文字サイズ
医療福祉学部 リハビリテーション学科・作業療法学専攻

作業療法学専攻

独自の実践的教育システムで、東北最多の卒業生を輩出!

作業療法学専攻の特色

東北一を誇る卒業生
知識、技術修得に最適な施設環境
充実した専任スタッフ


作業療法士は「心」と「体」の両方の障害にかかわる唯一の医療専門職。活躍の舞台は医療現場から福祉施設まで幅広く、年々ニーズが高まっています。本学は独自の学習プログラムや設備、充実した専任教員などを生かし、即戦力の作業療法士を長年にわたり輩出しています。
 どんなお仕事? 
作業療法学では日常生活のすべての活動を「作業」と言います。
<作業療法学の作業とは>

日常生活活動
仕事・生産活動
遊び・余暇活動
社会的活動

「心」や「体」の障害によって、これらの活動に制約がある方に対し、治療・指導・援助を行う仕事です。

その結果、不自由を感じていた人々の健康や幸福の促進、社会参加などを促します。たとえば、働くことを諦めていた方に、機能改善によって働く喜びを味わってもらうなど、一人ひとりの「生き方」をサポートする仕事と言えます。
どこで働くの?
 どこで働くの? 

生活に障害を持つすべての人から必要とされる領域のため、医療から保健、福祉、教育、職業領域まで幅広い分野が活躍の舞台です。現状9割が病院ですが、今後はより幅広い領域からの求人が予想されます。

 想定される進路 
大学病院 総合病院 一般病院・クリニック 介護老人保健施設 
特別養護老人ホーム デイケアサービスセンター 訪問介護ステーション 特別支援学校 大学院進学 など
目標とする資格
 目標とする資格  

・作業療法士(国家試験受験資格取得)

作業療法士になるには国家資格が必要です。本学では徹底した国家試験対策と専任教員配置、施設環境の充実などを通じて、国家資格取得を強力に応援しています。

国家資格取得者の就職率は
100%


どんなことを学ぶの?
 どんなことを学ぶの? 

一般教養に加え、基礎医学、対象者の状態を知る方法や、作業療法の基礎知識など、臨床実習を含めて幅広く学びます。「心」「体」「子供」「高齢者」など、幅広い知識と技術が、将来の選択肢を大きく広げます。

・基礎科目(一般科目、人文科目、社会科学、自然科学など)
・基礎医学(臨床医学の基礎知識、人体の構造と機能、リハビリテーションと医学など)
・対象者の状態を知るための方法(作業療法評価学、作業療法評価学実習など)
・各領域における作業療法の基礎知識(身体障害作業療法領域、精神障害作業領域、発達障害作業療法領域など)
・臨床実習(Ⅰ~Ⅲ)


基礎作業療法学実習

生活技術学実習

障害代償学実習

臨床実習



OB VOICE

気仙沼市立病院 (2003年度 医療福祉学部 リハビリテーション学科 作業療法学専攻卒業 小野寺 祥子さん)

チームワークが基本のリハビリテーションに
学生時代のグループワークなどが役立つ


回復期リハビリテーション病棟で自宅退院を目指す患者さんのサポートに携わり、患者さんやご家族の笑顔や感謝の言葉にやりがいを感じています。

リハビリテーションの基本はチームワークです。大学時代は、グループワークや学園祭などの行事でもチームワークが必要な場面がたくさんありました。その経験が現在の仕事に生きています。

講義、レポート作成、実習と、学生時代はとても忙しい日々でしたが、たくさんの友人や思い出も想像以上にできました。今でも時々、戻りたいと思うくらい充実した4年間を過ごせたと実感しています。

作業療法学専攻紹介

本専攻をオススメする3つのポイント

作業療法学専攻に関するお知らせ

  • すべて
  • 理学療法学専攻
  • 作業療法学専攻
  • 言語聴覚学専攻
  • 視覚機能学専攻
  • 看護学科
  • 保健福祉学科
  • 総合政策学科
  • 知能情報システム学科
  • 建築環境学科
  • 臨床工学科
  • 大学院