文字サイズ
学科専攻NEWS

新着情報

【作業療法学専攻】授業風景(作業療法実践論演習)

作業療法学専攻
「この対象者に必要な評価はなんでしょうか?」
「どうして必要だと思いますか?」
「チャットで答えてみましょう」

作業療法実践論演習では一人の対象者の医学的情報や評価結果から、対象者を理解したり、治療計画を立てたり、一連の作業療法の流れを学びます。
新型コロナウイルス感染症の影響から、現在、すべての科目の授業を遠隔(映像やチャットなど)で実施しています。
今年はこのように、チャットや学生全員で一つのドキュメントに書き込んで症例をまとめています。





例年、なかなか意見が出ないこともありましたが、対面授業の時とは異なりチャットなどではどんどん意見が出てくるなど、利点もありました。
授業は6月からは状況をみながら、実習科目を中心に少しずつ学内で行う予定となっています。