文字サイズ
医療福祉学部 リハビリテーション学科・理学療法学専攻

ゼミ研究・ゼミ生・担当教員紹介

藤澤ゼミ 〈身体運動学研究〉

エネルギー効率の最適化という視点で運動パターン形成の法則を研究
 身体運動学はヒトの動作や運動の仕組みを研究する学問領域です。例えば歩く時は股関節、膝関節、足関節を協調させて足を振り出しますが、なぜそのような歩き方が選択されているのかは分かっていません。私たちはエネルギー効率の最適化という観点から運動パターンの形成に関する法則性について研究しています。 

藤澤ゼミ

自ら理解を深める学習で 問題解決能力の向上を

 素直な疑問を大切にし、分かったふりをしないことが学習の原動力。「自分で理解しないと落ち着かない」という感覚が育てば自ら理解を深める学習をするようになる。それが問題解決能力の向上につながると確信します。

藤澤 宏幸 教授

手厚いサポートを受け 充実した研究の日々

 1つのテーマに向かってゼミ生と協力し合い、研究する日々はとても充実しています。また、先生方から幅広い知識や考え方を学ぶことができ、さらに手厚いサポートもいただき、安心して学業に取り組んでいます。

[4年]宮城県/宮城県登米高等学校卒業

大内 啓史さん

三木ゼミ 〈地域理学療法学研究〉

地域社会の中で、理学療法士ができる支援を考える。
  地域理学療法は障害のある子どもや成人、高齢者とその家族が住み慣れた場所で生活できるよう介入・支援する領域です。保健・医療・福祉・介護および地域住民を含めた連携も必要で、全世代の方が対象になり、生活する上での課題・支援方法・連携等が研究対象です。学生主体でテーマを見つけ、計画、実施。論文等を作成します。

三木ゼミ

ゼミ活動などに積極的に参加し 自らの基本能力の向上を

 各地域において対象者や地域住民、町内会、連携する専門家の方々と様々な活動や仕事ができる理学療法士になるために、ゼミ活動や予防教室、各種の講座に積極的に参加して、自らの基本能力を高めて欲しいですね。

三木 千栄 准教授

今後の理学療法士としての あり方を現在のゼミで学ぶ

ゼミ活動を通して高齢者の方々などとかかわることで、理学療法士として今後どうあるべきかを学んでいます。疑問点や不明なことは先生の指導を受け、問題を解決し、自分自身のポテンシャルを高めていきたいと考えます。

[4年]岩手県/岩手県立岩屋堂高等学校卒業

佐藤 由佳さん