文字サイズ
学科専攻NEWS

新着情報

【作業療法学専攻】対面授業が始まりました!

作業療法学専攻
6月1日(月)から重要な演習・実習・実験を伴う対面授業が、段階的に始まりました。
感染予防で三密を避けるため、登校開始日は、学年や学科専攻で異なります。
本専攻では、1年生がトップを切って始まりました。1年生は、入学式の翌日から入校制限となり、大学構内での授業は、これが初めての授業となりました。
登校に際しては日常的健康管理(健康管理シートの記録)、マスク着用、手洗い、手指の消毒を徹底するように指導され、この日のために、検温や健康管理に努めていました。
授業は、解剖学と解剖学実習でした。標本など3次元で骨を見るのは初めてで、担当教員の指導の下、スケッチや名称の確認など、必死に取り組みました。
これまで、遠隔授業のアカデミックスキル演習というゼミナール科目で画面上で会ったことのある仲間も対面ははじめてでしたが、協力し合いながら取り組んでいました。