文字サイズ
医療福祉学部 リハビリテーション学科・理学療法学専攻

授業紹介

身体運動学実習

 

ヒトの運動・動作に関する身体運動学的メカニズムについて,筋電図,歩行などの実習形式で計測したデータを基に結果を考察し,身体運動の原理について理解することを目的とします.

生理学実習

生理学Ⅰ・Ⅱで学んだヒトの生理現象を実験実習という形で観察し、生理学の知識を深めることを目的とします。

加えて、実験実習により得られた情報をどのように処理し考えるかを学び、科学的な目を養います。

理学療法評価技術演習Ⅰ~Ⅲ

 

理学療法士が行う各種の検査・測定・試験等を確実に実施できるようになることを目標とします。

理学療法学基礎演習

 

障害レベルに応じた理学療法評価と基本的介入の視点について演習を通して学びます。

主に理学療法評価、運動療法、物理療法、日常生活活動と生活環境への介入、義肢・装具等について体験・実習を行います。

理学療法基礎治療学演習

 

機能障害の理解から具体的な運動療法の実践に至る、一連の基礎的な理学療法を演習形式で行います。

関節可動域制限や筋力低下といった様々な機能障害とそれに対する運動療法について、
課題を通じて学生同士で議論しながら理解を深めます。

脳・神経障害系理学療法演習Ⅰ~Ⅳ

 

脳の構造理解やCT・MRIなどの画像診断を通し、多様な脳血管障害の病態を理解します。

加えて、脳卒中片麻痺の評価を、講義・演習を通して学ぶことにより、臨床における姿勢観察の基本、姿勢制御の特徴および原因について分析できることを目標とします。

演習Ⅱ・Ⅲでは、脳卒中片麻痺やパーキンソン病などの各種疾患の評価から治療実施までの理学療法を学びます。

演習Ⅳでは、神経筋疾患や高次脳機能障害に対する知識・技術を学ぶとともに、評価から治療プログラム立案までの一連の理学療法について習得します。

筋・骨格障害系理学療法学演習Ⅰ~Ⅲ

 

筋・骨格系障害を呈する各種疾患の特性に応じた理学療法評価と介入法について、講義と実習を通して学習します。

演習Ⅲでは、講義を通して習得した知識を基に、実際の患者様を想定したケーススタディを実施します。

発達障害系理学療法学演習Ⅰ・Ⅱ

乳幼児の正常発達を学び、脳性麻痺や進行性筋ジストロフィーなど小児領域の疾患に対する理学療法を、講義及び実習を通して学習します。

内部障害系理学療法学演習Ⅰ~Ⅲ



循環器疾患・代謝疾患・呼吸器疾患にかかわる基本的な解剖・生理学、病態生理を学び、各種疾患に対する理学療法の評価・治療について、講義と演習課題を通して学びます。

超高齢社会に伴う、各種内部疾患を合併した対象者に対応できる能力を養うことを目標とします。

義肢装具学実習



2年次の義肢装具学で学んだ義肢と装具の基本構造と機能についての知識を基に、実習を通して各種機具の適合判定や処方を学びます。

実習では、義肢装具士の方の指導の元、実際に下肢装具を作成したり、特別講義として実際に大腿・下腿切断で義足を使用している方をお招きしご講演頂くことで、臨床での義肢・装具に対する理学療法士としての視点や関わりを学びます。

物理療法学実習

 

物理療法とは、温熱、寒冷、電気、光線、牽引などの物理的手段を用いて治療するものです。

物理療法学実習では、講義で学んだ知識を基に、学生全員が自ら体験し、その結果を科学的に考察することを実践します。

日常生活活動演習Ⅰ・Ⅱ

 

日常生活活動にかかわる評価法やリハビリテーション支援機器を用いた介入技術などを講義・実習を通して学びます。

実習では、杖や車いすといった移動補助具、自助具や環境制御装置など日常生活活動に関わる機器を実際に用いて、具体的な活用方法を学びます。

さらに保健福祉学科の教員の指導の元、医療・介護分野で従事する職種として、介助用おむつの使用方法や排せつ介助についても学びます。

基礎セミナーⅠ~Ⅳ

 

本科目ではアカデミックスキル(学習方法に関する講義、ディベートなど)を教授します。

ピアエデュケーションにて1年生は理学療法技術の基礎(体表解剖・介助技術)を2年生から教わり、2年生は1年生へ教えることで理学療法技術の基礎を自ら学びます。