文字サイズ
医療福祉学部 リハビリテーション学科・理学療法学専攻
医療福祉学部 理学療法学専攻

沼田 純希 助手

■氏名(英語)
Numata Atsuki


職種・資格

理学療法士

学歴・学位

神奈川県立保健福祉大学大学院 保健福祉学研究科 博士後期課程 修了 博士(保健福祉学)

職歴

2010.4 公益社団法人地域医療振興協会 横須賀市立市民病院 (2016.3まで)
2016.4 東北文化学園大学(現在に至る)
2016.6 介護老人保健施設 なかぞね(非常勤)(2019.3まで)
2019.4 医療法人社団みやぎ清耀会 緑の里クリニック(非常勤)(現在に至る)

所属学会・役割

・日本理学療法士協会
・宮城県理学療法士会 学術局生涯学習部・副部長
・日本臨床神経生理学会
・日本ニューロリハビリテーション学会
・日本物理療法学会
・理学療法科学学会

担当科目

・脳・神経障害系理学療法演習Ⅱ・Ⅲ
・神経理学療法演習Ⅰ
・理学療法評価技術演習Ⅰ・Ⅱ
・基礎セミナーⅠ・Ⅱ
・日常生活活動演習Ⅰ・Ⅱ
・生理学実習
・解剖学Ⅰ,解剖学実習

研究テーマ

① 下肢のリズム運動制御(パーキンソン病など神経系疾患を含む)
② 血液透析患者に対する運動療法

①の実験を行っている研究室の写真です。様々な実験機器を用いて、ヒトがどのように足でリズムを取るのか、また、その歩行運動との関係性を調べています。歩行のリズムを上手く取れない神経系疾患に対するリハビリテーションへの応用を目指しています。

主たる論文

<論文,学会発表等>
1)沼田純希,黒後裕彦.靴製甲部の固定が地域在住高齢者のバランス能力に与える影響.理学療法科学. 34 (4) : 399-403, 2019.
2)Numata A, Owari N, Kakizaki C, Sugawara K, Terao Y, Ugawa Y, Furubayashi T. Temporal processing between in-phase and antiphase movements during bilateral finger and foot tapping tasks. Clinical Neurophysiology. 130 (2019) e221.
3)Numata A, Owari N, Kakizaki C, Sugawara K, Terao Y, Ugawa Y, Furubayashi T. Temporal processing for in-phase and antiphase movements during synchronized finger and foot tapping tasks. Proceeding: World Confederation for Physical Therapy Congress 2019.
4)沼田純希,菅原憲一,他:両側足関節の反復運動における位相の違いが皮質脊髄路興奮性に与える影響.日本基礎理学療法学雑誌. 20 (2):44-50, 2017.
5)Tatemoto T, Tsuchiya J, Numata A, Osawa R, Yamaguchi T, Tanabe S, ... & Sugawara K. Real-time changes in corticospinal excitability related to motor imagery of a force control task. Behav Brain Res, 335: 185-190, 2017.

<競争的資金等の研究課題>
2019-2021 日本学術振興会 科学研究費助成事業 若手研究
日常生活における足関節の随意運動制御の役割 ~リズム運動機構に着目して~

<research map>
https://researchmap.jp/numata_a

趣味・特技

・読書
・スキー

受験生の皆さんへのメッセージ

理学療法士は、幅広くかつ高度な専門知識を学び多様な分野で働ける、やりがいのある職種です。理学療法士を目指す皆さんの学びをサポートできればと思います。

連絡先

E-mail:numata〇rehab.tbgu.ac.jp (〇を@に置き換えて下さい)