文字サイズ
医療福祉学部 リハビリテーション学科・理学療法学専攻

鈴木 博人 助教

SUZUKI HIROTO


職種・資格

  • 理学療法士
  • 日本理学療法士協会認定 認定理学療法士(基礎・運動器・学校教育)

学歴・学位

2010.3  東北文化学園大学医療福祉学部リハビリテーション科 卒業
2012.3  東北文化学園大学大学院健康社会システム研究科 修了 修士(健康福祉)
2015.3  東北文化学園大学大学院健康社会システム研究科 修了 博士(健康福祉)

職歴

2010.4〜    東北文化学園大学
2010.9〜2013.3   訪問看護ステーション すぽっと(非常勤)
2013.1〜2016.5   介護老人保健施設 美里・なかぞね(非常勤)
2013.4〜    特別養護老人ホーム 国見苑(非常勤)
2014.4〜    仙台リハビリテーション病院(非常勤)
2016.6〜    独立行政法人国立病院機構 仙台医療センター(非常勤)

所属学会・役割

日本理学療法士協会・会員
日本基礎理学療法学会 分科学会企画部会部員(若手研究推進委員会)
日本理学療法学会 産業理学療法部門・部員
東北理学療法学 査読委員
宮城県理学療法士会 学術局大会部・部長、学術誌部・部員、若手理学療法士活躍推進委員会・委員長
理学療法科学学会・会員

担当科目

・理学療法学概論
・基礎運動学
・身体運動学演習
・運動制御論
・身体運動学実習
・運動動作分析演習
・臨床動作分析演習
・理学療法学総合演習
・アカデミック・スキル演習
・夏季集中セミナー
・基礎セミナーⅢ・Ⅳ
・臨床実習Iセミナー

研究テーマ

・身体運動学
・運動学習理論の理学療法への応用に関する研究
   http://www.tbgu.ac.jp/about/publication/study/kenkyu-suzuki

主たる論文・著書

<主論文>
1) 鈴木博人, 石岡勇樹, 他著: ファンクショナル・リーチを用いた姿勢最適化トレーニング‐言語教示と結果の知識との組合せによる運動学習への効果‐. 理学療法科学 27(1): 21-29, 2012.
2) 鈴木博人, 藤澤宏幸, 他著: ファンクショナル・リーチを用いた姿勢最適化トレーニング-Internal Focus of Attention教示とパフォーマンスの知識との組合せによる運動学習への効果-.理学療法科学 27(3): 249-255, 2012.
3) 鈴木博人, 藤澤宏幸: ファンクショナル・リーチを用いた姿勢最適化トレーニング-2種類の教示を提示する順序が運動学習へ与える影響-. 理学療法科学 28(2): 261-268, 2013.
4) 鈴木博人, 小田ちひろ, 他著: トレッドミル片側ステップ練習の筋活動と呼吸循環応答.東北理学療法学 25: 42-48, 2013.
5) 鈴木博人, 吉木大海, 他著: 股関節内転運動時における大殿筋の筋活動. リハビリテーション科学 10・11(1): 3-7, 2015.
6) 鈴木博人,藤澤宏幸: 潜在学習におけるハンドリングの運動学習効果.リハビリテーション科学 13(1): 13-21, 2017.
7) 鈴木博人,鈴木誠,他著: 学習課題の組織化の観点から捉えた全体法・部分法の運動学習効果の差異.リハビリテーション科学 13(1): 23-32, 2017.
8) 鈴木博人,鈴木誠,他著:トレッドミル歩行における前方牽引時のエネルギーコストについて.東北理学療法学 27: 1-6, 2017.
9) 鈴木博人, 本間秀文, 他著:低速度条件における後方歩行の呼吸循環応答に関する研究-前方歩行との比較- . 理学療法科学35(1):11-14,2020.

<著書>
1) 田上義之, 鈴木博人: 運動学習. 藤澤宏幸 編.日常生活活動の分析-身体運動学的アプローチ-. 医歯薬出版. 2012.

趣味・特技

・カメラ、写真/動画編集、けん玉
・自転車、近所を走る、水に浮かぶ、ソフトテニス

連絡先

E-mail:hiroto-s〇rehab.tbgu.ac.jp (〇を@に置き換えて下さい)
Homepage: https://fujisawa-kinesiology-lab.jimdofree.com