文字サイズ
学科専攻NEWS

新着情報

【理学療法学専攻】授業紹介/日常生活活動演習Ⅰ

理学療法学専攻
日常生活活動演習は対象となる方々の生活を援助していくための授業です.
日常生活活動演習の実習風景を紹介します.

1.自助具と環境制御装置の体験実習

食事場面の自助具の説明を行っています.
自助具は,障がい者や高齢者で生活が難しくなった方々が,自立して動作を行えるようにする道具です.
教員からスプーンの柄などの形状について説明を受けています.
 


食事のための道具だけでなく,字を書くための自助具などを体験学習しています.


環境制御装置の説明を受けて勉強しています.重度な障害の方でも自立して生活できるようにする機器です.残存している機能を使って,スイッチ一つで,ベッドや照明,電話,テレビ,エアコン,パソコン等を動かします.
 

スイッチ一つで,機器を動かす実習をしています.最近では,タブレット端末にも同様の機能が搭載されており,体験学習を行っています.
 


2.排泄(トイレ)介助実習

排泄は生活の中でも重要で,オムツを装着している方々も対象となります.紙オムツに水を含ませて,どんな感触か,重さはどうかを体験しています.
 

ベッドでの起き上がりから,トイレへの移動まで,一連の動作を介助する方法を説明しています.この後,学生も今までに学んだ知識・技術を組み合わせながら実習を行っていました.
 

3.入浴介助実習

浴室では多くの学生が入室して実習できないので評価学実習室で,簡易な浴槽を作成し,浴室のどこに段差があり,それを体験し,その対応を学生とともに考え,実習しました.
 


教員の指導を受けながら学生は頑張っています.



科目担当:三木千栄 村上賢一