学習の流れ+実習紹介+私の学びStyle

カリキュラム

必修科目 選択科目

  1年次 2年次 3年次 4年次
一般教養と基礎科目を中心に学び、作業療法の基礎を修得します。 専門基礎科目、専門科目を中心に学び、作業療法の知識・技術を修得します。 専門科目を通し、より深い知識を学び、臨床実習を通した実地能力を修得します。 4年間の集大成として、長期の臨床実習、研究活動を実施します。
基礎科目 英語Ⅰ
基礎運動学
統計・解析
生命倫理学
中国語
韓国語
健康科学
スポーツ実技
情報処理
現代史
文化人類学
心理学
哲学
法学概論
政治学
経済学概論
コミュニケーション論Ⅰ
数学
基礎物理学
基礎化学
基礎生物学
地球科学
地域文化論
現代国語表現
社会学
憲法
英語Ⅱ   情報科学
TBGU プロジェクトⅠ(輝けるもの)
TBGU プロジェクトⅡ(地域活動・ボランティア)
TBGU プロジェクトⅢ(人間形成)
TBGU プロジェクトⅠ(輝けるもの)
TBGU プロジェクトⅡ(地域活動・ボランティア)
TBGU プロジェクトⅢ(人間形成)
TBGU プロジェクトⅠ(輝けるもの)
TBGU プロジェクトⅡ(地域活動・ボランティア)
TBGU プロジェクトⅢ(人間形成)
TBGU プロジェクトⅠ(輝けるもの)
TBGU プロジェクトⅡ(地域活動・ボランティア)
TBGU プロジェクトⅢ(人間形成)
専門基礎科目 解剖学演習
解剖学Ⅰ・Ⅱ
身体運動学演習
生理学Ⅰ
臨床医学総論
リハビリテーション概論
救命救急学演習
運動制御論
身体運動学実習
人間生涯発達学
生理学Ⅱ/生理学実習
内部障害系病学
神経障害系病学Ⅰ・Ⅱ
骨関節障害系病学
精神障害系病学Ⅰ・Ⅱ
発達障害系病学
老年期病学/臨床心理学
リハビリテーション医学
看護・保健学概論
社会福祉概論
栄養学概論
医療経済論
臨床医学情報演習
保健医療福祉提携論
リハビリテーション心理
公衆衛生学
 
専門科目 作業療法概論
基礎作業療法学実習Ⅰ・Ⅱ
基礎作業療法学
作業療法評価学
作業療法評価学演習
基礎ゼミナールⅠ・Ⅱ
臨床体験Ⅰ・Ⅱ
作業療法評価学実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
作業療法実践論
身体障害作業療法学
身体障害作業療法学演習Ⅰ
発達障害作業療法学
精神障害作業療法学
生活技術学演習
生活技術学実習
臨床実習Ⅰ
作業療法ゼミナール
作業療法隣接領域論
作業分析学
作業分析学演習
作業療法実践論演習
身体障害作業療法学演習Ⅱ
発達障害作業療法学演習
精神障害作業療法学演習
認知障害作業療法学
老年期障害作業療法学
障害代償学
障害代償学実習
作業療法介入技術演習
地域作業療法学Ⅰ・Ⅱ
臨床実習Ⅱ
作業療法研究法
作業療法関連法規
臨床実習Ⅲ
作業療法特別演習
作業療法地域実践特論
作業療法研究持論

主な授業科目

基礎作業療法学実習Ⅰ・Ⅱ

 治療として実際に用いられている作業活動のうち、代表的な活動についての基本技術や道具の管理などを学びます。エコクラフトや革細工、陶芸など様々な作業活動を実際に経験することで、対象者の立場を考えながら作業活動のプロセスや意義、特性を学んでいきます。

生活技術学実習

 からだに障害があっても日常生活をできるだけ自力で行うにはどのような方法があるのかを考えます。授業ではさまざまな疾患による日常生活への影響について理解を深め、解剖学や運動学などの知識も使いながら、効率のよい動作の指導や生活環境の設定方法などについて実習形式で学びます。

障害代償学実習

 義肢装具、福祉用具、住環境整備の知識と活用の技術を学びます。義肢装具では義手の適合判定や切断者が義手を装着し使用するための操作方法について実習します。また手の麻痺や変形に対する裝具を作製します。障害があってもできるだけ自立した生活ができるような住宅改修や適切な福祉用具の選択と活用について実技を通して学びます。

作業療法評価学実習Ⅲ

 作業療法評価学実習Ⅲでは、障害者の就労支援およびそれに向けた評価と発達障害領域の評価について学びます。検査法を実際に行うなど実習に多くの時間を費やします。赤ちゃんに直接触れたことのない学生が多数なので、赤ちゃん人形を使って抱っこの仕方やおむつの替え方などの基本的なことを体験したうえで、検査の技法を学びます。

学外実習

臨床実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

 臨床実習は、作業療法士として必要とされる様々な領域で行います。作業療法士の働く、様々なリハビリテーションに関連する病院や施設に実習に行くことにより作業療法士になるために必要な幅広い知識と技術を身につけます。本専攻では臨床実習前に実習に向けての準備を教員と一緒に行い、スムーズに臨床実習に臨めるような取り組みも行っています。実習では社会人の一人として行動し責任を負うということが要求され、その経験が学生を社会人へと育てていきます。苦労をしながら実習を乗り越えて帰ってきた学生の顔には、経験を積んで目標を達成したことへの充足感と、実習に行く前に比べて人間として一回り成長した姿が見て取れます。


臨床実習後の症例報告の様子

私の学びStyle

遠藤 有紀 さん [ 2年 ]
宮城県╱宮城学院高等学校卒業

笑顔を引き出せる作業療法士を目指しています。

 心や身体に障害がある方にリハビリを行い、日常生活や社会生活への復帰ができるようにするための作業療法を学んでいます。先生方は、私たち一人ひとりに丁寧に指導をしてくださるので、わからないところをそのままにすることなく、理解を深めることができています。

時間割(2年次後期)

ある1日のスケジュール

 試験前に図書館で友だちと勉強するなどして、時間を有効に使っています。将来はお子さんや親御さんの笑顔を引き出せるような作業療法士になりたいです。

輝ける者を育む!東北文化学園大学
〒981-8551 宮城県仙台市青葉区国見6-45-1
TEL 022-233-3310
FAX 022-233-7941