文字サイズ
医療福祉学部 リハビリテーション学科・理学療法学専攻

平山 和哉 助手

HIRAYAMA KAZUYA


職種・資格

・理学療法士

学歴・学位

2007.3 金沢大学医学部保健学科理学療法学専攻 卒業
2016.3 弘前大学大学院保健学研究科博士前期課程 修了 修士(保健学)
2019.3 弘前大学大学院保健学研究科博士後期課程 修了 博士(保健学)

職歴

2007.4~2010.3 医療法人なかざわ整形外科
2010.4~2014.3 医療法人アレックス 上田整形外科クリニック
2014.4~2019.3 医療法人明洋会 近江整形外科
2019.4~ 東北文化学園大学 医療福祉学部 リハビリテーション学科

所属学会・役割

・日本運動器理学療法学会
・東北理学療法学 査読委員
・日本スポーツ理学療法学会
・日本予防理学療法学会
・日本臨床スポーツ医学会
・日本整形外科スポーツ医学会
・理学療法科学学会
・日本整形内科学研究会 北海道東北ブロック運営委員
・日本理学療法士学会理学療法ガイドライン(股関節疾患) システマティックレビュー班 副班長
・日本理学療法士学会 EBPT用語集作成


担当科目

・義肢装具学実習
・骨関節障害系病学
・日常生活活動演習Ⅰ・Ⅱ
・筋骨格系理学療法演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
・解剖学Ⅱ
・理学療法学特論(運動器班)


研究テーマ

・運動器障害の評価と理学療法
・運動器理学療法に関する臨床予測ルール
・超音波エコーを応用した運動器障害の評価と治療

主たる論文

<論文>
1)平山和哉,秋山純也,他:足底挿板が効果的であった鼠径部痛症候群の一症例.理学療法研究・長野 40:116-118,2012.
2)平山和哉,秋山純也,他:外来腰痛患者におけるODIスコアの傾向について.理学療法研究・長野 41:102-104,2013.
3)平山和哉,有原裕貴,他:整形外科診療所受診患者に対しBarthel Indexは有用か‐天井効果に関する実態調査‐.理学療法研究 33:11-16,2016.
4)平山和哉,有原裕貴,他:腰椎牽引療法の効果を実感する患者の特徴.東北理学療法学 28:31-36,2016.
5)平山和哉,対馬栄輝,他:腰椎牽引療法の臨床予測ルールの外的妥当性検証.理学療法研究 34:20-24,2017.
6)平山和哉,対馬栄輝:評価の正確性の指標について.理学療法研究 34:3-8,2017.
7)平山和哉,対馬栄輝,他:腰椎椎間板ヘルニア患者の恐怖回避思考とADL・理学所見との関連.東北理学療法学 29:91-96,2017.
8)Asai H,Hirayama K,et al.:Perception of leaning backward while standing and patellar movement.J Phys Ther Sci 29:1670-1674,2017.
9)Hirayama K, Tsushima E, et al.:Developing a clinical prediction rule to identify patients with lumbar disc herniation who demonstrate short-term improvement with mechanical lumbar traction.Physical Therapy Research.(in press)

<賞与>
・2017.4 青森県理学療法士会 学術活動奨励賞 
・2017.11 第34回東北理学療法学術大会 学会最優秀賞 

趣味・特技

・スポーツ観戦(ラグビー・野球など)
・音楽鑑賞

連絡先

E-mail:k.hirayama〇rehab.tbgu.ac.jp (〇を@に置き換えて下さい)