文字サイズ
医療福祉学部 リハビリテーション学科・言語聴覚学専攻

言語聴覚学専攻

徹底した少人数教育と充実の設備で学ぶ、東北初の言語聴覚士大学養成校

言語聴覚学専攻の特色

スモールグループによるきめ細やかな指導体制
充実した教育環境 豊富な機材と学内設置のクリニック
東北初の設置 卒業生の多くは東北・関東の施設に就職


言語聴覚士は「話す」「聞く」「食べる」に関するリハビリテーションのスペシャリストです。4年制大学での言語聴覚士養成課程は本学が東北初。少人数での指導や充実した機材、さらに学内クリニックを設置するなど、恵まれた教育環境が魅力です。

どんなお仕事?

言語聴覚士は、コミュニケーションに欠かせない「聞く」「話す」機能や、生きるために欠かせない「飲み込む」機能に障害がある方々に対して専門的な検査を行い、訓練、指導、環境調整を行う専門職です。高度な専門知識・技術を用いて、生まれつき障害を持っている方や、病気、事故、加齢などで不自由を感じている方の生活の質が高くなるように支援する仕事です。

<対象とする障害>


どこで働くの?

どこで働くの?
医療機関を中心として教育機関や福祉機関など様々な領域で活躍しています。


 想定される進路 
病院(リハビリテーション科、耳鼻咽喉科、小児科、形成外科、口腔外科) 
障害 者福祉センター 
小児教育センター 
通園施設 
介護老人保健施設 
特別支援学校 
医療機器関連企業など

目標とする資格

目標とする資格
・言語聴覚士(国家試験受験資格取得)
言語聴覚士は国家資格です。本学では少人数指導や充実の設備・機器、学内クリニックの活用などを通じて、国家資格取得を強力に応援しています。

どんなことを学ぶの?

どんなことを学ぶの?
人と接する仕事に必要な基礎知識から、基礎的な医学知識、専門的な言語聴覚療法まで、4年間をかけてしっかりと学びます。


聴覚障害学演習
摂食嚥下障害演習
摂食嚥下障害演習
言語発達障害学演習
言語発達障害学演習

高次脳機能障害学演習



言語聴覚学専攻を動画で紹介

本専攻をオススメする3つのポイント

言語聴覚学専攻に関するお知らせ

  • すべて
  • 理学療法学専攻
  • 作業療法学専攻
  • 言語聴覚学専攻
  • 視覚機能学専攻
  • 看護学科
  • 保健福祉学科
  • 総合政策学科
  • 知能情報システム学科
  • 建築環境学科
  • 臨床工学科
  • 大学院