文字サイズ
入試情報

総合型選抜 自己アピール入試

「総合型選抜 自己アピール入試」とは

 自己アピール入試は、自分のアイデアを PR したい方に向いています。出願後、プレゼンテーションや面接等を行い、受験生の理解力や学習意欲等を総合的に評価する入試方法です。

評価方法 選考方法は各入試で異なりますが、総合型選抜は、学力の3要素(A知識・技能、B思考力・判断力・表現力、C主体性・多様性・協働性)のうち、B・Cを重要視します。ゼミ(育成入試実施学科のみ)、提出書類(志望理由書・調査書等)、面接、講義理解力試験、プレゼンテーション、通読課題、グループディスカッション等の結果を総合して評価します(学科専攻により選考及び評価方法は異なります)。
 また、プレゼンテーションをする場合は、PC接続のプロジェクター、ポスター等を使用できます。ただし、楽器等の演奏をプレゼンテーションに用いる場合は、予めビデオやDVDに録画したものを提出してください
(詳しくは、本学アドミッションセンター入試・広報課に問い合わせください)。
-     -

募集人員

学部学科専攻募集人員
Ⅰ期Ⅱ期
現代社会学部現代社会学科
2
6
経営法学部経営法学科
8
若干人
工学部知能情報システム学科
2
若干人
建築環境学科
2
若干人
臨床工学科
7
若干人
医療福祉学部リハビリテーション学科理学療法学専攻
3
若干人
リハビリテーション学科作業療法学専攻
5
若干人
リハビリテーション学科言語聴覚学専攻
4
若干人
リハビリテーション学科視覚機能学専攻
3
若干人
看護学科
10
若干人

出願資格

次のどちらかに該当し、合格した場合には入学を確約する者とします。

(1)高等学校または中等教育学校を卒業した者及び2021年3月までに卒業見込みの者
(2)通常の課程による12年の学校教育を修了した者及び2021年3月までに修了見込みの者
(3)高等学校卒業程度認定試験に合格した者(大学入学資格検定に合格した者を含む)及び2021年3月31日(水)までに合格見込みの者
(4)学校教育法施行規則第150条第1号から第5号の規定により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者及び2021年3月31日(水)までにこれに該当する見込みの者

◎次の1または2に該当する方は事前に受験資格審査を行うので、I期/2020年9月9日(水)、II期/2020年11月6日(金)までに本学アドミッションセンター入試・広報課まで問い合わせください。
1 学校教育法施行規則第150条第1号により出願を希望する者(外国において学校教育における12年の課程を修了した者及び2021年3月31日(水)までに修了見込みの者、またはこれに準ずる者で文部科学大臣の指定した者)
2 学校教育法施行規則第150条第6号及び第7号により出願を希望する者

スケジュール

Ⅰ期
期日
出願期間9/15(火)~10/2(金)
試験日10/18(日)
合格発表11/2(月)
入学手続期間11/3(火)~11/11(水)

Ⅱ期

期日
出願期間11/13(金)~11/20(金)
試験日12/5(土)
合格発表12/10(木)
入学手続期間12/11(金)~12/18(金)

選考内容

学部学科専攻選考内容
現代社会学部現代社会学科①プレゼンテーション(注)(10分)
 中学・高等学校を通じて興味を持って熱心に取り組んできた活動
(例:勉強、スポーツ、ボランティア活動)や経験等について自由に発表してもらいます。
②面接試験(10分)
 プレゼンテーションを行った感想、志望理由、自己PR等について述べてもらいます。
経営法学部経営法学科①自己表現のプレゼンテーション(注)(10分)
 自由なテーマで、自己表現のプレゼンテーションを行います。
②面接(10分)
 志望理由やプレゼンテーションの内容等について面接を行います。
工学部知能情報システム学科①自己表現のプレゼンテーション(注)(10分)
 自由なテーマで、自己表現のプレゼンテーションを行います。
②面接(10分)
 志望理由やプレゼンテーションの内容等について面接を行います。
建築環境学科①自己表現のプレゼンテーション(注)(10分)
 自由なテーマで、自己表現のプレゼンテーションを行います。
②面接(15分)
 志望理由やプレゼンテーションの内容等について面接を行います。
臨床工学科面接試験(20分)
 調査書に基づき面接を行います。臨床工学技士に必要な資質について試問を行います。
医療福祉学部リハビリテーション学科
理学療法学専攻
①講義(30分)
②筆記試験(60分)
 講義を受講し、その後講義内容を問う筆記試験を受験します。
③面接試験(10分)
 講義内容や理学療法に関する質問、大学での学びに関する質問、時事等の一般的事項に関する質問を行います。妥当な回答であるか、自分の言葉で明瞭に回答できるかを評価します。
リハビリテーション学科
作業療法学専攻
①プレゼンテーション(注)(発表:10分、質疑応答:10分)
 事前に本学ホームページで提示する課題のレポートをA4用紙1枚程度にまとめ、出願書類と一緒に提出し、試験当日にレポートについてのプレゼンテーションと、それに対する質疑応答を行います。 事前提出レポートはコチラ
②面接試験(10分)
 高校生活や時事等の一般的な質問及び作業療法やリハビリテーションに関する質問をします。自分の言葉で的確に回答できるかを評価します。
リハビリテーション学科
言語聴覚学専攻
①プレゼンテーション(注)(10分)
 言語聴覚士とはどのような職業か、どこで活躍しているか、その魅力は何かについて的確に要約し、自分の将来像や目標または夢について発表してもらいます。
②面接試験(10分)
 志望理由、高校生活、時事等に関する質疑応答を行います。
③文章理解力試験(10分)
 文章の音読、要約、内容に関する質疑応答を行います。
リハビリテーション学科
視覚機能学専攻
①論述試験(30分)
 課題を読んで、自分の意見や感想をまとめる論述試験を行います。
②プレゼンテーション(30分)
 論述試験でまとめた内容についてのプレゼンテーション(10分)、その後、質疑応答(20分)を行います。
看護学科①通読課題 小論文(60分)
 課題を読んで、自分の意見や感想をまとめる小論文試験を行います。
②通読課題 グループディスカッション(30分)
 通読課題の意見・感想についてのグループディスカッションを行います。
-      -           (注)プレゼンテーションをする場合は、PC接続のプロジェクター、ポスター等を使用できます。

試験場

東北文化学園大学(仙台市青葉区国見6 丁目45-1)

出願書類

1)総合型選抜志願書
2)志望理由書
3)調査書
4)受験票・写真票
5)自己PR書(工学部は不要)

・事前提出課題(作業療法学専攻のみ)
・各種検定・資格証明書等写し(任意)
・参考資料(注1)(任意)
・使用機材調査票(理学療法学専攻、看護学科及び臨床工学科は不要)

※(注1)「参考資料」の提出方法について
 自己をアピールする創作(絵画、彫刻、音楽等)、技術工作作品、論文等の作品があれば、コピーや写真を提出してください。
 なお、音楽演奏等はビデオやDVDに録画したものを提出してください。
 また、各種検定・資格取得証明書等の写しは、原則、A4サイズに拡大・
※新型コロナウィルス感染症の影響に伴い、日程等が変わる場合があります。