巻,丸善出版株式会社,2019
・佐々木明子分担執筆:「在宅ケア学 第1巻 在宅ケア学の基本的考え方」,「在宅ケア学第3巻 在宅ケアにおけるチームアプローチ」日本在宅ケア学会編,ワールドプランニング,2015
・野中 猛監修, 植田俊幸,佐々木明子編著:「看護に必要な精神保健制度ガイド」第3版,中山書店,2013
・佐々木明子分担執筆:「実践から学ぶ高齢者虐待の対応と予防」高崎絹子監修,日本看護協会出版会.2010

趣味・特技

国内外の人々と交流すること。

受験生の皆さんへのメッセージ

 看護学は人々の健康と幸福な生活に寄与できる重要な学問です。現在、私たちは日本のみならず、北欧の看護学の教育者・研究者・実践者と交流を深めています。多くの皆様が看護学を学び,将来、実践・教育・研究の場で活躍していくことを期待します。

連絡先

E-mail:sasaki.phn●ns.tbgu.ac.jp
※●を@に変更してください